生活保護受給者の葬儀はどうやって行う?納骨の選択肢や申請条件を総まとめ
葬儀の準備

作成日:2020年08月17日  更新日:2020年10月27日

生活保護受給者の葬儀はどうやって行う?納骨の選択肢や申請条件を総まとめ

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

自立に向けて生活の立て直しをはかっている多くの生活保護受給者にとって、自分や身内の葬儀に目を向ける余裕がない方もいるのではないでしょうか。

この記事では、国が定めた生活保護受給者の葬儀や納骨に関する制度の基本的な情報と制度を利用するときの注意点、生活保護受給者がよく疑問に思うことなどを詳しく解説しています。事前に理解しておくと将来の見通しが立てやすくなるでしょう。

【もくじ】
生活保護受給者の葬儀はどうなる?
生活保護受給者の納骨の選択肢
生活保護葬に関する気になる疑問
生活保護葬なら小さなお葬式にご相談を
まとめ

生活保護受給者の葬儀はどうなる?

葬祭扶助という言葉を耳にしたことがある人は少ないかもしれません。生活保護法の中にある介護福祉制度で、厚生労働省が管轄しています。

生活保護受給者の生活自立を支援するだけではなく、死亡した場合も人としての尊厳を保障するのが生活保護法です。ここでは故人の尊厳を保障する制度である葬祭扶助が、どのような支給基準か、申請する条件は何か、その申請はどのように行うのかなどを詳しく解説します。

参考:厚生労働省 生活保護法

葬祭扶助が支給される

生活保護法は、8種類の保護をベースに運用されています。衣食住や教育、医療と並び、葬儀も保障されています。葬祭費用を「定められた範囲内で実費を支給」してくれるのが葬祭扶助です。

扶助は次の範囲内で行われます。検案・死体の運搬・火葬または埋葬・骨壺や位牌など納骨その他葬祭のために必要なものの4点が葬祭扶助でカバーされる内容です。

扶助の方法は、基本は現金支給で葬儀を行う者に対して支払われます。自治体や生活保護受給者によって変動がありますが、支給額は実費で上限額20万6,000円以内です。骨壺に骨を入れるところまでが扶助内容になっています。

以上の点から、葬式や告別式、骨を納める墓などは対象外になっているので、葬祭扶助を受ける際には注意が必要です。

参考:電子政府の総合窓口 e-Gov 生活保護法 第18条

葬祭扶助を受給する条件

葬祭扶助の対象となるのは、故人本人や葬儀を行うべき遺族が生活保護受給者もしくは相応する生活困窮者で、葬儀を行う余裕のない人です。

たとえば生活保護受給者であっても、葬儀ができる資産を有している場合は、葬祭扶助を受給する資格はないことになります。故人本人に最低限の葬儀を行える貯金がある場合や、遺族に葬儀費を支払える人がいる場合は受給資格がありません

故人に葬儀を行える遺族がおらず貯金もない場合は、親族以外の第三者が受給対象になります。多くの場合は、賃貸住宅の大家か入居施設の代表者、入院していた病院の院長、知人、民生委員、近隣住民などで故人の葬儀を確実に行える人です。この時の葬儀は、福祉葬・民生葬・生活保護葬と呼ばれます。

葬祭扶助の申請方法

葬祭扶助を申請できる人は原則葬儀を行う人で、故人が居住する自治体の福祉事務所に申し込みます。今後を見据えて、本人が生前に申請しておくことも可能です。

申請をすると福祉事務所からケースワーカーが派遣され、親族で葬祭費を出せる人がいないか、十分な貯蓄がないかを審査して葬祭扶助が適切かどうかの判断をします。許可が下りなければ扶助を受けることができません。

葬儀費用を先に支払うと扶助を受ける資格がなくなってしまうので、申請のタイミングには注意しましょう。費用が事前に支払えるということは、葬儀を行う経済的余裕があると判断されるためです。申請はすべての支払いの前に行い、許可が下りてから故人の葬儀・火葬を始めるようにしましょう。

あわせて読みたい 葬祭扶助とは?受けられる条件と支給金額、申請方法を詳しく解説 葬祭扶助制度とは、生活保護を受けているなど経済的に困窮している人に対し、葬儀の費用を自治体が支給するものです。遺族が生活保護を... 続きを見る

生活保護受給者の納骨の選択肢

前述したように、葬祭扶助は骨壺に骨を入れるところまでが対象です。その後はどうするべきかを別途考えなければなりません。葬祭扶助を受けるということは、その後の納骨にもあまりお金はかけられないでしょう。このような状況では選択肢に限りがありますが、多くの場合は以下の5つの方法から選びます

