高くなってしまう葬儀費用を安くさせるコツと詳しい内訳を解説
葬儀の準備

作成日:2021年01月20日  更新日:2021年01月20日

高くなってしまう葬儀費用を安くさせるコツと詳しい内訳を解説

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

「葬儀の費用相場が分からない」「葬儀費用が高すぎて困っている」と考えている方も多いのではないでしょうか?

葬儀を行う上で一番の心配事が費用です。実際に身内に不幸がない限り、頻繁に遭遇する出来事ではないため、戸惑う人も多いです。

結論を言うと、葬儀費用の平均195万円です。しかし、これは地域や葬儀社によって異なるため、より詳しく解説していきます。ぜひ最後まで参考にしてみてください。

【もくじ】
一般的な葬儀費用は195万円と高額
一般的な葬儀費用の内訳
他の葬儀形式でかかる費用
日本以外の葬儀費用は安い
葬儀費用が高くなってしまう原因
葬儀費用を安くする方法
「喪主が必ず読む本」無料プレゼント中
まとめ

一般的な葬儀費用は195万円と高額

一般的な葬儀の平均費用は195万円です。しかしこれは先ほど述べたようにあくまで平均ですので、地域や宗派によっても異なります。

例えば、北海道の平均は154万円なのに対し、愛知や静岡などは245万円と差は大きいです。

195万円と聞くと、やはり葬儀費用は高いと感じる人が多いかもしれませんがあくまで平均ですので、参考程度にしておくことをおすすめします。

また、葬式のプランやオプションの有無などによって、葬儀費用を大きく節約することもできます。

あわせて読みたい 葬儀費用の平均は195万円!形式ごとの費用平均や安く抑える方法を解説 「葬儀費用の平均を知りたい」「費用の内訳が分からない」「費用を安く抑える方法を知りたい」とお困りではありませんか。葬儀費用の全国平均は… 続きを見る

一般的な葬儀費用の内訳

一般的な葬儀費用の平均は195万円ですが、その内訳については知らない人も多いかと思います。どんな内容にいくら費用がかかるのか、細かな内訳を知っていることで、よりスムーズにトラブルなく式を進められるので意識しておくと良いです。費用の内訳は大きく3つに分けられます。

ここでは葬儀費用の内訳を解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

1. 葬儀で用意する一式の費用

一式の費用とはその時の通りに、葬儀全てにかかる費用のことです。例えば遺体の搬送から、告別式通夜火葬などです。他にもそのときどきに必要な品物や返礼品なども含まれる場合が多いです。

葬儀の一般的なプランの金額は、ほとんどがこの一式にかかる値段のことを指しています。また、この費用の平均額は121万円ほどです。こちらも平均額なので参考程度にしておいてください。

あわせて読みたい 葬儀にかかる費用平均121万円!今すぐ用意できますか? お葬式を執り行うことになった場合、一体いくら必要になるのでしょうか?日本消費者協会の調査では、葬儀にかかる費用の平均は121万円との結果がでています。もし急に葬儀を行うことになったら、121万円をすぐに用意… 続きを見る

2. 食事などの接待費用

食料や料理などの接待費用も内訳に入ります。葬式での料理は、通夜振る舞い精進落としなどが当てはまります。

葬式に参列してくれた人を別の部屋に案内し、もてなすことを通夜振る舞い初七日法要が終わった後に感謝の意味を込めて食事することを精進落としと言います。

通夜振る舞いは故人と過ごす最後の食事会という意味があり、通夜の後に行われるのが一般的です。ドリンク代や人件費も含まれ、料理の内容や用意する品数によって金額も大きく変わってきます。接待費用の全国平均は31万円です。

3. 寺院に対するお布施などの費用

お坊さんの読経や戒名に対するお礼として、お布施を渡すことが一般的です。この金額の全国平均は47万円ですが、こちらも地域やお寺、何人お坊さんを呼ぶのかによって大きく変わってきます。

戒名とは、人が亡くなった後につけてもらう新しい名前のことで、戒名のみの相場は2万円~100万円と幅広く、お寺によって異なります。詳しい金額などはお寺や葬儀社に聞いて相談するのが良いでしょう。

あわせて読みたい お布施はいくら包む?葬儀や法事で僧侶に渡すお布施の金額相場について詳しく解説 お勤めいただいた僧侶にお布施をいくら包むとよいのか、迷うことはありませんか。お布施の金額は明確に決まっておらず、勇気を出して直接聞くと、「お気持ちで」と返答された… 続きを見る

