葬儀の準備

作成日:2019年10月08日  更新日:2019年10月08日

葬儀費用の支払い方法|支払えないときの対処法と遺産相続の関係を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
葬儀費用の支払い方法|支払えないときの対処法と遺産相続の関係を徹底解説

この記事は小さなお葬式が書いています

葬儀を執り行うにあたって「費用」は避けて通れない問題のひとつですが、支払い方の多様性を知っている方は多くありません。費用の金額に意識を向けていて、支払い方はあまり気にしていなかった方もいるのではないでしょうか。支払い方法をあらかじめ定めておくことは、多額のお金を扱う葬儀費用の金銭トラブルを未然に防ぐことにつながります。

そこでこの記事では、葬儀費用の支払い方についてご紹介します。費用が用意できないときの対処法や遺産相続の関係についても合わせて解説します。これから葬儀を行う方や将来のための情報をお求めの方はぜひご覧ください。

小さなお葬式

【もくじ】
葬儀費用の支払い方法とは
葬儀費用の支払い方法は4種類
葬儀費用を支払うタイミングはいつ?
葬儀費用が支払えない場合の対処法
葬式費用と遺産相続の関係
まとめ

葬儀費用の支払い方法とは

喪主になる際、葬儀費用の支払いに不安を抱える方もいるのではないでしょうか。葬儀には多額のお金が必要になるのが一般的な認識となっており、できる限り費用を抑えたいと考える方もいるでしょう。

不幸は突然やってくることも多く、遺族は驚きや悲しみの中で慌ただしく葬儀の準備をしなければなりません。このような状況では落ち着いて支払い方法の検討をするのは難しく、困惑してしまうケースも多々見られます。

葬儀費用の支払いに不安があるときは、葬儀社にその不安をしっかり伝えて納得のいく支払い方法を模索することから始めましょう。昨今ではさまざまな支払い方法を用意している葬儀社も増えており、遺族の事情に即した方法を選べるようになっています。

あわせて読みたい 葬儀費用の相場や内訳を徹底解説!葬儀費用を安くする方法もご紹介 「葬儀費用は高いと聞くけど、いくらが相場なのか」という声がよく聞かれます。葬儀を手配する経験はめったにありませんから、よく分からないという方がほとんどかと思います… 続きを見る

葬儀費用の支払い方法は4種類

葬儀費用の支払いは、かつては葬儀社に現金で手渡すのが一般的でした。現在はお金の扱い方が多様性を増したことから、さまざまな支払い方法が用意されています。この項目では代表的な4つの支払い方法をご紹介します。葬儀の準備をする際のご参考にしてみてください。

現金振込みが一般的

葬儀費用の支払いは、一括現金振り込みが一般的です。葬儀が終了した後に、葬儀社から通知される指定の振込先へ支払います。現金振り込みのメリットは、支払いを長引かせずに即座に清算を終えられることです。利息や支払い延滞料金が発生する心配がなく、葬儀費用が後の生活に尾をひくことがありません。

一方、一括振込みの問題は大きな額を一度に用意する必要があることです。一般的な葬儀費用は平均200万円前後となっており、簡単に用意できる額とはいえません。葬儀費用の一括支払いは遺族にとって大きな負担となります。

葬儀社の視点から見てみると、現金一括振込みが最も歓迎する支払い方法です。支払いが遅れたり、支払い途中で音信不通になったりするリスクがないので、支払い方法は「現金一括振込みだけ」という葬儀社も見られます。そのため、葬儀費用に不安があるときは葬儀社の支払い方法から決めることも大切です。

クレジットカードならポイントが貯まる

葬儀は思いがけないタイミングで行うことになるケースも多く、すぐに現金を用意できない場合もあるでしょう。そのようなときは、クレジットカードで支払うことも選択肢の1つとなります。

ただ葬儀費用をクレジットカードで決算するには、利用した葬儀社がクレジットカード払いに対応していることが前提となります。対応は葬儀社によって異なりますので、クレジットカードで支払う予定でいるのであれば事前に確認しておく必要があります。

クレジットカード払いのメリットは「すぐに現金を用意しなくてよいこと」と「ポイントが貯まること」です。葬儀費用は多額ですので、カードで払えば多量のポイントが獲得できます。

デメリットとしては、全額カードで支払えない点です。寺社へのお布施や弔問客の接待費用には現金払いが求められることが多く、ある程度は現金も用意しなければなりません。

ローンなら分割回数が選べる

一部の信販会社では葬儀ローンを扱っており、支払いの際に利用できます。葬儀社が仲介して信販会社に申し込む形になり、ローンは分割回数を選択できるのが強みとなっています。そのため、それぞれの事情に合わせた無理のないプランで支払いができます。

ローンのデメリットは、利息が発生するため支払い総額が増加することです。支払い期間が長期に渡るほど利息もかさむため、安易に利用すると余分な費用を払い続けることになります。また、ローンを利用するには審査に通らなければなりません。誰でも利用できるとは限らないことにも注意が必要です。

あわせて読みたい 葬儀費用のローン支払いを検討するなら|手続きと分割手数料(金利)の目安について解説 葬儀が必要な時は突然やってきます。そして、葬儀には多くの場合、高額な費用がかかります。葬儀一式にかかる費用は全国平均で121万円と言われており、その他にも… 続きを見る

コンビニエンスストアでも支払い可能

近年、コンビニエンスストアでの支払いに対応した葬儀社も見られます。どの葬儀社でも対応しているわけではありませんが、Web申し込みに対応している大規模な葬儀社ではコンビニ支払いできる傾向にあります。支払い用紙が着いてから支払い期限まで7日~10日ほどの余裕が設定されていることが多く、ゆとりをもって現金の準備ができます。

コンビニ支払いのメリットは、自分のタイミングで時間を問わずに支払いができる点です。銀行で支払う場合は窓口が空いている時間帯に予定を空ける必要がありますが、コンビニなら24時間いつでも対応しています。デメリットはまとまった額のお金を準備しなければならない点が挙げられます。

葬儀費用を支払うタイミングはいつ?

