訃報の連絡方法と伝える内容
葬儀の準備

作成日:2014年03月17日  更新日:2020年09月01日

訃報の連絡方法と伝える内容

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

身内が逝去・亡くなった場合、訃報(ふほう)連絡はどのようにすればよいのでしょうか。亡くなった直後に逝去の一報を伝える際は、相手のことを考え、慎重になる必要があります。万が一のときに慌てることがないよう、訃報の知らせ方やその内容などについて、動画をご覧いただきながら分かりやすくご紹介します。

また、ご不幸があった場合は「家族が亡くなったら|あなたが今すぐやらなければならないこと」の記事をご覧ください。

【もくじ】
訃報と葬儀の案内はべつ
訃報の伝え方は?
訃報で伝える内容
シーン別|訃報の文例
動揺しているときは訃報連絡サービス!
まとめ

訃報と葬儀の案内はべつ

訃報(ふほう)とは身近な人が亡くなったことを故人と関係性がある人へ「知らせる」ことを指します。あまり日常的なことではないので、訃報を聞いたことがあっても実際にどのようなことをするのか、どのような案内があるのか詳しくは知らない方も多いでしょう。

また、訃報と葬儀の案内は同時にされることもありますが、本来は別の事柄です。この項目では訃報と葬儀の案内のそれぞれの役割と違いについて解説していきます。

訃報とは何を指すのか

訃報(ふほう)とは誰かが逝去したことを電話やメールなどで知らせることを指します。

訃報は、家族などが亡くなったことのみを取り急ぎ伝えるという役目があります。葬儀の日程が決まっていれば、日時や場所を含めた詳細を伝えることもあるでしょう。訃報を連絡することは「訃報を流す」といい、受け取るときには「訃報が届いた」「訃報に接した」という言い回しで使います。

親戚・友人・仕事関係者などへ親族から知らせが届くことの他、テレビや新聞などで「芸能人・著名人の〇〇さんが亡くなりました」といった情報が流されることも「訃報」です。

訃報と葬儀の案内との違い

訃報と葬儀の案内は異なるものですが、訃報の連絡に葬儀の案内が含まれることも多いため、実際にはそれほど違いません。葬儀の案内は日取りや式場が決まってから出すものなので、親族や親戚など近しい人以外は葬儀の案内で訃報に接することとなるでしょう。

訃報は、死亡が確定した後、なるべく早めに「故人の名前」「享年」「喪主の名前」「連絡先」などを伝えます。葬儀の案内には「故人の名前」「享年」「亡くなった日」「通夜・葬儀の日程と場所」「喪主の名前」「宗派」「連絡先」などの情報が必要です。身内だけで葬儀を行う場合は、その旨もきちんと伝えましょう。

訃報の伝え方は?

親族や友人など近しい人が亡くなったときは、ショックや悲しみから正常な判断が難しく、関係各位への連絡や葬儀の準備など次の行動を起こせないものです。しかし、亡くなった方やその親族などに深く関わる人へ知らせるためにも、訃報はなるべく早く届けることが大切となります。

いざという時に落ち着いて行動できるよう、訃報をどのように伝えるのかあらかじめ知っておきましょう。

参考動画:訃報の連絡の仕方【小さなお葬式 公式】 動画が見られない場合はこちら

訃報の連絡は電話で

訃報連絡は迅速かつ確実に伝える必要があるため、電話が適しています。親族や故人と親しかった友人には、特に伝えやすい連絡手段です。間違いがなく伝わるように気を付けましょう。

また、その時になって慌てないよう、連絡する方のリストを事前に作成しておくことをおすすめします。「すぐに連絡する必要がある人」「通夜・葬儀の日程が決まってから連絡する人」に分けておくとスムーズです。

その他の連絡手段としては、次の方法があります。

手紙

「死亡通知書」として、はがきや手紙などの書面で郵送します。大勢に向けて通知をするのに有用です。死亡通知書についての記事を参考にしてください。

死亡広告

広い交友関係を持っていた方や、社会的に立場が高かった方が亡くなった場合に利用されます。死亡広告についての記事を参考にしてください。

メール

友人や知人に伝える場合に用いられることがあります。まだ正式な方法としては言えず、良く思わない方もいますので、目上の方にメールで知らせるのであれば十分配慮しましょう。また、人によってはメールを見ていないこともありますので、メールで通知をした後、電話でも伝えると確実です。