納骨堂

納骨堂とは、個人単位で骨壺を安置できる建造物です。核家族化でお墓の継承が難しくなってきたこと、お墓より安価なこと、建物が街中にあるのでお参りがしやすいことなどで人気が高まってきています。

寺院の納骨堂や自治体運営の公営納骨堂、法人が運営する民営納骨堂などがあります。お墓を作る費用は100万円台と高額で、生活保護受給者には金銭的に余裕がなく現実的ではありません。数万円で入れる納骨堂のほうが利用しやすいのですが、その分倍率が高く抽選で落ちてしまう可能性があることも考慮しておきましょう。

遺族が手元で保管

遺族が自宅で遺骨を保管することに納得したなら、自宅に置いておくことも可能です。法律では納骨の期限が定められていないので、家の仏壇などに遺骨を置くことは違法になりません。しかし、自宅の庭や裏山などに埋めてしまうと死体遺棄罪に該当するので注意しましょう。

最終的に遺骨の管理者がいなくなったら遺骨は納骨するか散骨するか、お墓を立てる余裕があればお墓を立てるかなど、将来的な行き先を考えておかなければなりません。自宅で保管している間に、今後の管理を家族または関係者で相談する必要があります。

あわせて読みたい 墓離れが進む現代に合った「手元供養」について詳しく解説 亡くなった方を供養する方法といえば、お墓や納骨堂など、遺骨を保管してある場所に出向いて手を合わせる方法が一般的です。しかし、お墓が遠方... 続きを見る

散骨

散骨は、遺骨を粉状に砕いて山や海に撒く自然葬のひとつです。自然葬を取り扱う業者が増え、近年では散骨を希望する人も増えてきました。

しかし比較的新しい方法なので、法整備が追いついていないのが現状です。「墓地、埋葬等に関する法律」に規定されていないので、「国民の意識、宗教的感情」を考慮し「相当の節度をもって行われ」るならば、散骨が可能であると国は見解を述べています。

今後状況によって散骨に関する法律が更新される可能性もあるため、まずは自治体に問い合わせるとよいでしょう。

参考:東京都福祉保健局 散骨に関する留意事項

あわせて読みたい 散骨を検討されている方へ 海への散骨・山への散骨を詳しく解説 ご遺骨の供養方法として、散骨があります。散骨は、新しくお墓を購入する費用がかからず、またお墓を管理する必要がないため、最近では選ぶ方が... 続きを見る

永代供養

お墓を引き継ぐ人がいないときや、子どもや孫にお墓の管理や費用の負担をかけさせたくないときなどに、永代供養を希望する人がいます。

寺院や霊園の管理者が、供養と清掃管理を一手に引き受けるサービスです。ひとりひとりお墓がある場合と合祀する場合があります。合祀とは、一般に33回忌の供養が終わったあとで遺骨をまとめてひとつのお墓に入れることです。

管理費が安いのは最初から合祀をする選択です。各寺院、霊園によって規定が異なるのでそれぞれの施設に前もって確認しておきましょう。

あわせて読みたい 永代供養とは?そのメリット・デメリットを詳しく解説 永代供養とは、寺院や霊園が遺骨を預かり、供養や管理を行ってくれる供養方法のことです。 近年では、供養に対する意識の希薄化や... 続きを見る

引き取り手がいない場合は?

生活保護受給者を含む身寄りのない故人で遺骨を受け取る人がいなかったり、遺族が遺骨の引き取りを拒否したりした場合は、最終的に無縁塚に埋葬されます。

引き取り手のいない遺骨はおよそ5年間、自治体の管理のもとひとつひとつ丁寧に保管され、その後他の遺骨と一緒に無縁塚へ合葬されて納骨が完了します。無縁塚に埋葬されてから遺骨の引き取りに行っても、対応はしてもらえないので注意しましょう。

生活保護葬に関する気になる疑問

葬祭扶助の許可が下りて法律で定められたとおりに段取りを進めていくと、細かな疑問が出てくるでしょう。生活保護法の葬祭扶助内容は詳しく明記されておらず、戸惑う方も多いかもしれません。

ここでは、よくある疑問や質問に答えます。葬祭扶助の目的が分かれば、理由が理解しやすいしょう。

直葬以外の葬儀を行うことはできる?

