葬儀を予定している方なら知っておきたい四十九日の数え方

葬儀を予定している方なら知っておきたい四十九日の数え方

四十九日法要の正確な数え方を知っているでしょうか。当日に参加者が集まるためには、四十九日の日取りの正確な計算と日程の決定、およびスケジュール管理が大切です。

故人を失って心を痛めている遺族にとって、様々な法要を行う忌中は慌ただしさを感じる期間かもしれません。そんな時こそ、故人の知り合いから慰めをいただく四十九日は大事にしたいものです。

この記事では四十九日の数え方に合わせ、当日までのスケジュール管理で押さえたいポイントを見ていきます。お寺とお付き合いの無い方に向けて、お坊さん手配の便利なサービスも紹介しています。ぜひ参考にしてください。

こんな人におすすめ

四十九日法要を行う予定の方

四十九日の数え方を知りたい方

四十九日法要の日程調整について知りたい方

このままWEBで調べたい方
小さなお葬式についてもっと知る
このままWEBで調べたい方小さなお葬式についてもっと知る
事前準備をすすめたい方 喪主が必ず読む本プレゼント 資料請求する(無料)
事前準備をすすめたい方喪主が必ず読む本プレゼント!無料でお届けいたします。資料請求する
法事・法要の寺院手配|法事・法要なら「てらくる」
法事・法要の寺院手配|法事・法要なら「てらくる」

四十九日の数え方

四十九日の数え方は極めてシンプルです。ただし、地域によって数え方が異なる場合もあります。

数え方

四十九日の数え方は、亡くなった日を1日として49日を数えます。後述しますが、当日が平日の場合、四十九日法要を執り行う日程をずらすことがあります。前倒しはOKですが、後に延ばすのは避けるべきとされているため、正確な数え方を知っておきましょう。

四十九日に合わせて仏壇やお墓を新しく購入する場合、開眼供養を行います。開眼供養は四十九日法要と一緒に行うことが多いため、手配を忘れないようにしましょう。

関西地方での数え方

関西地方では、49日の数え方が違う地域があります。通常命日を1日目と数えますが、地域によっては命日の前日を1日目と数えます
1日違うだけでも親族や参加者が「命日は〇日じゃないの。」と混乱する場合がありますので、自分の地域のしきたりを確認しておきたいところです。

ペットの場合

ペットを家族同然として生活してきた方にとっては、ペットが亡くなるのはとても悲しいものです。ペットであっても、四十九日法要が必要だと思ったら行うべきです。ペットの場合も、亡くなった日を1日として数え、49日を数えます。動物霊園への納骨や僧侶の読経なども頼むことができます。

キリスト教

キリスト教の場合、いわゆる法要にあたるものはありません。そのため、「忌中」「忌明け」という概念そのものがありません。ただし、仏教における初七日や四十九日の日にちに合わせて、記念会や追悼式を行うケースがあります

キリスト教の法要に対する考え方を理解するために知っておかなければならないのは、仏教とキリスト教は死生観が違うということです。

仏教の死生観では、故人が死後に成仏し、悟りを開くことを願って供養します。しかし、キリスト教の死生観では、故人は神のもとに帰るため、死は喜ばしいものです。そのため、先祖や故人をまつったり、供養したりする風習や価値観はありません。

キリスト教が行う記念会や追悼会は故人に対する供養ではなく、故人を思い出しながら神に感謝する、神を礼拝するという意義を持っています。

では、なぜ四十九日などに合わせて記念会を行うのかというと、日本では仏教を信仰する人が多く、四十九日に故人を思い出す習慣があるからです。故人の遺族や知り合いへの文化的配慮から、キリスト教もそのサイクルに合わせて記念会を行うケースがあるのです。

キリスト教の中には大きく分けてカトリックプロテスタントの2つの宗派があり、記念会や追悼会の概念が異なっています。

カトリック

カトリックでは法要・法事の代わりとして、故人の死後3日目、7日目、30日目、1年後にカトリック教会で「追悼ミサ(追悼式)」が行われます。

追悼ミサは故人の知り合いが呼ばれ、神父の司会によって讃美歌の歌唱や聖書の朗読が行われます。その後、お茶会やお昼などを持つ場合もあります。

また、毎年11月2日にはカトリック教会全体で遺族が集まり、「死者の祈念日」を持ちます。

プロテスタント

プロテスタントはカトリック以上に決め事がありません。ですが、場合によっては初七日や四十九日などの日にちに合わせて故人と知り合いがプロテスタント教会に集まり、「記念会」「記念礼拝」を牧師の司会によって行います。

神をたたえる歌を歌ったり、聖書の朗読、牧師のメッセージなどが行われたり、故人を偲ぶというよりは、故人を受け入れてくださった神を礼拝する意義で行われます。

四十九日の数え方を理解した後はスケジュール管理が重要

四十九日の数え方を知り、正確な日取りを知ることができたでしょうか。ところが、四十九日の日程を決定するにはまだ考えるべき要素がたくさんあります。ポイントを押さえて当日までのスケジュール管理をしましょう。

