家族だけで四十九日法要を行う際の特徴は?流れや服装を解説
法事・法要

作成日:2019年12月25日  更新日:2021年07月06日

家族だけで四十九日法要を行う際の特徴は?流れや服装を解説

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

葬儀の形が多様化している中、一般葬ではなく家族葬をおこなうケースも最近では増えてきました。家族葬の際に気になるのが、四十九日法要(別名:七七日忌)を行うときのマナーや流れです。

「親族を呼ばずに、同居している家族だけで四十九日法要を行っていいのか」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、そんな家族だけの四十九日法要について、日程の決め方や当日の流れを分かりやすくご紹介します。

小さなお葬式LINE公式アカウント

【もくじ】
家族だけで行う四十九日法要とは?
親族を呼ばずに同居している家族だけで四十九日法要はあり?
四十九日法要の日程の決め方
四十九日法要を行う際の流れ
四十九日法要にかかる費用の目安
四十九日法要の際の香典
まとめ

家族だけで行う四十九日法要とは?

葬儀の形は時代が変化していくにつれて多様化してきていますが、家族葬と一般葬で、四十九日法要には違いが出るのでしょうか。

そもそも仏教では、故人が極楽浄土に行けるか否かの判断がなされる日は「49日」と言われています。四十九日法要を「故人が極楽にいけるように祈念するための法要」と考えると、葬儀の形が家族葬であっても一般葬であっても、法要の形に違いはないことが分かります。

親族を呼ばずに同居している家族だけで四十九日法要はあり?

四十九日法要は、親族を呼ばずに同居している家族だけで行ってもよいのでしょうか。家族だけの法要を考えている方は、その点で悩んでしまうかもしれません。

ですが、現在は同居している家族数人や近親者のみでの四十九日法要も多くなってきています。そのため、家族だけで行っても非常識にはなりません

ただし、四十九日法要は、追善法要の中でも重要な法要とされています。家族だけで行うとしても、親戚や故人と親しかった方には前もって話を通しておくとよいでしょう。

また、四十九日法要の服装は、施主や遺族は正式な喪服を着ることが一般的で、参列者よりも軽装にならないように注意する必要があります。

四十九日法要の日程の決め方

次に、具体的な日程の決め方についても知っておきましょう。四十九日法要の日程の決め方ですが、具体的な日取りは菩提寺や近親者と相談しながら決めるのがよいでしょう。四十九日法要は、名前のとおり故人の亡くなった日を入れて49日目の法要です。ちょうど49日目に法要ができればよいのですが、参列する方々の都合を考えると、49日目の前の休日に行うケースが一般的です。

ただし、日程を繰り上げるのは問題ありませんが、49日よりも後にずらすのは魂が迷ってしまい良くないとされているので、注意が必要です。

あわせて読みたい 四十九日の計算方法は?法要を行う日程の決め方について詳しく解説 葬儀の次に重要とされている四十九日の法要。皆さんは四十九日の正しい数え方や計算方法を知っているでしょうか。四十九日には避けた方がいい日や守るべきルールが… 続きを見る

四十九日法要を行う際の流れ

四十九日法要が具体的にどのように進んでいくのか、よく分からない方もいるのではないでしょうか。ここでは、故人にとっても家族にとっても大切な日となる「四十九日法要」の流れについて解説していきます。四十九日法要は、開式から閉式までの間に「読経と焼香」や「会食」など、いくつかの項目があります。

1.開式

四十九日法要を始める際には、開式が必要になります。法要会場に僧侶が到着するので、施主が挨拶をして開式をしましょう。開式の挨拶について特に決まりはありませんが、参列者への感謝の意を込めた挨拶を心がけるとよいでしょう。

例えば、「本日は、お忙しいなかにもかかわらずお集まりいただき、誠にありがとうございます」と始め、そのまま開式する旨を伝えます。挨拶のあと、僧侶を仏壇の前にお招きします。

2.読経と焼香

開式のあとは、僧侶が読経を始めます。そのまま焼香へと移りますが、はじめに焼香をするのは施主です。施主が焼香を終えると、次いで親族・参列者が焼香をします。焼香の方法は、真言宗や浄土真宗など、宗派によって若干変わります。

焼香の方法に悩む場合もありますが、焼香のときに大切なことは「故人を想うこと」です。故人と宗派が違った場合であっても、ご自身の宗派に合わせれば問題はないとされています。

あわせて読みたい 【動画で解説】もう迷わない焼香のやり方・マナー 葬儀の際に行う「焼香」は、普段実践する機会が少ないもののひとつでもあります。周囲の人に教わることもないため、正しい方法が分からず不安に感じることもあるのでは… 続きを見る

3.僧侶の法話

読経と焼香が終わったあとは、僧侶の法話へとうつります。僧侶による法話を傾聴しましょう。「法話」とは、仏法の教義を説くことをいいます。「法話」ではなく「説教」ともいわれています。僧侶の法話は人によって変わり、経験談から話すこともあれば、小説など架空の物語から引用して話すこともあります。

法話と聞くと堅苦しいイメージを持つ方もいるかもしれません。しかし、聞き手が興味を示してくれるように工夫をして話しをするケースも多くあるので、安心して聞くとよいでしょう。

4.会食

僧侶の法話の次は、会食へと移ります。法話のあと僧侶が会食に参加する場合もありますが、最近ではそういったケースは少なくなっています。僧侶が法話のあとに退場する場合は、法要の御礼を申しあげてから、お布施をお渡ししましょう。

また会食についてですが、必ず準備をしておくという決まりはありません。会食のない場合は、参列者にお酒やお弁当などを持ち帰ってもらいます。会食の有無よりも、参列していただいた方に感謝の気持ちを伝えることが大切です。

あわせて読みたい 四十九日法要での食事会を行うときのポイントについて詳しく解説 四十九日法要の食事会には「故人を思い出しながら食事をすることで供養をする」という意味が込められています。遺族は早い段階から準備を進めますが、実際に… 続きを見る

5.閉式

会食が終わり、返礼品などをお渡ししたあとは、閉式になります。最後の挨拶では、法要のお礼や故人との思い出を伝えるようにしましょう。

施主が挨拶をして、一連の流れは終了となります。四十九日法要では、当日以外にも会場の設定や僧侶への連絡など、いくつかの準備を事前に終わらせておかなければいけません。あらかじめ流れを把握しておいて、早めの準備を心がけておきましょう。

四十九日法要にかかる費用の目安

四十九日法要の日程や流れを確認したあとは、かかる費用の目安も把握しておきましょう。会場の利用費用や会食費など、四十九日法要を行うにはいくらかの予算が必要になります。直前になって慌てないように、今のうちに必要な費用を確認しておくことが大切です。

会場の利用費用

はじめに考えておきたい費用が「会場の利用費用」です。会場の利用費用の相場は5万円前後といわれていますが、実際にかかる費用は「会場の広さ」によって変わります。

招待する方が多ければ多いほど広い会場が必要になるので、必然的に会場費用も高くなってしまうのです。招待する方が少なければ、会場も広くある必要はないので、会場費用は少なく済みます。

会場によって値段は大きく変わるので、招待する方の人数を考えながら会場を選ぶとよいでしょう。

お布施・お車代

四十九日法要で大きな割合を占める費用が「お布施・お車代」です。お布施とは、僧侶にお渡しする謝礼金のことをいいます。四十九日法要の場合のお布施は値段の幅が広く、3万円台から20万円台まであるので、金額に悩んだときはお世話になった葬儀会社に聞くとよいでしょう。

また、お車代は5千円から1万円が相場です。もしも僧侶が法要での会食に参加されない場合は、『御膳料』として1万円程度の金額を包む必要があります。

あわせて読みたい お布施はいくら包む?葬儀や法事で僧侶に渡すお布施の金額相場について詳しく解説 お勤めいただいた僧侶にお布施をいくら包むとよいのか、迷うことはありませんでしょうか。お布施の金額は明確に決まっておらず、勇気を出して... 続きを見る

会食費

会食費も必要費用の中に入れておきましょう。会食費の目安は1人あたり5千円です。しかし、3千円にすることもあれば1万円まで費用をあげることもできます。

また、ホテルで法要を行う場合、料理のグレードが高ければ会食費は高くなりますし、自宅での場合は、お弁当の用意が一般的です。参加者の人数や予算に応じて決めるとよいでしょう。

引き出物代

引き出物とは、法要が終わったあとに参列者の方々へお渡しするお礼の品のことです。一般的には洗剤や和菓子など、手元に残らない消耗品が選ばれます。

最近では、かさばらずに持ち帰れるということで、カタログギフトを引き出物として選ぶケースも増えてきました。カタログギフトであれば、個々の好みで選べるため、こちらも気を遣うことがありません。

引き出物の相場は、1人あたり2千円から5千円程度の品物が目安です。

四十九日法要の際の香典

本記事では、最後に四十九日法要の際の香典について解説していきます。葬儀に参列する方が不祝儀袋に現金を包んだ香典を持参するのは、日本に昔から伝わる習慣です。現在の現金を香典とするスタイルは戦後に確立されました。「四十九日法要の香典の金額相場」と「香典のマナー」について理解しておきましょう。

四十九日法要の香典の金額相場

家族のみでの四十九日法要では、香典は必要になるのでしょうか。結論から言いますと、香典は必要です。家族葬での葬儀は香典を辞退される方もいますが、四十九日法要に参列した場合香典は必要になるので気を付けましょう。

香典の具体的な金額についてですが、香典の金額は故人との血縁関係や付き合いの深さによって変わります。また、会食の有無でも金額が変わるので、一概に金額を断言することはできません。

例えば故人と血縁関係があり会食も頂く場合は、2万円から5万円の金額が目安になります。もし故人と血縁関係がなく、一般的なお付き合いの方であれば香典の金額は5千円程度が目安になることもあります。

香典のマナー

次に香典のマナーについて説明します。四十九日法要のときは、香典の表書きは「御仏前」と記載します。葬儀のときの表書きは「御霊前」ですが、四十九日では故人は仏様になると考えられているので、「御霊前」と記載せずに「御仏前」と記載するようにしましょう。

また、香典袋は渡すまで袱紗(ふくさ)に包んでおくようにしましょう。袱紗の中央に香典袋を置き、袱紗の四方を右、下、上、左の順でたたみます。

あわせて読みたい 四十九日の香典袋準備のポイントと宗派別のマナーについて詳しく解説 四十九日の香典袋をどのように準備すればいいか、皆さんはご存知でしょうか?香典袋は、喪に服する期間と喪が明けた後の期間で、水引や表書きのマナーが違います… 続きを見る

まとめ

家族だけで行う四十九日法要の手順や、必要費用などを解説してきました。四十九日法要は、故人が極楽浄土に行けるか否かの判断が下される日におこなわれる大切な儀式です。家族だけで行う場合でも、四十九日法要の手順やマナーは守るようにしましょう。

小さなお葬式』では、四十九日法要のご依頼もお受けしています。全国対応で、お布施は定額の追加料金が一切不要のシステムですので、四十九日法要をお考えの方はぜひ一度、『小さなお葬式』へのご依頼をご検討ください。

葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

小さなお葬式LINE公式アカウント

最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事