他の葬儀形式でかかる費用

葬儀にかかる費用は、葬儀社や地域、参列者をどれくらい呼ぶかなどによって大きく左右されます。ここでは葬儀の形式によって変わる金額についてより詳しく解説します。

それぞれの葬儀形式について、費用の相場を知ることでよりスムーズに相談でき、見積額の参考にもなるため、ぜひ最後までご確認ください。

1. 家族葬:80万円~150万円

家族葬とは、身内や特に親しい親戚のみで行う葬儀のことです。一般的な葬儀と比べて人数も大幅に少ないため、経費を削減したい場合や、大勢の人に来て欲しくない場合におすすめです。

また、家族葬には、身内以外は呼んではいけないなどの決まった定義はないため自由に葬儀を行える点もメリットです。葬儀の工程を飛ばしたり祭壇を自由に飾りつけたりできます。金額も抑えることもできるため、小さい葬儀が良い人には特におすすめです。

あわせて読みたい 家族葬とは?選ばれている理由や費用、参列基準やマナーについて詳しく解説 家族や親族、親しい友人・知人で小規模に行う葬儀形式のことを家族葬(かぞくそう)と呼び、最近では家族葬を選ぶ方が増えています。この記事では、家族葬について… 続きを見る

2. 一日葬:60万円~140万円

一日葬とはその名の通り、一日で葬儀と告別式のみを行うことを言います。家族葬のように身内や親しい親戚のみで行う場合が多いです。

他にも告別式から火葬までの流れを一日で行うため、参列者が最後まで残りやすいのもメリットです。

宿泊費もかからないため、費用を大きく抑えたいという方、親しい方のみで行いたいという方には一日葬がおすすめと言えます。しかし、もてなしの費用などによっては一般的な葬儀と金額が変わらないため、人数確認などはしておくべきです。

あわせて読みたい 一日葬の費用はいくら?相場や内訳を徹底解説! 最近では従来の一般葬以外にも、さまざまな形態の葬儀がみられるようになりました。一日葬はお通夜を行わないことでスケジュールを短縮し、一日で全日程を終了する葬儀形態です。費用の負担を軽減できるのも特徴ですが… 続きを見る

3. 火葬式:20万円~40万円

できるだけ費用を抑えたいという人は、火葬のみのプランがおすすめです。しかし、火葬のみの注意点としては、火葬場へ支払う費用以外にも費用はかかってくるということです。

例えば、ご遺体を火葬場へ運んだり納棺したり、安置したりといくつか工程があります。他にも別途備品や人件費なども含まれます。よって費用の平均額は、地域や葬儀社によって異なりますが、20万円~40万円かかります。

あわせて読みたい 直葬を行う前に知っておきたいこと 「直葬」とは、通夜式や告別式などの儀式を省き、ごく親しい方数名で火葬のみを行う葬儀のことを指します。呼び方は違いますが「火葬式」も同じです。従来の「お葬式」の形式にこだわらない人が増えた事が大きな理由と考えられます… 続きを見る

日本以外の葬儀費用は安い

日本の一般的な葬儀の平均費用は195万円と高いですが、日本以外の葬儀費用は安いです。
海外ではウェブ上に葬儀のプランや金額の詳細を公開していない葬儀会社も多いため、詳しく知らない人も少なくないかと思います。
ここでは日本以外の葬儀費用について簡単に解説するので参考にしてみてください。

1. アメリカでは平均44万円

アメリカの映画などでは、遺体を納棺し、そのまま埋葬する土葬のイメージが強いですが、近年では日本のように火葬するケースが半分以上を占めています。

アメリカの火葬は日本とあまり変わらないですが、一般的な火葬のみの費用は日本円で約11万円です。

この金額はあくまで参考程度ですが、葬儀社や追加サービスなどによっては100万円ほどする場合もあります。しかし日本と比べるとやはりアメリカの火葬は安いと言えます。

2. イギリスでは12万円

イギリスでも土葬のイメージは強いですが、7割近くが火葬です。理由としては土葬の衛生問題や土地不足が挙げられます。他にもイギリスの火葬は、地方公共団体の経営であることがほとんどです。

また、喪服がないのも特徴的です。日本では黒のスーツが基本とされていますが、イギリスでは色や服装の規定がありません。

そのため、故人が好きだった色の服や、派手なワンピースで参列する人も多いです。

あわせて読みたい 日本の葬儀は世界一高い?その理由と費用を低減する方法を解説! 「葬儀の費用は高い」と思ったことはありませんか。また葬儀は通夜と告別式があり、故人に縁のある多くの参列者がいて、終了後には料理がふるまわれるものだと思うことも… 続きを見る

