法事・法要

作成日:2014年06月16日  更新日:2019年10月21日

法事・法要での挨拶のしかたと例文

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
法事・法要での挨拶のしかたと例文

この記事は小さなお葬式が書いています

法事を行うとき、施主(主催者)が挨拶する場面はいくつかあります。短すぎず長すぎず、なおかつ適切な挨拶というのはなかなかに難しいものです。

この記事では、法事・法要の挨拶の基本や、シーンに合わせてそのまま活用できる挨拶例文、挨拶の注意点などをご紹介します。

小さなお葬式

【もくじ】
法事・法要で挨拶が必要な場面
挨拶の例文
挨拶をするときの注意点

法事・法要で挨拶が必要な場面

参考動画:法事の際の施主の挨拶の作法(やり方)・マナー 動画を見られない場合はこちら

施主が挨拶を行う場面は、4回ほどあります。

①法事の始め
これから法事を始めるという挨拶です。法事の開始を告げるだけなので、一番簡単な挨拶です。挨拶のあとは参列者に対しておじぎをし、ご僧侶に対しても礼をします。この後、ご僧侶の読経が始まりますが、挨拶でご僧侶に対して読経の開始を呼びかけてもいいですし、省略するなら目礼で合図しましょう。

②法事の終わり
法事に来てくださったことに対する感謝や、これからも支援を願うといった旨を伝えます。後に会食が控えていればその案内も行い、なければ会を締めましょう。お開きの場合は、引き出物の案内も行いましょう。

③④会食の場
会食がある場合、その③始まりと④終わりに挨拶をします。始まりの挨拶の場合、集まってもらったことに対する感謝や、ささやかながら食事を用意していることなどを伝えます。献杯の挨拶をお願いする場合は、事前に頼むようにしましょう。

終わりの挨拶では、最後まで付き合ってもらったことに対する感謝、これでお開きであること、今後も支援を願う旨などを伝えます。

あわせて読みたい 法事・法要の当日までに必要な準備について詳しく解説 葬儀が終わると、慌ただしく法事・法要の準備に取り掛からなくてはなりません。滞りなく行うためには、当日までの流れを把握しておく必要が... 続きを見る

挨拶の例文

具体的な挨拶の文例をご紹介します。法事の挨拶は、四十九日でも一周忌でも変わりなく使えるので、ある程度覚えておくと便利です。

法事の始め

・「本日は、お忙しいなかお集まりいただきありがとうございます。これより、(続柄と名前)の(四十九日・一周忌など)の法要を執り行いたく存じます」

・雨が降っていれば「足元が悪いなかお集まりいただき~」、遠方の方が多ければ「遠方よりお集まりいただき~」などもよく使われます。

法事の終わり

■基本の文言

「本日はご多忙のなかお集まりいただきましてありがとうございました。おかげさまで(続柄と名前)の(四十九日・一周忌など)の法要を無事に終えることができました。これからも変わらぬご支援のほどよろしくお願い申し上げます」

■会食がない場合

「本来であれば皆様と一緒に粗宴を囲みながら母を偲びたいところではありますが、本日はこれでお開きとさせていただきます。お荷物かと思いますが、心ばかりのものを用意しておりますので、お忘れなきようお持ち帰り下さいませ。本日はまことにありがとうございました」

■会食がある場合

「心ばかりではありますが、別室にて席をご用意しております。お時間の許す限り、どうぞごゆっくりなさってください。本日はまことにありがとうございました」

会食の場にて

■会食の始め

「本日はまことにありがとうございました。こうして母を偲ぶ席にお付き合いいただくことができ、本当に嬉しく思います。ささやかではございますが、母の思い出話でもしながら召し上がっていただければ、何よりの供養になると思います。どうぞ、時間の許すかぎり、ゆっくりとおくつろぎください」

・献杯の挨拶をお願いしている場合、後に「まず始めに、母の友人である○○様にひとことお願いします」のような文言を加えておきましょう。

■会食の終わり

「本日はお忙しいなか、最後までお付き合いいただきありがとうございました。こうして皆様と一話をすることができ、母にとっても何よりの供養になると思います。なごりはつきませんが、これにてお開きとさせていただきたいと存じます。これからも家族力を合わせてやっていきたいと思っているので、どうか変わらぬ支援をお願い致します。本日はまことにありがとうございました」

他にも挨拶の例文を紹介していますので、こちらのページを参考にしてください。

参考:挨拶文例集

あわせて読みたい 年回忌法要と法事の流れについて詳しく解説 人が亡くなった後は通夜や告別式、火葬と忙しい日々が続きますが、四十九日法要を行って終わりではありません。通常は、故人の命日を... 続きを見る

挨拶をするときの注意点

挨拶は手短に

挨拶は長すぎるとだらだらとして印象になってしまうため、できるだけ手短にまとめるほうがいいです。長くても1分程度でまとめるのが通常です。

会食の終わりの挨拶は周りをよく見る

会食後の挨拶では、参加者同士で話が盛り上がっていないか、まだ料理に手を付けていないかどうかを見ておきましょう。途中で止めてしまわないよう、参加してくださった方全員が落ち着いたタイミングを見計らって下さい。

通夜や葬儀の挨拶は、とっさのことで上手く言葉が出ないこともあるかと思いますが、法事の場合は事前に準備をする時間があるので、きちんとした挨拶を準備することができます。今回の内容を参考に、少し考えておくことをおすすめします。

法事・法要のマナーをもっと知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

あわせて読みたい 法事・法要の知識とマナーについて詳しく解説 法事・法要とは、親しい方が集まって故人の冥福を祈り、霊を慰める仏教の儀式の事を言います。四十九日までは7日区切りで行われ、それ... 続きを見る

法要に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

法要に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

4.7/5
評価数(6)

最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

お葬式のお役立ち情報満載!メルマガ会員募集中

小さなお葬式のメールマガジン(無料)を定期的に配信いたします。ぜひお役立てください。

<掲載例> 葬儀、法事、終活の疑問に対する解決策、マナー、作法について

今すぐ登録する

葬儀費用最大10,000円割引! お葬式と分からない封筒でお届け 資料請求はこちら 無料 お申込み0円葬儀費用がどんどんお得早割最大71,000円割引