直葬とは、病院や施設などの死亡が確認された場所で遺体を安置してから直接火葬場へ向かい、葬式や告別式を行わず火葬をすることです。火葬は葬儀の一種なので、親族など近しい人が参列することができます。

葬祭扶助は火葬のみの支給なので、読経を行う僧侶を呼んだり、告別式やそれに相当する会を開いたりすることはできません。そもそも通夜や葬式、告別式を行う資金がある場合は葬祭扶助の許可が下りない可能性があります。

香典はいただいてもいいの?

生活保護受給者は義務として、働いて得た収入をすべて申告し自治体に生活状況を報告しなければなりません。

しかし、香典など冠婚葬祭で得たお金や入学祝い金、国からの臨時給付金などは、収入としてみなされず申告をしなくてもよいことになっています。納骨する際に発生する費用に充てたり、故人の家族のために使用したりしても問題ありません。

補足として、生活保護受給者は生活保護費から香典を出すことはできないきまりになっています。

あわせて読みたい 生活保護の葬儀で香典は受け取れる?葬祭扶助のお金のルールについて詳しく解説 金銭的に余裕がない遺族や親族は、葬祭扶助によって葬儀費用に充てることができます。制度にはいくつかの規定がありますが、「参列者から香典を受け取ってもよいのかわからない」という… 続きを見る

お墓は建てられる?

一般的にお墓を建てるには一基100万円以上かかるので、生活保護受給者には負担が大きく現実的ではありません。しかも貯金額が多いと葬祭扶助を受けられない可能性が高いので、個人で新たにお墓建てることは難しいでしょう。

ただし希望すれば一族の墓への埋葬は可能です。前述のように散骨などの自然葬や永代供養の合祀などの費用はお墓を建てるよりも安く、多くの生活保護受給者が利用しています。

永代供養にメリットはある?

お墓の管理を親族ではない第三者に頼めれば、身寄りのない人や親族が管理できない状況にある人は助かります。そのような場合に多く利用されているのが永代供養です。

永代供養は個別の墓石の場合と合祀の場合があります。どちらも最初に数万円支払えば長く供養をしてもらえるのがメリットといえるでしょう。

永代供養は希望者が多いため抽選になることもあります。興味があれば生前から福祉事務所の担当ケースワーカーと永代供養について相談しておきましょう。

生活保護葬なら小さなお葬式にご相談を

生活保護受給者は専門の葬儀業者に葬儀を頼むことができるのか、疑問に思う方もいるかもしれません。生活保護葬でも葬儀業者に頼むことで、手際よく段取りをしてもらえて滞りなく葬儀が行えます。

さまざまな地域の業者がサービスを提供していますが、全国展開している「小さなお葬式」の安心サービスをご紹介します。

「小さなお葬式」とは

「小さなお葬式」は、ユニークな葬儀方法を提案する葬儀の専門会社です。葬儀料金を明確化し余分な費用を抑えるシステムを確立しているため、費用の面でも安心できるでしょう。加えて、心温まるサービスを提供しているので利用者の評判が高く利用満足度は95%以上を誇ります。

低価格のセットプランを5つ用意しており、料金と規模が分かりやすくなっています。最低価格は119,000円から、葬儀内容は搬送・安置・火葬のシンプルな内容から選択可能です。最小限のプランでもお別れ用花束が用意されるため、故人への思いを伝えられるでしょう。

全国での多数の実績と経験で、小規模の家族葬を中心にきめ細やかな対応をするのが「小さなお葬式」です。

小さなお葬式

自己負担0円で葬儀があげられる

「小さなお葬式」でも生活保護葬の相談・受付をしています。生活保護受給者の方は葬祭扶助適用の決定後に「小さなお葬式」へ連絡しましょう。給付金額内で適切な直葬の手配を迅速に行うことができます

逝去日当日の故人の出迎え、ご遺体の安置手配、火葬場の手配、翌日の納棺、火葬、福祉事務所からの葬儀代請求まで一手に引き受けています。詳細は自治体ごとに異なりますがその地域の葬儀方法に精通したスタッフが段取りをするので、遺族は火葬までの間に故人との最後のひと時をゆっくり過ごせるでしょう。生活保護葬の疑問や不安は、一緒に解決していくので安心して任せられます。

参考:小さなお葬式:生活保護受給者の方へ

まとめ

生活保護を受けていても、最期を迎える時は人としての尊厳が保障されています。最低限の保障ですが安価な自然葬や永代供養など、方法を選べば供養も可能です。

小さなお葬式」は、家族葬を中心に心温まるシンプルな葬儀を提供しており、故人や遺族に寄りそった柔軟な対応が可能です。また、葬祭のプロフェッショナルがそろっているので安心して葬儀が行えます。葬儀についてお悩みの方は、「小さなお葬式」までご相談ください。

葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。


最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事