訃報を連絡する順番

次の優先順位で連絡をとります。

1. 家族など親族
2. 故人の友人、知人、会社関係、学校関係など
3. 遺族の関係者(上に同じ)
4. 隣近所・町内会


親族の場合、おおむね三親等辺りまでの範囲で知らせるようにします。その範囲外であっても、故人と縁が深ければ知らせるほうが良いでしょう。臨終に立ち会えなかった親族や、故人と親しかった方には、相手の気持ちを考え少しでも早く伝えましょう。

隣近所や町内会へは、自宅で葬儀を行う場合など、協力を依頼する必要があれば連絡します。遠方の方へは、移動の時間を考慮して、優先順位に関係なく早めに連絡します。

また、お付き合いのある菩提寺があれば、ご僧侶に連絡をして、葬儀へのお勤めの相談をしておきましょう。

あわせて読みたい 僧侶派遣はネットで頼める?菩提寺がない方に最適な僧侶派遣のメリットと利用方法を詳しく解説 葬式や法事を行う際、一般的には先祖代々お世話になっているお寺である菩提寺のご僧侶に来ていただきますが、そういったお寺がないという方は... 続きを見る

訃報で伝える内容

電話で訃報を伝える場合は、亡くなった事実を手短に伝えることが大切です。つい長電話になってしまうなど、相手側の迷惑にならないように気をつけましょう。

伝える内容は「自身と故人との関係性」「誰がいつ亡くなった」「連絡先」といったことを中心に、簡潔に伝えましょう。葬儀の日程や場所など詳細が決まったら改めて連絡する旨を伝えて、まずは知らせるということに専念します。

訃報連絡だけの場合

親族や故人と縁の深い知り合いなどには、まずは亡くなった事実だけを連絡し、葬儀などについては改めて連絡をします。

こちらまで駆けつけてもらう場合は、相手の移動にかかる時間を確認して、来てもらいたい場所はどこ(病院、安置先、自宅など)なのかを指定します。

葬儀連絡なども含む場合

遠縁の親戚や親族以外など、故人との縁が浅い方であれば、葬儀の日取りが決まったタイミングなどに、亡くなった事実と併せて、通夜・葬儀の連絡を行います。

伝える内容は、「誰がいつ亡くなったのか」「通夜・葬儀の日程と様式」「喪主の名前と間柄」です。喪主の名前と間柄は忘れがちですが、弔電を送る際に間柄が必要になります。

会社関係者や地域関係者へは、代表者に訃報を連絡し、必要な方に伝えてもらいます。

また、家族葬を行う場合はその旨を伝えましょう。知らせておかないと、身内のみで葬儀を行う予定であるにも関わらず、弔問に訪れる方がでてきます。家族葬で行うのであれば、葬儀後にハガキでお知らせするのも良いでしょう。

その場合の、参列者に失礼にならないよう配慮することについての記事がありますので、参考にご覧ください。

あわせて読みたい 身内の不幸があった際はどうすれば? 会社への連絡や必要な手続きについて詳しく解説 身内の不幸があった際には、親族や葬儀の喪主となる人はしなければならないことがたくさんあります。動転してしまいがちですが、必要なこと... 続きを見る

シーン別|訃報の文例

訃報では「訃報を伝えた人と故人の間柄」「故人の名前」「通夜、葬儀の日程と場所」「問い合わせ連絡先」が最低限伝えたい内容です。故人との関係性や、通夜・葬儀を行うかどうかによっても伝える内容は異なってくるでしょう。

どのようなことを伝える必要があるのか、メモして整理しておくことで伝達漏れを防ぎ、落ち着いて短い時間で伝えることができます。

電話で親族に訃報を伝える場合

〇〇の長男の○○です。以前より入院していた父の○○が〇月〇日の早朝に息を引き取りました。遺体は○○に安置しております。通夜は〇〇斎場で、明日〇月〇日〇時から行います。告別式は○月〇日〇時です。〇〇式(宗教形式)で執り行う予定です。何かあれば私の携帯にご連絡ください。電話番号は090-××××-××××です。


電話で友人に訃報を伝える場合

突然のお電話申し訳ありません。〇〇の息子長男の○○です。以前より入院していた父の○○が、〇月〇日の未明に逝去しましたことをご通知申し上げます。生前は大変お世話になりましたこと、心から感謝申し上げます。


