孤独死の葬儀はどうなる?発見から葬儀までの流れや費用について
終活

作成日:2015年03月02日  更新日:2021年04月27日

孤独死の葬儀はどうなる?発見から葬儀までの流れや費用について

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

by:Keisuke Mutoh

誰にも気づかれずに一人で亡くなることを、孤独死(こどくし)といいます。独身である程度年齢を重ねた方や、身寄りがない方にとって不安に思うのが、孤独死についてではないでしょうか。

ニュースや新聞などで、しばしば高齢者の孤独死について話題にあがることがあります。人が亡くなると、その遺族が葬儀などを行いますが、身内がいない場合は誰がどのように葬儀をし、遺骨はどうなるのでしょうか。

そういった不安を解消するためにも、孤独死の場合の葬儀や遺骨の取り扱い、今からできることについてご紹介します。

【もくじ】
孤独死の発見から遺族の引き取り・帰郷までの流れ
孤独死で引き取りがいない場合の遺骨の行方は?
孤独死の葬儀費用負担は誰?
孤独死を避けるために今からできること
まとめ

孤独死の発見から遺族の引き取り・帰郷までの流れ

一人暮らしの高齢者の数が年々増加しているとともに、孤独死の件数も増えています。孤独死に際して、ご遺族の方はどのような対応をする必要があるのでしょうか。

ここでは、孤独死が発見されてからどのように遺族へと連絡が回るのか、また、遺族が遺体を引き取ってからどのように火葬されて帰郷するのかについて解説します。

孤独死を発見したら救急車か警察に連絡

亡くなった方の遺体が腐敗する匂いや家族の訪問などがきっかけに、孤独死が発見されます。孤独死を発見した際には、亡くなっているかどうか明確に判断できない場合は、すぐに救急車(119番)を呼びましょう

駆け付けた救急隊員が生死を確認して、まだ生存の可能性がある場合は病院へと搬送されますが、事件性が疑われる場合などは、警察へと通報されます。警察が到着するまでは現場のものをむやみに触らないようにし、到着後は警察の指示に従いましょう。

もしも明らかに亡くなっていると判断できる場合は、救急車ではなく、そのまま警察に連絡します。警察が到着後、死亡理由や死亡時間の推定などの現場検証が行われる流れです。

身元がわかれば警察から遺族へ連絡

現場検証によって身元が判明すると、警察はすぐに死体検案書とともに、遺体を遺族に引き渡すように手配します。亡くなった方の公的書類や契約書を参照して遺族関係を調査し、親子・兄弟・親戚と血縁関係が近い順に連絡されることになるようです。発見者が大家さんの場合は、大家さんが直接、家族や保証人に連絡することもあるでしょう。

また、現場検証で身元が判明しなかった場合は、DNA鑑定などの検死を行うために、遺体は専用の保管庫へと移動されますが、保管料には一泊で2,000円程度かかり、これはされること後日遺族へ請求されます。実際のところ、孤独死では身元が判明しても遺族が見つからないケースが多く見受けられるようです。

遺体を引き取り火葬し帰郷する

遺族が見つかると、警察から詳しい状況説明を受けて、家宅捜査で一時没収されていた貴重品や住居のカギなどを受け取ります。それと同時に遺体の引取りや遺品整理なども要求されるようです。

遺体を保管している葬儀社で遺体を引き取ったら、現地でそのまますぐに火葬するのが一般的です。住民登録している自治体の方が火葬費用が安くなります。ほかの地域に搬入するためには霊柩車を手配する必要もあるので、住民登録している場所以外での火葬はあまりおすすめできません。

このような事情により、遺体は引き取った現地で火葬されることが多く、お骨の状態で帰郷されます。

孤独死で引き取りがいない場合の遺骨の行方は?

親族がいる場合の孤独死では、遺骨は親族に返還されます。その後、葬儀・納骨を行う流れになります。 親族がいても、全く縁がないという理由で遺骨の引き取りを断られることもあります。引き取りを断られた場合や親族がいない場合、遺骨と遺品は自治体が管理することになります。

しかし、ずっと管理をしているわけにもいかないため、一定の保管期間が設けられています。各自治体によってもこの期間は異なりますが、5年程度であることが多いようです。この期間が過ぎると、遺骨は無縁塚(むえんづか)に埋葬されます。

無縁塚には、身寄りのない人の遺骨がまとめて埋葬されているため、後から取り出すことができません。個別に墓を作って埋葬されるということはありませんが、無縁塚といえども埋葬自体はきちんと行われます。

孤独死の葬儀費用負担は誰?

孤独死でなくなった場合の葬儀にかかる費用も気になるところでしょう。ここでは、ご遺族がいる場合とご遺族がいない場合とで、誰が葬儀費用を負担するのか順番に解説します。また、一般葬と家族葬でかかる費用の相場もあわせて紹介しますので、ご参考になさってみてください。

遺族がいる場合

ご遺族がいる場合は、一般的な葬儀と変わらず喪主を務めるご親族が葬儀費用を負担することが多くなります。2017年に日本消費者協会によって行われた調査では、一般的な葬儀全体にかかる費用は、全国平均で195万円という結果です。

また、一般葬に比べて費用を抑えることができる家族葬は、平均で130万円前後となっています。ただし、葬儀費用には香典があてられることもあるので、一般葬であっても、いただく香典の額によっては費用の負担がある程度軽減されるでしょう。