葬儀費用が高くなってしまう原因

葬儀費用が高くなってしまうにはいくつか原因があります。葬儀社に勧められたままに実行したり、お坊さんをたくさん呼びすぎたりすると自然と費用は高くなっていきます。

ここでは葬儀費用が高い原因を解説していますので、ぜひ見比べてみてください。原因を知ることで、これからの葬儀費用を抑えることができます。

1. 勧められたままに葬儀を実行している

日本人の8割以上が病院で亡くなる場合が多いです。よって病院で死亡が確認された後に、病院が勧めた葬儀社でそのまま葬儀を行う人も多いです。

病院から勧められると、信頼性も高いためそのまま手続きする人がほとんどですが、この場合だと葬儀費用に紹介料が上乗せされます。

自分たちで調べ、相談して決めていれば本来払わなくて済む費用です。そのため、そのまま契約するのではなく、一度考えるようにすべきです。

2. お坊さんを大勢呼んでしまう

葬儀で支払う費用の多くはお寺やお坊さんに支払う場合も多いです。お坊さんを呼ぶには一人当たり10万円~30万円かかってきます。

呼ぶお坊さんの数やランクによってはそれ以上の額にもなるため、しっかりと事前に相談や打ち合わせをすることをおすすめします。費用が高くなっている人は、お坊さんの人数や一人当たりの金額をもう一度見直すことをおすすめします。

3. 葬儀プランの確認を曖昧にしている

葬儀プランによって金額は様々です。葬儀費用が高くなってしまっている人は、プランに誤りがないかもう一度見直してみましょう。

例えば、必要ない工程が入っていたり要らないオプションがついていたりと間違いがないか確認することをおすすめします。

葬儀は頻繁に行うことではないため、このオプションもあったほうが良いかなと葬儀社に言われるままに申し込んでしまうと高額になる可能性も高いです。頻繁に遺族で打ち合わせをすると良いでしょう。

葬儀費用を安くする方法

葬儀は頻繁に行う行事ではないため、わからなく不安なことも多いかと思います。わからないことが多いと葬儀社から言われるままにプランやオプションを申し込んでしまい、結果高額になってしまいます。

葬儀費用を安く抑えるためには、安い葬儀プランにしたり給付金の申請などをしたりすることがおすすめです。

1. 安い葬儀プランを選択する

葬儀のプランそのものを安いものにすると大幅に費用を抑えられます。葬儀が初めての際は、特に良いものを選んだ方が良いのではと考えてしまいがちですが、申し込む前に本当にそのプランで良いのかを確認するようにすべきです。

他にも少人数で行う家族葬や一日で終了する一日葬、火葬だけのプランなど簡素化されたものを選ぶのもおすすめです。安く抑えたい場合はプランを見直すようにすると節約できます。

2. 給付金を受け取る申請をする

葬儀が終わった後に、保険や組合の手続きをすることで葬祭費用の給付金を受け取れる場合があります。

例として、故人が国民保険に加入している場合だと3万円~5万円、東京の場合は7万円を受け取れます。

この金額を受け取るためには事前に申請しておく必要があるため注意すべきです。他にも葬儀保険補助金もあるため、より費用を抑えたい人は参考にしてみてください。

参考:小さなお葬式の葬儀保険「Any」

3. 遺産相続から費用を支払う

相続人であれば、相続財産から葬儀の費用を払うことも可能です。葬儀費用は安くないため、貯蓄では払いきれず負担が大きくなる人も多いです。

そのため、今は相続財産から支払う人も少なくないです。また、相続財産から葬儀費用を支払った場合だと、支払った分を差し引いて相続税の計算ができるため、相続税の対策にもつながります。相続税の申告をする際は、死亡の翌日から手続き可能となっております。

あわせて読みたい 葬儀費用で相続税から控除できる費用とできない費用とは? 相続税への対処に頭を抱えている遺族の方もいるのではないでしょうか。あまりにも高額な場合、相続そのものを断念しないといけない事態も考えられます。相続税を少しでも抑えるために、控除の対象である葬儀費用を… 続きを見る

「喪主が必ず読む本」無料プレゼント中

「小さなお葬式」では、無料の資料をご請求いただいた方全員に「喪主が必ず読む本」をプレゼントいたします。

病院から危篤の連絡がきたときの対応方法や、親族が亡くなったときにやるべきこと、葬儀でのあいさつ文例など 、喪主を務めるのが初めてという方にも役立つ 情報が満載です。

いざというときの事前準備にぜひご活用ください。


喪主が必ず読む本

まとめ

突然の不幸によって訪れる葬儀で、どのようにしたらいいかわからず不安になる人も多いです。また費用に関しても内訳はこれで良いのか悩む人も少なくないです。

日本の葬儀費用は高いですが、プランの見直しやオプションの有無、給付金などによって抑えることもできます。

トラブルにつながらないためにもしっかりと事前に確認して、葬儀社と打ち合わせすることをおすすめします。他にも葬儀のことで不安な点がある方は、小さなお葬式までぜひお問い合わせください。

葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。


最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事