前倒しで法要を行うのがポイント

四十九日法要は49日目当日に行うのが基本ですが、最近では前倒しで行うことが多くなってきています。

前倒しする際は、四十九日法要に最も近い週末をチョイスするケースが多いです。49日目の曜日や親族のスケジュールに合わせて前倒ししましょう。

三月またぎを避けるのがポイント

命日から49日目までに3か月をまたぐことを「三月またぎ」と呼びます。親族の中に「三月またぎを縁起が悪い」とする人がいたら、配慮が必要です。四十九日の日取りが3か月をまたがないよう、日程を調整しましょう。

三月またぎを避けるために、35日目の五七日(いつなぬか)に四十九日法要の日程を持ってくる人もいます。

参加する方のスケジュールを把握

親族のスケジュールが合うよう、優先的に連絡を取りましょう。その後、参加者に案内状を送り、参加の是非を聞きます。前述したように、日にちはなるべく集まりやすい土日がいいでしょう。

仕事のシフトなどを確認してスケジュール調整

四十九日法要に備えて、当日のスケジュール調整を早めに行っておきましょう。施主であればなおさらです。

仕事をしているのであれば、当日の日にちを開けるようにシフトの調整をしなければなりません。命日から四十九日の日にちを計算できるので、あらかじめ四十九日を行うことと大体の日取りを会社に告げておけば、シフトの調整もしやすいでしょう。その後、四十九日の正確な日取りが決まったら会社に伝え、休みを取りましょう。

また、四十九日の準備として休みを取る必要があった際に、できる限り柔軟に対応できるようにスケジュールを調整しましょう。

四十九日の数え方以外に大切なもの

数え方も重要ですが、四十九日までの準備も大切です。事前に確認しておくべき事柄について見ていきます。

前日までの準備

四十九日法要は読経、お墓参り、納骨、会食と、やることが多い日です。事前にどれだけ余裕をもって準備できるかがカギとなってきます。

白木の位牌を本位牌に取り換えてもらうのも余裕をもって行いましょう。長い時には戒名入れに2週間ほどの時間がかかります。

お花やお供え物、着る服、遺骨、位牌など、その日に必要な物をチェックリストにして用意するのがおすすめ。準備がギリギリまでかからないようにしましょう。

四十九日に呼ぶ人数

四十九日に呼ぶ参加者の人数によって、予算や会場が左右されます。もし人を呼びすぎて疲れてしまうのであれば、自分の許容範囲に応じて行うのも手です。

忌中は喪に服し、祝い事を慎む期間ですが、葬儀や遺品整理など、遺族にとっては忙しい期間。故人を皆で供養したいという気持ちも大切ですが、重要なのは遺族が落ち着いて四十九日法要を迎えることです。

特に会食を行う場合は、全員が余裕をもって参加できるように手配が必要です。参加者が多ければ、その分案内状の準備やスケジュール調整も大掛かりになります。

施主と親族、それ以外の知り合い、というようにいくつかのグループを作り、どの範囲までなら無理なく呼べるかを判断しましょう。

体調管理

体調管理も大切です。特に施主は参加者への挨拶など、四十九日法要の当日は忙しい一日になるでしょう。四十九日法要の準備がぎりぎりになると、ハードスケジュールが祟って当日に体調を崩してしまったり、疲れた顔でその日を過ごしてしまったり、ということになりかねません。

四十九日は喪に服していた遺族が忌明けする大切な日です。参加者に対して疲れた顔を見せず、気持ちよく迎えるためにも、余裕を持って準備をするのをお勧めします。

日蓮宗や曹洞宗などの宗派の違い

キリスト教については前述しましたが、仏教でも日蓮宗や曹洞宗など様々な宗派が存在します。自分には関係ないと思うかもしれませんが、菩提寺(先祖が祀られているお寺)によって「実は日蓮宗だった」「曹洞宗だった」ということもありえるので、四十九日において宗派の違いを知っておく必要があります。

日蓮宗は「南無妙法蓮華経」を説くことを重視する宗派です。葬儀では「法蓮華経」を唱える場面が何回かあるのが特徴です。また、曹洞宗は座禅を重んじる宗派です。こちらも葬儀の儀式が多いのが特徴です。そのほかにも真言宗、臨済宗、真宗など様々な宗派が存在します。

四十九日法要の日程に関しては、「皆が集まりやすいよう前倒しで行う」など、基本的にはどの宗派も同じ要領で決まると思っていいでしょう。ただし、数珠の持ち方焼香のあげ方が宗派によって異なるため、自分の宗派を確認し、正しい作法を確認すべきです。

