香典の相場はいくらくらい?友人・同僚など関係別の金額は?
葬儀マナー[参列者]

作成日:2019年11月26日  更新日:2021年04月20日

香典の相場はいくらくらい?友人・同僚など関係別の金額は?

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

香典をいくら包めばよいか分からず「相場が知りたい」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。相手に失礼のないようにするためにも、香典に包む金額の相場を知っておくことはとても重要です。

そこでこの記事では、相手との関係性別に香典の相場をご紹介します。香典袋に関わるマナーも解説していますので、ぜひ最後までご覧ください。

【もくじ】
香典の相場は故人との関係性によって異なる
香典の相場に関するQ&A
香典の基本マナー
まとめ

香典の相場は故人との関係性によって異なる

香典に包む金額は誰に対しても一律の金額というわけではありません。故人との関係性や年齢によって変動します。多いほうがよいだろうと判断し、相場にそぐわなない金額を包むとかえって遺族の負担になることもあるため、相場はきちんと把握しておきましょう。

ここでは香典に包む金額の相場について詳しくご紹介します。避けたい金額もあわせて確認していきましょう。

関係性 香典の相場
友人・知人 5,000円~1万円
同僚 5,000円~1万円
自分の兄弟や姉妹 3万円~5万円
自分の祖父母 1万円~5万円
親戚のの伯父(叔父)や伯母(叔母) 1万円~3万円
親戚のいとこ 3,000円~1万円

友人・知人の場合の相場

友人・知人が亡くなってしまった場合の相場は、20代では5,000円、30代や40代では5,000円~1万円ほどです。香典の相場は年齢によって異なる場合も多く、どの程度の仲だったかによっても変動します。

親しい友人が亡くなってしまった場合、相場よりも多く包みたいと考える方もいるでしょう。しかし、あまりに大きな金額を香典に包んでしまうと遺族の負担になるケースもあります。相場程度の金額にするのが無難でしょう。

同僚の場合の相場

同僚が亡くなってしまった場合も20代なら5,000円、30代なら5,000円~1万円、40代では1万円程度が相場となっています。「どのぐらい親交があったか」「どのくらいお世話になったか」といった要素も香典に包む金額に影響することを覚えておきましょう。

親族・親戚の場合の相場

親族や親戚が亡くなってしまった場合も相手との関係性や年齢に応じて相場が変動します。お葬式に参列する可能性が高い関係性の方への香典の相場は次のとおりです。

・兄弟や姉妹:3万円~5万円
・祖父母:1万円~5万円
・伯父(叔父)や伯母(叔母):1万円~3万円
・いとこ:3,000円~1万円


親族や親戚の葬儀では学生が参列することも少なくないでしょう。まだ収入のない学生の場合は香典を包まずに式へ参列しても問題ありません。もし香典を用意するのであれば上記の相場を参考に包みましょう。

あわせて読みたい 香典のお札の入れ方は?香典を持参する際の正しい作法について詳しく解説 通夜や葬儀・告別式に参列するときには、故人の霊前に供える金銭として香典(こうでん)を持参します。いざというときに、香典はどのように... 続きを見る

香典の相場に関するQ&A

香典の相場は故人との関係性によって異なるということが分かっていても「このケースの場合はどうなのか」と疑問に思うこともあるでしょう。そこでここでは香典の相場に関してよくある3つの疑問にご回答します。しっかりと把握して、疑問を解消しておきましょう。

自分の親への香典はいくら?それとも不要?

親が亡くなってしまった場合は基本的に香典を包む必要はありませんが、包む場合の相場は3万円~10万円ほどです。親の場合も年齢に応じて金額が変動するということを覚えておきましょう。なお、喪主を務める場合は香典を出す必要はありません

北海道は香典の相場が違うって本当?

北海道では、金額にかかわらずその場で香典返しを行うのが一般的です。そのためほかの都府県と比べて香典の相場が3割~4割ほど低くなります。北海道での式に参列するという方は覚えておきましょう。

北海道では香典を渡すと領収書を発行することになっています。香典袋に金額を記載し忘れると遺族の負担になってしまうことがあるので気をつけましょう。

香典で避けたほうがよい金額は?

一般的に4,000円9,000円といった金額は香典では避けたほうがよいとされています。これは「死」や「苦」といった不吉なことや不幸なことを連想させるとされているためです。香典を包む際にはこのような金額になっていないか確認しておきましょう。

また、一般的に奇数は縁起がよいとされているため偶数を避ける方も少なくありません。2万円を包む場合は1万円札1枚と5千円札2枚に分けることでマナー違反ではないとされることも多いようです。

あわせて読みたい 香典の金額で偶数額や偶数枚数はタブー?気をつけたい金額のマナーや書き方について解説 お葬式に参列する際はさまざまなマナーがあります。特に香典は哀悼の意を込めて遺族に渡すものです。香典にもマナーがあるのだろうかと頭を悩ませている方も… 続きを見る

香典の基本マナー

香典にはさまざまなマナーが存在しており、よかれと思ってやったことでもマナー違反にあたる場合もあります。相手に失礼がないようにするためにも、香典についての基本的なマナーを把握しておきましょう。香典袋の選び方も確認しますのでぜひ参考にしてください。