遺族がいない場合

ご遺族がいない場合は、亡くなった方の身元が判明していると、葬祭扶助という給付金を自治体から受け取れることがあります。

葬祭扶助とは、経済的に困窮している人に対して、最低限の葬儀を行える費用を支給する制度です。読経などを省いた火葬のみの直葬が行われるのが一般的で、支給金額は20万円前後が目安となっていますが、故人に遺産がある場合はそこから引かれることになります。

葬祭扶助が受けられる条件としては、亡くなった方が生活保護を受けているなど経済的に困窮している場合か、あるいは扶養義務者がおらず、遺族以外の人が葬儀を手配する場合です。いずれかの条件を満たしていると、喪主あるいは葬儀社が自治体に事前申請することによって、葬祭扶助が受け取れます。

あわせて読みたい 葬祭扶助とは?受けられる条件と支給金額、申請方法を詳しく解説 葬祭扶助制度とは、生活保護を受けているなど経済的に困窮している人に対し、葬儀の費用を自治体が支給するものです。遺族が生活保護を... 続きを見る

孤独死を避けるために今からできること

孤独死はできることなら避けたいものですが、何かあった時のために今からしておけることがあります。

周囲の人とコミュニケーションをとる

一人暮らしをしている高齢者は女性のほうが多いですが、孤独死の割合は男性のほうが多いと言われています。これには、周囲の人とのコミュニケーションが大きく関わっています。

男性は退職後、ひとりで活動しがちになり、何か異変があっても気付いてもらえないことが多いです。一方で、女性にはコミュニケーション力が高い方が多く、何かあった時気づいてもらえる可能性が高いです。孤独死を防ぐためには、周囲の人とのコミュニケーションが重要なのです。

訪問系のサービスを利用する

訪問介護や日用品などの宅配サービス、宅食サービスなど、自宅まで来てくれるサービスを利用し、サービススタッフと日常的に関わりを持つことで、何かあった時の一助となります。

相続の事前相談・準備をしておく

相続に関することは事前に相談や準備をしておくことが大切です。小さなお葬式では「相続の窓ぐち」という専用ダイヤルを用意しています。ご相談者様の状況に合わせて、スタッフが相続手続きのアドバイスを行います。不動産や預貯金の名義変更、相続税の申告、不動産売却など何でもご相談ください。お得なセットプランで提携の司法書士などをご紹介することも可能です。


小さなお葬式の相続の窓ぐちサービスです。

葬儀の事前相談・準備をしておく

あらかじめ葬儀の内容や依頼先を決めておくことで、万が一の時の備えになります。葬儀の段取りや進行、その後の納骨までを、すべて任せられる葬儀の生前契約もあります。生前契約とは、元気なうちに葬儀を契約しておくことで、他者に負担をかけたくない場合や、最期はご自身が望むようにしたい場合などに向いています。

「小さなお葬式」では、葬儀に呼ぶ人が少ないという方に適した、直葬のプランをご用意しています。 直葬とは、通夜式や告別式などの儀式を省き、火葬のみを行うの形式の葬儀です。

火葬のみのセットプランについて、詳しくは下記のページをご覧ください。
小さなお葬式の火葬式

また、とにかく費用を抑えたい方、無宗教のためお坊さんをお呼びする予定がない方には、仏具などを省いた「小さなお別れ葬」プランもございます。

費用を最低限に抑えたセットプランについて、詳しくは下記のページをご覧ください。
小さなお葬式のお別れ葬

ご自身の葬儀の希望は、エンディングノートに書き込んでおくことをお勧めします。「小さなお葬式」では、以下の記事から資料請求いただくと、パンフレットと共にエンディングノートを無料でお届けしています。葬儀の流れや費用を分かりやすくまとめたパンフレットは、終活にもご活用いただけます。

あわせて読みたい エンディングノートの書き方まとめ【無料プレゼントもあります】 エンディングノートとは、ご自身の終末期や死後に、家族が様々な判断や手続きを進める際に必要な情報を残すためのノートです。エンディングノートは終活ノートとも… 続きを見る

生活保護を受給されている方へ

生活保護を受けられていて、葬儀費用の支払いが困難という方は、「葬祭扶助制度(そうさいふじょせいど)」によって自己負担0円で葬儀を行うことができます

まずは「小さなお葬式」まで、お電話にてご相談ください。必要となるすべてのことをサポートさせていただきます。

葬祭扶助制度を利用した葬儀についての記事がありますので、参考にしてください。

あわせて読みたい 生活保護受給者の葬儀について詳しく解説 生活保護を受給する方の葬儀を行うことになった場合、葬儀費用のことでご不安はありませんか?そういった方の葬儀を支援するために葬祭扶助制度(そうさいふじょせいど)と... 続きを見る

まとめ

高齢者の孤独死は、現代の社会問題として広く認知されており、決して他人事ではありません。孤独死の際にはどのような流れで葬儀が行われるのか、ご遺族はどうなるのかといったことをしっかりと把握しておき、孤独死を避けるためにできることからはじめていきましょう。

小さなお葬式」では、葬儀全般に関する疑問やご相談を随時承っております。また、現在生活保護受けている高齢者の方は、葬祭扶助制度によって自己負担0円で葬儀を行うことも可能です。

葬儀に必要となるすべてのことについて、専門スタッフが全面的にサポートいたしますので、まずは小さなお葬式までお気軽にお問い合わせください。

葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

4.7/5
評価数(23)

最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事