臨終直後に行う儀式「末期の水」とは
葬儀マナー[喪主・遺族]

作成日:2017年11月29日  更新日:2021年07月12日

臨終直後に行う儀式「末期の水」とは

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

臨終を告げられた後に、立ち会った全員が行う儀式があります。それが、末期の水(まつごのみず)です。「死に水をとる」とも言われるこの儀式には、どんな意味があるのでしょうか。いざというときに心を込めて行えるよう、意味や手順について知識を入れておきましょう。

小さなお葬式LINE公式アカウント

【もくじ】
末期の水はお葬式の最初の儀式
手順について
まとめ

末期の水はお葬式の最初の儀式

末期の水は、お葬式における最初の儀式です。臨終に立ち会った全員が、故人の口に水を含ませます。

末期の水の由来

末期の水の由来は諸説唱えられていますが、仏教の経典「長阿含経」に記されている話からきているとする説が有力です。釈迦が亡くなる直前に水を持ってきてほしいと弟子に頼み、鬼神がそれを捧げたというエピソードで、そこから仏教では死者の喉の渇きを癒すようになったと言われています。

神道の考にもとづいて、死のけがれを清めるために行われるものとする考えもありますが、いずれにせよ、神仏融合の日本のお葬式文化の中で、宗教を問わず広く浸透していった儀式です。

末期の水に込められた意味

末期の水に込められる意味についても、いくつかの考えがあります。

現在は臨終を告げられた後に行われますが、かつては臨終の間際に行われるものであったとされています。喉を潤して安らかに旅立ってほしいとの想いや、生き返ってほしいという願いが込められていたというのがひとつです。

また、この水が喉を通ると生きているとされたり、この水が通る喉ぼとけの音がしなくなると息が切れていると考えたりしたとも言われ、医学が発達する前は、死亡判定のために行われていたのかもしれません。

あわせて読みたい 臨終に立ち会うときの心構えとその後の準備について詳しく解説 人は誰でも亡くなります。そしてその瞬間、ご家族は深い悲しみに包まれます。しかし、現実的には、人が亡くなるとやらなくてはならない手続きや儀式が... 続きを見る

手順について

病院で亡くなった場合には、病院の方が用意をして手順を教えてくれますので、それに従って行います。自宅で亡くなった際にも、医者や葬儀社の担当者が教えてくれることもありますが、ご自身でも理解しておくと良いでしょう。

末期の水をとる順番

臨終に立ち会った方全員が、故人の口を湿らせていきます。順番は、故人との血縁の濃い順で行うので、まず配偶者からはじめ、故人の子供、故人の両親、兄弟姉妹、故人の子供の配偶者、孫の順とするのが一般的です。

ただし、小さな子どもにまで無理にさせる必要はないでしょう。

「喉の渇きを潤す」意味があるからと言って、水を無理やり口の中に入れることのないよう注意しましょう。湿らせた脱脂綿や筆の先を唇に軽く当て、表面を濡らす程度にとどめるのが作法です。

末期の水の具体的作法

病院で臨終を告げられた直後か、もしくは故人が自宅に帰って安置された後に行うことが多いです。家族が揃っていない場合には、揃うのを待って行うこともあります。

新しい割り箸の先にガーゼや脱脂綿をくくりつけ、それに水を含ませて故人の唇を湿らせます。脱脂綿のかわりに、シキミや菊の葉、鳥の羽などに水をつけて行うこともあるようです。筆を水で浸したものを使うこともあります。

脱脂綿などの当て方は、唇の左から右へなぞるようにし、上唇から下唇の順で当てていきます。全ての人が終わったら、最後に故人の顔をきれいに拭いてあげましょう。

あわせて読みたい 我が家で葬儀を行う「自宅葬」について事前に知っておきたいことを詳しく解説 自宅葬(じたくそう)という葬儀の形式をご存知でしょうか。その名の通り、亡くなった方の自宅で葬儀を行うことです。長年住み続けた我が家で、ゆっくりと... 続きを見る

まとめ

日本のお葬式では、故人の安らかな旅立ちを願って行われている風習が色々とありますが、末期の水もそのひとつです。お葬式の儀式は、大切な家族の死と向き合い、受け入れるためのもので、死に水をとるのはその入口と言えます。故人の生前の労をねぎらい、心を込めて行いましょう。

あわせて読みたい 身内の不幸があった際はどうすれば? 会社への連絡や必要な手続きについて詳しく解説 身内の不幸があった際には、親族や葬儀の喪主となる人はしなければならないことがたくさんあります。動転してしまいがちですが、必要なことを確実に... 続きを見る

葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

小さなお葬式LINE公式アカウント
4.5/5
評価数(17)

最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事