花祭壇の種類や価格について
葬儀の準備

作成日:2014年05月14日  更新日:2021年07月06日

花祭壇の種類や価格について

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

by:TANAKA Juuyoh

お花が好きな方や、華々しさのある葬儀にしたいという方は、様々な種類の花とデザインを組み合わせた花祭壇によって、葬儀を素敵に彩ることができます。

小さなお葬式LINE公式アカウント

【もくじ】
花祭壇の定番のお花は菊・ラン・ユリ・カーネーション
花祭壇の価格相場は
故人らしさを表現できる花祭壇

花祭壇の定番のお花は菊・ラン・ユリ・カーネーション

花祭壇で使用されるお花の種類は、定番の菊の花をはじめ、ランやユリ、カーネーションなどが主なものです。亡くなった方が好きだった花を選ぶこともできます。

ひとつだけ注意点として、とげのある花はあまり良いとされないため、バラを使用するのであれば、とげをとって使用されます。また、具体的なお花の種類を指定しなくても、色味で指定するのもよいでしょう。

女性であれば、ピンクや黄色系の色のものを、男性であれば青色を選ばれる方が多いようです。

花祭壇の価格相場は

花祭壇の価格は、お花の種類のほか、祭壇の大きさやデザイン性の高さで決まります。祭壇の大きさは、「段数」と「横幅」の長さで表わされることが多く、一般的な葬儀の規模であれば、段数は1~2段、横幅は1.5~3.5m程度(下段)のサイズとなります。

価格相場については、上記のサイズにあてはまる祭壇であれば、安いもので20万円程度から。お花をふんだんに使用した華々しさのあるものであれば80万円程度を見ておくとよいでしょう。

花祭壇の見た目が一緒でも価格が異なることも

生花は季節や状況によって流通量が異なるため、価格が変わることがあります。同じ内容の花祭壇でも、パンフレット通りの内容・値段にならないことがあるので、心配でしたら事前に確認しておきましょう。

その他、生花ではなく造花を使用している場合や、プリザーブドフラワーと呼ばれる数年持つような加工がなされた花が使用されることも増えてきました。この場合、お花部分の費用が大きく変わってくるので、希望がある場合は比較する際に確認しましょう。

あわせて読みたい 最適な祭壇を選ぶために知る、費用内訳と規模に合った選び方について解説 葬儀費用はそれなりにかかるものですが、そのなかでも祭壇費用はその大部分を占めています。しかし、祭壇費用とは言うものの、実際にどのような内訳で… 続きを見る

故人らしさを表現できる花祭壇

花祭壇のイメージをつかめましたでしょうか。お通夜から出棺までの間、最後の舞台として過ごす花祭壇は大切で素敵な存在です。事前に費用感やデザインを把握し、希望の花祭壇に出会えると良いですね。

葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

小さなお葬式LINE公式アカウント
4/5
評価数(3)

最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事