【第1回調査】家族葬にかかる費用相場(北海道・東北地方編)

【第1回調査】家族葬にかかる費用相場(北海道・東北地方編)

北海道・東北地方で家族葬を行うと、どのくらいの葬儀費用が必要かご存知でしょうか。葬儀費用の総額は、選択する葬儀形式や地域の風習によっても違いがあります。

小さなお葬式では、過去1年以内に喪主を経験した方を対象に、家族葬の費用について調査を行いました。この記事では北海道・東北地方の結果をご紹介します。

【各エリアごとの家族葬の費用相場】
全国
北海道・東北地方関東地方中部地方
近畿地方中国・四国地方九州地方

こんな人におすすめ

北海道・東北地方での家族葬の費用相場に関する調査概要を知りたい方

北海道・東北地方における家族葬の割合を知りたい方

北海道・東北地方で家族葬にかかった費用の合計を知りたい方

このままWEBで調べたい方小さなお葬式についてもっと知る
喪主が必ず読む本プレゼント!無料でお届けいたします。資料請求する
事前準備をすすめたい方喪主が必ず読む本プレゼント!無料でお届けいたします。資料請求する
小さなお葬式LINE公式アカウント

北海道・東北地方における家族葬の費用相場に関する調査概要

【アンケート概要】
・調査対象期間 2022年5月6日(金)~2022年5月23日(月)
・調査方法 Web上でアンケートを実施
・回答数 事前調査42,666人 本調査1,285人
・エリア 北海道・東北地方
・事前調査条件 北海道・東北地方に住む、40代以上の人
・本調査条件 事前調査対象者のうち、1年以内に喪主を経験した人
・本調査の属性分布
<性別>
男性75.49%、女性21.17%
<年代>
40代21.87%/50代32.53%/60代以上42.26%

【調査結果のポイント】

・1年以内に北海道・東北地方で行われた葬儀の58.0%が家族葬
・家族葬の葬儀そのものにかかった費用※は、68.5%が100万円以下(※火葬料金を含む)
・家族葬の飲食費用は71.5%が20万円未満
・家族葬のお布施・宗教者手配にかかった費用は、77.6%が40万円未満

家族葬とは、家族や親族、親しい友人・知人といった身近な人だけで小規模に行う葬儀形式です。

北海道・東北地方における家族葬の割合はエリア全体の58.0%

北海道・東北地方で行われている葬儀のうち、家族葬がどのくらいの割合で選ばれているのかご存知でしょうか。調査を行った結果をまとめたので、ご覧ください。

・北海道・東北地方で行われた葬儀のうち58.0%が家族葬
・北海道・東北地方で行われた家族葬では10名以上20名未満が1番多い

行われた葬儀の形式(北海道・東北地方)

北海道・東北地方で葬儀を執り行った人のうち家族葬を選択した人は58.0%でした。次いで、一般葬が25.9%、直葬が12.5%という結果になりました。

家族葬は、家族や親族、親しい友人・知人といった近い関係性の方だけで行います。そのため、故人との思い出を共有したり、故人との最後の時間をゆっくりと過ごすことができたりするなどのメリットがあります。

また、北海道・東北地方には、秋田県の「ゆどき」という近隣の人が遺族を労うために集まる風習や、山形県の「おつうや」という地域組織に所属する女性が通夜で歌を歌う風習など、近隣の人が葬儀の際に関わる文化があります。このような地域の風習が、直葬ではなく一般葬や家族葬を選ぶ理由の一つになっているのではないでしょうか。

会葬・参列人数(北海道・東北地方)

北海道・東北地方で行われる家族葬の会葬・参列人数は、平均19名で、10名以上20名未満が34.3%で1番多いという結果でした。次いで20名以上30名未満が22.8%、3番目に10名未満が21.2%ということから、家族の他に、特に親しい親族や友人なども数名招いて葬儀を行うことが多いと考えられます。