葬儀費用を支払うタイミングは「先払い」「後払い」の2種があり、一般的には後払いで支払うのが主流となっています。葬儀費用は弔問客の数によって上下するので、終了してからでなくては正確な費用金額はわかりません。

弔問客が予定よりも多ければ、もてなし代や返礼品に追加で費用が発生する場合があります。そのため、正確な費用が判明してから後払いする仕組みです。

葬儀の生前予約をしている場合は、前払いする傾向にあります。家族葬や直葬のような葬儀の参加人数があらかじめ把握できている場合も、前払いで対応可能です。中には前金として基本料金を支払い、葬儀が終わってから残りを後払いする形式の葬儀社もありますので、契約の内容はきちんと確認しましょう。

葬儀費用が支払えない場合の対処法

経済的な事情で葬儀費用を支払えない場合は、葬祭扶助制度が利用できないか確認してみましょう。葬祭扶助制度は、故人もしくは遺族が生活保護を受けていた場合に受けられる可能性がある支援です。

対象の方は、最低限の葬儀を行うだけの金額が自治体から支給されます。ほかには遺族以外の人が葬儀を手配する際に受けられます。

葬祭扶助で支給される額は最大で20万円程度です。費用の関係でお通夜や告別式を略した直葬形式の葬儀を行うのが一般的となっています。葬儀は火葬場で行い、火葬に立ち会えますが僧侶による読経は行われません。遺族がいるのであればご遺骨は自宅へ持ち帰れます。

あわせて読みたい 葬祭扶助とは?受けられる条件と支給金額、申請方法について詳しく解説 葬祭扶助制度とは、生活保護を受けているなど経済的に困窮している人に対し、葬儀の費用を自治体が支給するものです。遺族が生活保護を受けていて葬儀費用をまかなえない、あるいは生活保護… 続きを見る

葬式費用と遺産相続の関係

葬式費用の負担は、相続手続きで最初に直面する問題となることが多くなっています。葬式費用は誰が払うべきで、遺産の相続とどのような関係があるのでしょうか。この項目では、葬式費用の支払いと相続の関係について目を向けていきます。

葬式費用を相続財産から支払うことは可能?

相続する財産がある場合は、相続財産から葬式費用を支払っても差し障りはありません。葬式費用は大きな支出となるため、喪主が手持ちの財産から支払うのが難しい場合もあります。そのようなときは、相続財産から葬式費用を支払いたい状況になることもあるでしょう。

しかし、相続財産で支払うには故人の預金口座が凍結される前に現金を引き出しておかなければなりません。いったん預金口座が凍結されてしまうと相続手続きが完了するまで現金の引き出しができません。故人の口座から引き出すには銀行窓口は利用できないため、キャッシュカードと暗証番号の準備が必要となります。

なかには凍結口座から葬儀費用の引き出しを許可してくれる金融機関もありますが、全体のほんの一部です。ほとんどの場合は、一度口座を凍結されたら相続財産から葬儀代を支払うことはできなくなりますのでご注意ください。

葬式費用や香典のトラブルに注意

葬式費用や香典は、金銭トラブルの原因になりやすいので扱いには注意が必要です。葬儀費用を誰が出すかで揉めたり、費用を兄弟で分割して支払うと決めたのにお金を出さない人がいたりといったトラブルが多くなっています。

また、香典は相続財産に含まれないので遺産分割の対象にはなりません。そのため基本的には喪主への贈与となりますが、想定よりも多くの香典が集まった際に、費用を出し合った人たちの間で扱いをめぐっていさかいの種になることがあります。

こういったトラブルの多くは事前の話し合いで解決できるものです。費用を出し合う人たちの間で帳簿を作成し、領収書や明細書を共同管理して金銭のやり取りを明瞭化すれば費用の清算や協議の合意が得やすくなります。葬儀費用の負担は法で明確に決められていない部分ですので、スムーズな葬儀には当事者たちの誠意と協力が重要になります。

あわせて読みたい 葬儀費用の立替は誰が行う?立て替えた費用を負担する方法について詳しく解説 葬儀を行う際の大きな問題が葬儀費用で、数百万円もの費用がかかることも少なくありません。高額な葬儀費用を準備するのに適した方法を知りたい、という方もいるのではないでしょうか。… 続きを見る

まとめ

葬儀費用は現金一括払いが一般的ですが「クレジット払い」「葬儀ローン」「コンビニ払い」など時代に合わせた支払い方法も見られるようになりました。

葬儀費用はすぐ現金で用意するのは大変な額となることも多く、喪主にとって大きな負担となります。だからこそ、いざというときのために事前に支払い方法やトラブル回避の知識を身につけておくことが大切です。安心して葬儀に臨むためにぜひこの記事の内容をお役立てください。

小さなお葬式では、ほかにも葬儀の準備や葬儀後の手続きに関する知識を多数掲載しています。電話によるご相談も受け付けていますので、葬儀費用について心配な方はお気軽にご相談ください。ご遺族のご事情に合わせたプランでサポートいたします。


葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。


最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

お葬式のお役立ち情報満載!メルマガ会員募集中

小さなお葬式のメールマガジン(無料)を定期的に配信いたします。ぜひお役立てください。

<掲載例> 葬儀、法事、終活の疑問に対する解決策、マナー、作法について

今すぐ登録する

葬儀費用最大10,000円割引! お葬式と分からない封筒でお届け 資料請求はこちら 無料 お申込み0円葬儀費用がどんどんお得早割最大71,000円割引