・葬儀を行う場合…

通夜は〇〇斎場で、明日〇月〇日〇時から行います。告別式は○月〇日〇時からです
喪主は私○○が務めます。〇〇式(宗教形式)で執り行う予定です。面会などご連絡いただく際には、私の携帯へお願いいたします。電話番号は090-××××-××××です。


・家族葬・密葬の場合…

葬儀は故人の生前の意思により家族だけで行いますので、葬儀へのご参列につきましては失礼ながら辞退させていただきます。


電話で会社に訃報を伝える場合

お世話になっております。営業部○○の息子の○○です。以前より入院していた父が、〇月〇日〇早朝に亡くなりました。通夜は〇〇斎場で、明日〇月〇日〇時から行います。告別式は○月〇日〇時です。お手数をおかけいたしますが、関係者のみなさまにお伝えいただければと思います。

喪主は私〇〇が務めさせていただきます。何かございました際には、私の携帯にご連絡ください。電話番号は090-××××-××××です。

メールで訃報を伝える場合

【訃報】○○逝去のお知らせ

父〇〇がかねてより病気療養中のところ、令和○年○月○日、〇歳にて永眠いたしました。ここに生前のご厚誼を深謝し、謹んで通知申し上げます。

尚、この度の葬儀に関しましては故人ならびに家族の意思によって、家族のみで行うことに致します。葬儀へのご参列、お供え、お花、ご香典は、失礼ながら辞退とさせていただきます。何卒よろしくお願い申し上げます。


動揺しているときは訃報連絡サービス!

遺族は故人を失った悲しい気持ちを背負ったままで、訃報の連絡や葬儀の準備などをこなさなければならず、慌ただしく時間が過ぎていきます。また、生前お世話になった友人・会社関係など全ての関係者を把握するのは難しく、「訃報を知らせることができなかった」という連絡ミスが起きてしまうこともあるでしょう。

そのようなときに遺族をサポートしてくれるのが「enishi(えにし)」のサービスです。どのようなサービス内容になっているのか詳しくご紹介していきます。

「enishi(えにし)」は遺族の味方

enishi(えにし)」はスマートフォンを使って訃報連絡をしたり、供養の気持ちを伝えたりできるサービスです。このサービスではスマートフォン上で訃報文を簡単に作ることができ、生前親交があった人へメールやSNSのLINEを使って訃報を送れます。訃報連絡を担ってきた遺族の心理的・時間的負担を軽減することを目的として開発されました。

また、訃報や葬儀の案内を受け取っても、事情によって葬儀に参列できない場合や弔電の準備も難しいという人もいるでしょう。enishiを利用すれば、故人や遺族に宛ててすぐにメッセージを送ることができ、さらに電子決済で香典(心づけ)を送ることも可能です。

案内を送る側も受け取る側も、時間や場所に制約を受けず、故人と縁があった人が想いを伝えながら繋がることができます。

葬儀の手続きも同時に可能

大切な方が亡くなった後は、訃報・菩提寺への連絡・僧侶の手配・役所の手続き・ご遺体の搬送に関する打合せなど、多くのことを判断していかなければなりません。それらをまとめて依頼できるのが「小さなお葬式」です。

葬儀に参加する人数やご葬儀の内容に合わせて5つのセットプランを用意しているので葬儀費用が分かりやすく、サービスや物品を必要なものだけに絞っていることで低価格を実現しています。

提携式場は日本全国に4,000以上あるため、お住まいの近くで葬儀を行うことができるでしょう。「enishi」はこの「小さなお葬式」の提携サービスです。訃報の作成からお葬式の手続きまで、同時に進めることができます。「小さなお葬式」では、厳しい研修基準をクリアした葬儀専門相談員が、安心・ご満足いただけるサポートをいたします。

まとめ

訃報とは、家族など近しい人が亡くなったことを親族や友人などへ知らせることです。伝える側も受け取る側も、どちらも動揺してしまうことが多いでしょう。

亡くなった方の親族は特に、訃報の案内や葬儀など多くの手続きが必要となる大変な時期でもあります。万が一のときにも慌てずにひとつずつ行動できるように、事前の準備や相談をしておくことが大切です。

葬儀に関する疑問や不安は「小さなお葬式」へご相談ください。ご親族の方の負担を少なくし、どなたにも満足していただけるサービスを目指して、24時間365日専門スタッフがサポートする体制を整えています。


葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

4.4/5
評価数(20)

最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事