北海道・東北地方に限らず世の中の動きとしても、コロナ禍で密閉・密集・密接を避けるようになりました。また、高齢化が進み、身体的な問題で葬儀会場まで足を運ぶことが難しい方がいるなども、葬儀が小規模になっている理由の一つではないでしょうか。

北海道・東北地方における家族葬にかかった費用の合計は平均約113万円

ここでは、北海道・東北地方で家族葬を行った方への調査結果をご紹介します。家族葬にかかった費用の合計金額は平均で1,131,373円でした。以下の3つに分けて、その内訳をご紹介します。

・葬儀そのものにかかった費用(火葬料金を含む)
・飲食にかかった費用
・お布施や、宗教者手配にかかった費用

ぜひ参考にしてみてください。

<注意>
一般的に、葬儀社の料金は「葬儀そのものにかかる費用」を提示しています。
火葬料金・飲食費・お布施など宗教者手配に関わる費用は含まれていないことが多いため注意しましょう。
金額を比較する際は、費用の内訳について確認することをおすすめします。

北海道・東北地方における家族葬の葬儀そのものの費用は平均約75万円


・68.5%の人が、100万円未満で葬儀を行っている
・そのうち、60万円以上100万円未満が1番多い結果になった

家族葬の平均葬儀費用(北海道・東北地方)

北海道・東北地方の家族葬における平均葬儀費用は752,342円※でした。(※火葬料金を含む)全体の68.5%の方は100万円未満で葬儀を行っていますが、31.5%の方は100万円以上を用意しているという結果でした。

形式としては同じ家族葬でも、家庭によって費用に幅があることがわかります。費用は抑えたいが通夜や告別式を執り行いたいという希望や、形式にとらわれずに自由度の高い葬儀を執り行いたいという希望など、希望する内容によって費用に差が生まれます。葬儀形式を検討する際に大切なことは、無理に費用を抑えたり形式に則るのではなく、自分たちの希望や条件に合った内容にすることです。

<注意>
一般的に、葬儀社の料金には火葬料金は含まれていないことが多いでしょう。
上記の平均金額である約75万円には、飲食費・お布施など宗教者手配に関わる費用は含まれておりませんが、火葬料金は含まれています。
火葬料金を抜いた平均金額は約71万円となります。

<関連記事>
家族葬を選んだ場合の喪主の役割、役目

北海道・東北地方における家族葬の飲食費用は平均約13万円


・71.5%の人の飲食費用が20万円未満
・そのうち、一番多いのは10万円以上15万円未満

家族葬の平均飲食費用(北海道・東北地方)

北海道・東北地方の家族葬の飲食にかかった費用は平均で130,845円でした。

家族葬における飲食の機会は、一般的に通夜後の「通夜振る舞い」と火葬後の「精進落とし」の2回です。どちらも故人を改めて偲ぶ意味や、喪主から僧侶や参列者へ感謝の気持ちを伝える意味があります。

秋田県の一部地域では、葬儀前日に火葬を行い、通夜の代わりに親族だけで精進料理を食べる風習があります。また、青森県では、案内状が届いた人のみが参加するという会費制の会食の場が葬儀後に設けられます。このように地域によって異なる食事の風習についても、確認しておくと安心できるでしょう。

<関連記事>
家族葬で出す料理はどのように準備すべき?注意点まで徹底解説

北海道・東北地方における家族葬のお布施費用は平均約25万円


・77.6%の人が40万円未満でお布施を用意している
・30万円以上40万円未満が1番多い結果になった

家族葬の平均お布施・宗教者手配費用(北海道・東北地方)

北海道・東北地方の家族葬のお布施・宗教者手配費用は平均で248,187円という結果でした。40万円未満が77.6%を占め、その中でも30万円以上40万円未満が最も多いことがわかりました。

お布施は、読経や戒名授与の謝礼として、僧侶にお渡しするものです。明確に費用を提示されずに「お気持ちで」といわれることが多いので、いざ準備をする際にいくら包めばよいのか悩まれることも多いでしょう。この調査の結果をふまえ、親族の方やお付き合いのあるお寺の方の意見を参考に、お布施の金額を検討することをおすすめします。

北海道・東北地方の平均的な家族葬

今回の調査から、北海道・東北で家族葬をする方の平均的な一例を作成してみました。

【葬儀形式】家族葬
【会葬・参列人数】19名
【葬儀費用】113万円
(内訳 葬儀そのもの:75万円※/飲食費用13万円/お布施費用25万円)
(※火葬料金を含む)

故人との最後の時間をできるだけ長くゆっくりと過ごしたかったため、周囲の人にも説明をして、家族葬を選択した。故人らしい雰囲気の葬儀を叶えられて近い親族だけで丁寧なお別れができたので、故人も喜んでいると思う。

「喪主が必ず読む本」無料プレゼント中

「小さなお葬式」では、無料の資料をご請求いただいた方全員に「喪主が必ず読む本」をプレゼントいたします。

病院から危篤の連絡がきたときの対応方法や、親族が亡くなったときにやるべきこと、葬儀でのあいさつ文例など、喪主を務めるのが初めてという方にも役立つ情報が満載です。

いざというときの事前準備にぜひご活用ください。

喪主が必ず読む本

全員に「喪主が必ず読む本」プレゼント 無料資料請求はこちら

「小さなお葬式」で葬儀場・斎場をさがす

小さなお葬式は全国4,000ヶ所以上の葬儀場と提携しており、葬儀の規模や施設の設備などお近くの地域でご希望に応じた葬儀場をお選びいただけます。

まとめ

この記事では、家族葬における北海道・東北地方の葬儀費用についてご紹介しました。全体の58.0%の割合で家族葬が選ばれており、そのうちの68.5%の人が100万円未満で家族葬を執り行っているとわかりました。葬儀形式や会葬・参列人数によって葬儀費用は異なるため、自分たちの希望を事前に確認して、周囲と話し合っておくことが大切です。

葬儀費用の目安を知っておくことなど、葬儀に関することは事前に準備することが大切です。小さなお葬式では、セットプラン内で葬儀に必要な物品サービス※が含まれますので、安心して葬儀を行えます。全国4,000カ所以上の葬儀場と提携しており、どの宗教・宗派のお葬式にも対応しております。
(※火葬料金別)

参考
葬儀費用の目安や内訳を徹底解説!葬儀費用を安くする方法もご紹介
葬儀は段取りが肝心。流れ・費用・マナーが「やさしくわかる!」
葬儀費用のお布施の渡し方は?相場やマナーを徹底解説!
JA葬祭(農協)を通して行う葬儀の特徴と費用例
葬儀代がない時はどうすれば?葬儀費用が払えそうにない場合に知っておくべきポイント
家族葬とは?選ばれている理由や費用、参列基準やマナーについて

小さなお葬式の家族葬小さなお葬式の家族葬

監修
信長 洋輔(小さなお葬式 コラム編集長)
信長 洋輔(小さなお葬式 コラム編集長)

株式会社ユニクエスト社員
「小さなお葬式のコラム」の編集長。
葬儀葬式・法事法要だけでなく、終活・老後資金などFP関連の知識にも精通。
葬祭ディレクター1級の資格取得に向けて学習中。
「小さなお葬式のコラム」では、合計2000記事以上を管理。
運営会社についてはこちら

このままWEBで調べたい方
小さなお葬式についてもっと知る
このままWEBで調べたい方小さなお葬式についてもっと知る
事前準備をすすめたい方 喪主が必ず読む本プレゼント 資料請求する(無料)
事前準備をすすめたい方喪主が必ず読む本プレゼント!無料でお届けいたします。資料請求する
小さなお葬式LINE公式アカウント
小さなお葬式LINE公式アカウント

この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • line
基礎知識・マナーを徹底的に解説 葬儀・葬式の流れ