香典はいつ渡すのか

香典はお通夜やお葬式、告別式のいずれかに持参して受付に渡します。お通夜で香典を渡せなかった場合はお葬式や告別式で渡せば失礼にはあたりません。いずれのケースでもお焼香前に渡すようにしましょう。

なお、お通夜のときに渡した香典に包んだ金額が相場より低かったからといって、お葬式や告別式のときにあらためて香典を渡すのはマナー違反です。「不幸が重なる」ということを連想させるのでお通夜から告別式までの間に香典を渡す回数は1回にしましょう。

香典袋の選び方

香典袋は水引の色が黒白で、結び切りになっているものを選ぶようにしましょう。また黒白に準ずる青白のものを使用しても構いません。包む金額が大きい場合には水引が銀色のものを用いることもあります。また関西地方では一周忌以降の香典に黄白のものを用いる場合があることを覚えておきましょう。

香典袋はコンビニや文房具店、スーパーやドラッグストアなどで購入できます。右上に飾りが施されている「のし袋」と混同してしまう方もいますが、のし袋は祝儀袋のことでありお祝いごとに使用するものですので、香典袋としては使えません。

あわせて読みたい 葬式での袱紗(ふくさ)の色は?ふくさの包み方と渡し方について詳しく解説 葬式や法事などの際、香典やお布施を袱紗(ふくさ)で包んで渡すことがあります。この袱紗には、慶弔用として様々な色や種類がありますが、弔事で... 続きを見る

香典袋の表書きは何を書けばよい?

香典袋の表書きは宗教よって異なります。お通夜やお葬式に持参する場合、仏式では「御霊前」、神式では「御玉串料」、キリスト教では「御花料」などと記載するとよいでしょう。

表書きに「御仏前」と書かれている香典袋は仏式の弔事で使用するものですが、これは一般的に四十九日法要以降の法事で使用するものです。ただし浄土真宗では「亡くなったらすぐに仏様になる」と考えられていることから「御仏前」を使用します。表書きを誤って記載することは失礼にあたりますので、前もって宗派を調べておきましょう。

宗派を事前に調べても分からないときは「御香料」と書いておくのが無難です。「おそらくこの宗教・宗派だろう」と推測で表書きを書いてしまうとマナー違反になってしまうことがあるので、分からないときは「御香料」と記載することをおすすめします。

香典袋への住所・氏名・金額などの書き方

香典袋へ記載する際には毛筆や筆ペンを使用し、薄めの墨を用いて記載するのが一般的です。薄めの墨を用いる理由は「涙で墨が薄まってしまった」「突然のことで墨を濃くすれなかった」と哀悼の意を示すためです。なお、ボールペンやサインペンで記載するのはマナー違反ですので注意しましょう。

包んだ金額は中袋の表面の中央に記載し、住所や氏名は中袋の裏面に左寄せで書きます。また、金額は「一・二・三」ではなく「壱・弐・参」というように書くのが一般的です。

あわせて読みたい 香典の書き方で知りたいペンのマナーについて詳しく解説 葬儀やお通夜に参列するときには香典を用意しますが、香典袋に必要事項を書くときに使う筆記用具には気を配っていますか。記入する際には書き入れる場所によってふさわしい筆記具がある… 続きを見る

連名で香典を渡す場合の香典袋の書き方

連名で香典を渡す場合は、中心となる方の氏名を香典袋の名前に記載し、その左へ次の方の氏名を記載するようにしましょう。中心に氏名を記載する方は、連名で出す方の中で最も役職や年齢が高い方になるのが一般的です。4名以上の場合は代表者の氏名と「外一同」と書くようにしましょう。

なお、連名で香典を出す場合は包むお金もまとめるようにします。合算した金額が「四」や「苦」を連想させるような金額にならないようにしましょう。また、合算した金額に応じて五千円札や一万円札に両替しておくことも大切です。

あわせて読みたい 香典を夫婦や会社の連名で出すときの書き方について解説 夫婦や会社関係など香典を連名で用意する場合もありますが、記名の際は何と書くのが正しいのでしょう。受け取る側が困らないように、きちんとした作法を知っておきたいという方… 続きを見る

お札の入れ方・向き

お札を入れる向きについて明確なルールが設けられているわけではありませんが、一般的には中包みの表面とお札の裏(人物が描かれていないほう)とを同じ向きにし、人物が下に来るように入れます。お札を複数枚入れる場合は向きを揃えるようにしましょう。

また、「不幸を予想してあらかじめ用意していた」ととらえられないようにするために新札は入れないようにします。香典に新札を使用することに不快に感じる方もいるので、新札しか用意できない場合はお札に折り目をつけてから包みましょう。

まとめ

香典の相場は、自分と相手との関係性や自分の年齢によって左右されます。相場から大きく外れた金額を包んでしまうと遺族の負担になってしまうことがあるので注意が必要です。香典袋の書き方などの香典に関するマナーもしっかり押さえておきましょう。

小さなお葬式」では必要なものを厳選して費用を最小限に抑えられるプランをご用意しており、一般的な葬儀のほかにも「一日葬」や「家族葬」といったプランも低価格でご提供できます。心を込めて大切な方をお見送りするためのお葬式のお手伝いをさせていただきますので、まずはお気軽にご相談ください。


葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。


最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事