また、浄土真宗は法要の意味合いが他の宗派と異なります。浄土真宗は臨終後、故人はすぐに極楽浄土に行けるため、「故人を供養する」という概念がありません。ではなぜ法要を行うのかというと、仏法に触れるためです。残された人たちが仏の教えに触れ、この世での生き方を知るための機会といっていいでしょう。

▼ あわせて確認
天台宗の葬儀・法要の特徴やマナーについて詳しく解説
浄土宗の葬儀・法要の特徴やマナーについて詳しく解説
浄土真宗の葬儀・法事の特徴やマナーについて詳しく解説

場所

招待する人数に合わせ、場所を決めます。通常は自宅や菩提寺で行いますが、人数が多ければ会食の会場をホテルやレストランに移す場合もあります。その際は別途費用が掛かってくるため、予算を鑑みて場所を決定しましょう。

法事・法要の費用をおさえる
「お坊さん手配」をかしこく活用しよう

法要・法事にはお布施以外にも読経、お車代、御膳料などさまざまな費用がかかります。合計すると、平均して10万円以上はかかるでしょう。

また、寺院や地域によっても異なるため、いくら準備しておけばよいのか悩む方もいるのではないでしょうか。

法事・法要にかかる費用

小さなお葬式が運営する「てらくる」では、一周忌・四十九日法要などのお坊さん手配を、全ての宗教・宗派で45,000円~で提供しております。
お布施以外のあらゆる費用全てがプラン内に含まれているため、費用の設定で悩む必要はありません。
法事・法要の事前準備に是非ご検討ください。

法事・法要の寺院手配|法事・法要なら「てらくる」法事・法要の寺院手配|法事・法要なら「てらくる」

おすすめ記事

小さなお葬式で特に読まれている記事を紹介します。あわせて読むことで理解が深まるでしょう。

「喪主が必ず読む本」無料プレゼント中

「小さなお葬式」では、無料の資料をご請求いただいた方全員に「喪主が必ず読む本」をプレゼントいたします。

病院から危篤の連絡がきたときの対応方法や、親族が亡くなったときにやるべきこと、葬儀でのあいさつ文例など 、喪主を務めるのが初めてという方にも役立つ 情報が満載です。

いざというときの事前準備にぜひご活用ください。

喪主が必ず読む本

全員に「喪主が必ず読む本」プレゼント 無料資料請求はこちら

「小さなお葬式」で葬儀場・斎場をさがす

小さなお葬式は全国4,000ヶ所以上の葬儀場と提携しており、葬儀の規模や施設の設備などお近くの地域でご希望に応じた葬儀場をお選びいただけます。

まとめ

以上、四十九日の数え方と、当日までのスケジュール管理について見てきました。

四十九日をつつがなく執り行うためには、正確に49日目を数え、皆が参加しやすいようにスケジュールを調整する必要があります。地域によって四十九日の数え方自体も異なる可能性があります。四十九日の日取りが決定したら、参加者は早めに仕事のシフト調整を行っておきましょう。

また、四十九日を行う際には宗派や宗教の違いを知っておくことも大切です。参加者が当日無理なく集まって法要を行えるよう、十分に配慮しましょう。

四十九日の準備は忙しく、考えるべきことも多いですが、早めに準備を終え、落ち着いた気持ちで当日を迎えましょう。

しかし、四十九日の施主を務めるのが初めての方の場合、余裕をもって準備を進めたとしても、わからない点が生じることはよくあることです。その際は、法要の流れについて良く把握しているプロの業者の力を借りるのがいいでしょう。

小さなお葬式」には、四十九日法要に詳しいスタッフが多数所属しております。全国葬儀受注件数6年連続No.1※の実績と経験で、四十九日法要を準備する方の手助けをしています。

四十九日法要を執り行うのであれば、お一人で悩むのではなく、ぜひ「小さなお葬式」にお任せください。

【※2022年における葬儀受注件数に関する調査(2023年9月 TPCマーケティングリサーチ調べ。仲介や再委託による施行を含む件数)】

監修
信長 洋輔(小さなお葬式 コラム編集長)
信長 洋輔(小さなお葬式 コラム編集長)

株式会社ユニクエスト社員
「小さなお葬式のコラム」の編集長。
葬儀葬式・法事法要だけでなく、終活・老後資金などFP関連の知識にも精通。
葬祭ディレクター1級の資格取得に向けて学習中。
葬儀業界最大級の、合計2000記事以上を管理。
運営会社についてはこちら

このままWEBで調べたい方
小さなお葬式についてもっと知る
このままWEBで調べたい方小さなお葬式についてもっと知る
事前準備をすすめたい方 喪主が必ず読む本プレゼント 資料請求する(無料)
事前準備をすすめたい方喪主が必ず読む本プレゼント!無料でお届けいたします。資料請求する
小さなお葬式LINE公式アカウント
小さなお葬式LINE公式アカウント

この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • line