直葬でのマナーまとめ!服装・香典・直葬を行うときの注意点とは?
葬儀マナー[参列者]

作成日:2019年12月19日  更新日:2021年07月13日

直葬でのマナーまとめ!服装・香典・直葬を行うときの注意点とは?

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

直葬は通夜告別式を行わずに火葬をするという、一般的な葬式とは流れが大きく異なる形式です。都市部を中心に直葬を選ぶ遺族が増えていますが、直葬に抵抗感がある人が多いことも事実といえます。

直葬とはどういった葬式なのかに興味があり、具体的なマナーについて知りたいという方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、直葬での服装や香典のマナーや、直葬を行う際の注意点についてご紹介します。この記事を読んで、おさえておくべきポイントを事前に理解し、葬式にかかわる人たちへの配慮を大事にして、トラブルのないよう心がけましょう。

小さなお葬式LINE公式アカウント

【もくじ】
直葬のマナーを知ろう!
直葬での香典
直葬をするときに気をつけること
よくある質問
まとめ

直葬のマナーを知ろう!

直葬は一般的な葬式とは異なり、通夜も告別式も執り行わずに火葬場に向かいます。また、基本的には親族やごく親しい友人のみが参列する葬式です。ここでは、直葬において意識しておきたいマナーについてご紹介します。

直葬のときの服装

葬式で着用する喪服には、正喪服、準喪服、略喪服の3段階の格式があります。一般的な葬式における通夜や告別式において、喪主や遺族が着用するのが正喪服です。

直葬では通夜も告別式もなく、宗教的な儀式は基本的に執り行いません。葬儀の案内状に服装についての記載がなければ、準喪服で参列するのがマナーです。男性では上下が黒色のスーツ、ネクタイ、靴、靴下に白色のワイシャツを合わせましょう。女性は黒色のワンピースやスーツにパンプス、ストッキングも黒色を選びます。

「平服でお越しください」という直葬の場合は、 カジュアルな格好はNGですが、喪服でなくとも構いません。ただし、略喪服で参列するのが基本です。男性ではダークグレーなど黒に近い色のものを、女性では地味な色味ならグレーやネイビーでも構いません。

柄物や光沢感のある派手な服、露出の多い服は避けましょう。アクセサリーは結婚指輪以外つけず、洋装の場合には一連の真珠のネックレスのみなら着用できます。

あわせて読みたい 直葬での服装は?平服と言われたときの理想の格好やNGな格好について詳しく解説 「直葬」は「火葬式」とも呼ばれており、お通夜や告別式などの儀式を省略して家族や親戚、ごくごく親しい友人の数名のみで集まり火葬だけを行う葬儀です。一般的な告別式とは形式が違… 続きを見る

食事の場は設けていないのが一般的

一般的な葬式であれば、通夜の後に通夜振る舞い、火葬の後に精進落としという会食の場を設けることが通例です。直葬ではこれらの会食の決まりはなく、一般的には葬儀にかかわる食事はありません。

このため、直葬に参列するときには、自宅や火葬場の近くで食事を済ませてから向かうのがよいでしょう。直葬によっては、火葬場に併設のレストランなどで会食の場が設けられるケースもあります。火葬の待ち時間や火葬後に行われますが、食事の内容は簡単なものと考えておきましょう。

喪主はいなくてもよい

直葬では通夜や告別式での喪主からの挨拶もなく、基本的には僧侶を呼ぶこともありません。このため、身内のみでの直葬は、喪主を立てなくても成立します。

参列者に対する遺族の代表者という意味での喪主は必要ありませんが、葬式を執り行う主宰者は必要です。

葬儀社との打ち合わせをしたり、葬儀費用を支払ったりする窓口が誰かを決めておきましょう。相続がかかわるなら、不公平感などが後々のトラブルのもとになりかねません。葬儀後のことも考慮して、代表者については明確にしておいたほうが無難です。

直葬での香典

基本的に親族やごく親しい友人のみが参列する直葬では、一般的な葬式よりもさまざまな面で簡略化されています。

葬式に参列する際には香典の受け渡しがあることが通例ですが、直葬においてはどうなるのか気になる方も多いでしょう。ここでは、直葬における香典についてご紹介します。

直葬での香典は原則不要

一般的な葬式では、遺族に向けて参列者が香典を渡すことが通例です。香典は遺族の負担を軽減するために渡すという意味もあるため、小規模な直葬では、香典が必要かどうかは喪主の判断により異なります。

香典について事前に通知がなければ渡すことを前提に考えて、準備しておくのが無難です。ただし、身内が喪主の場合には、原則として香典は不要といわれています。

香典を渡すと、喪主としては香典返しが必要です。香典の遺族間での分配についてもストレスになりえるため、喪主の判断を尊重しましょう。

香典を渡す場合はいつ渡せばいい?

直葬では通夜も告別式もないうえ、参列者の受付がないことが一般的です。香典を持って行っても渡す先やタイミングにも迷うかもしれません。

遺族に直接渡す場合には心情に配慮して、顔が上向きになるタイミングを待ちましょう。かける言葉も「こちらをお供えください」というほどで十分です。

誰が喪主かわかりにくかったり、渡すタイミングがつかめなかったりする場合は、祭壇に供えるという方法もあります。この場合には、焼香の直前に、自分が表書きを読める向きにして供えましょう。

香典を渡す場合の相場

直葬において、香典は遺族に無理に渡すものではありません。遺族の負担を軽減するという意味では、香典返しのことも考えて渡さないほうがよいケースもあります。また、喪主が自分と同じ籍の場合には香典は必要ありません。

喪主が身内であっても籍が違う場合や、会社関係の人の場合に包む香典の相場は以下のとおりです。

・祖父母:1万円
・両親:5万円~10万円
・兄弟:1万円~5万円
・親戚:1万円~3万円
・会社関係の人:5,000円


なお、新札は使わないのがマナーです。香典をあらかじめ準備していたように見えてしまうため、状態がひどすぎない折り目のついた紙幣を包みましょう。

あわせて読みたい 直葬の香典はどうする?金額の相場や渡し方など気を付けるべきマナーについて詳しく解説 直葬は通夜や告別式をせず、火葬のみ行う形式のことです。葬儀に参列する際には、香典をお渡しすることが一般的ですが、「直葬の場合に、香典の扱いはどうすればいいのか」と悩んでいる… 続きを見る

直葬で香典をもらったときは返礼品が必要

香典を受け取る側の場合には、感謝の気持ちとして返礼品が必要です。これは直葬の場合でも変わりません。

香典返しを準備していた場合には、香典を受け取ればすぐにお返しを渡しましょう。準備していなかった場合は、四十九日の忌明け後に渡すことが一般的です。

香典返しの品物は、香典の金額の3分の1から半分ほどがよいとされています。事前に準備する際には、案内状を送った相手との関係性から金額を推定して用意しましょう。品物はお菓子やタオル、コーヒーなどが一般的です。

直葬をするときに気をつけること

直葬はコンパクトな葬式であるからこそ、細かな配慮が必要になるという面もあります。まだまだ一般的な形式とはいえないため、認識の相違からトラブルに発展しないよう、周囲とひとつずつ相談しながら進めていくことが重要です。ここでは、直葬をする際に気をつけたいポイントについてご紹介します。

周囲の理解を得ることが大事

直葬を選択する遺族は増えてきてはいますが、通夜や告別式をともなった葬式でなければ不自然だと感じる人が多いことも事実です。直葬は核家族化が進む都市部では一般化してきているとはいえ、地方に住む親族や、多くの葬式を経験してきた世代には理解しにくい感覚といえます。

直葬をよく思わない人もいるため、なぜ直葬を選んだのかをしっかりと説明して理解を得ることが大事です。金銭的な理由なのか、家族だけで小さな葬式にしたいからなのか、といった理由を事前に十分に伝えておきましょう。あとあとのトラブルを避けるためにも、話し合いの機会を作ることが重要です。

菩提寺にも事前確認が必須

通夜や告別式を行わないということは、普通なら読経や戒名を依頼するはずの僧侶を葬式に呼ばないということでもあります。これは、菩提寺がある家ではトラブルのもとです。

菩提寺に説明をしておかなければ、納骨を受け入れてもらえないケースもあります。宗教儀式を行わず、戒名も与えないということについて納得のいく説明が必要です。

特に先祖代々の墓をおく菩提寺であれば、事前に直葬をすることを説明して、その後の対応を相談することが重要といえます。

あわせて読みたい 檀家にはなるべき?菩提寺との関係性と入檀・離檀について詳しく解説 日本では、遺骨を寺院が管理する墓地へ埋葬することが多く、代々お世話になっている寺院があるという方も多いようです。代々に渡って供養や法要をしてもらっている… 続きを見る

参列希望者への配慮も大事

直葬は身内だけで行うことが多く、火葬場に呼べる人数にも限りがあります。ここで配慮しなければならないのは、参列を希望する人の心情です。

特に故人と仲のよかった友人であれば、なぜ呼んでもらえなかったのかという気持ちが生まれることは自然といえるでしょう。直葬をする旨とその理由に加えて、おわびの言葉をしっかりと伝えることが重要です。

遺体の安置場所も事前に考えておく

直葬を選択する場合には、火葬に向かうまでの遺体の安置場所についても考えておくことが重要です。遺体の取り扱いについては法令で厳しい取り決めがあります。故人が亡くなってから火葬までは、24時間あけることが必要です。

病院で亡くなった場合には長時間は安置できないため、遺体の移送を考えます。葬儀社と相談して、自宅で安置するか葬儀社の霊安室に安置するかを決めましょう。

自宅の場合でも、葬儀社が必要な処理をしてくれます。葬儀社に安置する場合には、葬儀社にすべて任せるか遺族が付き添うかを選ぶことが可能です。

あわせて読みたい 安置とは|場所や方法・費用・注意点などについて詳しく解説 亡くなってから24時間はご遺体を火葬してはいけないという法律があり、ご遺体は最低1日間安置する必要があります。そのため、葬儀の内容を決めていく際に、安置方法を… 続きを見る

葬祭料が支払われない場合もある

健康保険に加入している人が亡くなると、葬儀にかかる費用の一部を負担してくれる制度があります。保険の種類によって名称や給付金額などは異なりますが、おおむね同じ内容です。

国民健康保険の加入者が死亡して葬儀を行うと、喪主は7万円を上限として「葬祭費」を受け取れます。健康保険の場合は「埋葬料」といい、業務上で死亡した場合には「葬祭料」が受け取れるなどの仕組みです。

これらは喪主(葬儀の主宰者)に対する給付金のため、直葬の場合は葬儀をしていないとみなされて、給付金が受け取れない場合があります。

あわせて読みたい 死亡手続き時には社会保険や国民健康保険について詳しく解説 死亡手続きや葬儀のことを考えると、少しでも負担を軽くする制度がないものかと考える方もいるのではないでしょうか。故人が社会保険や国民健康保険に加入していれば、しかるべき手順を… 続きを見る

よくある質問

Q:直葬のメリットは?

A:直葬をするメリットとして大きいのは、通常なら100万円以上かかる葬儀費用を20万円以下まで安くできることです。期間でいっても安置するのに1日、火葬に1日の2日間で済みます。また、一般的には香典が必要ないため、香典返しの手間がかかりません。

基本的には参列者は身内のみです。参列者は少なく、対応をするための体力的・精神的な負担が小さくなります。


Q:直葬のデメリットは?

A:直葬は選択する遺族にとってはメリットがあるともいえますが、故人の関係者にとっては必ずしも好ましいかたちではない可能性があります。参列者や参列をお断りする人たちに対して、理解を得るために事前に説明が必要です。反感を買う可能性があることも意識しておきましょう。

都市部では火葬場がすぐに使えるとはかぎらず、遺体の安置場所の確保が困難な場合もありえます。菩提寺がある家なら事前にきちんとお寺と相談し、納骨できない可能性も踏まえておきましょう。詳しくはこちらからご確認ください。


Q:直葬にする理由は何?

A:葬式は突発的に大きな出費がかかるため、費用を抑えるために直葬を選ぶ人がいます。高齢化が進んでいることもあり、故人の友人が亡くなっているために葬儀に呼ぶ人がいないというケースも少なくありません。

核家族化が進む都市部では、身内だけで葬儀をしたいというニーズもあります。仏教に対する関心が薄く、葬式にこだわりがない人が多いことも理由のひとつでしょう。


Q:直葬だけは問題ないの?

A:通夜と告別式をともなった葬式が一般的ですが、この形式でなければならないという法律上の取り決めはありません。遺体を放置することは法律違反ですが、火葬か埋葬を行う限りは適法です。

故人の遺志や遺族の考えと状況に合わせて、葬式の形式は自由に選べます。火葬場に僧侶を呼んで読経もお願いできるため、直葬だからといって故人ときちんとお別れができないわけではありません。


Q:直葬で戒名をつけてもらう場合はどうすればいい?

A:直葬に否定的な寺や僧侶が多いといわれますが、しっかりと相談をすれば戒名をつけてもらうことも可能です。この場合には、直葬はしても四十九日法要は行うことなどを話し合ってみるとよいでしょう。

戒名を付ける際に僧侶に渡すお布施は15万円~30万円ほどです。いずれにせよ、事後報告はトラブルを生みます。菩提寺と良好な関係を維持するために、直葬をする前に相談しましょう。

▶ 参考:戒名は付けるべき?直葬で戒名を付ける方法や必要シーンを紹介


Q:直葬は家族葬や密葬とどう違う?

A:家族葬は親族や限られた友人・知人のみで行う葬式を指し、規模が小さいだけで一般的な葬儀と流れは変わりません。密葬は家族葬と似ていますが、後日、本葬や社葬を行うことを前提とすることが多い形式です。

直葬は、通夜も告別式も行いません。家族葬や密葬よりシンプルでコンパクトです。火葬のみを行うことから、火葬式とも呼びます。


まとめ

直葬は通夜や告別式を行わず、故人とお別れをする葬式の一種です。参列するのが親族だけでも、服装は準喪服にすることがマナーといえます。

香典は一般的に不要です。むしろ渡さないことが、遺族の負担を減らすことになるケースも少なくありません。

直葬をする際には、親族、知人・友人、菩提寺といった故人の関係者に対する説明が必要です。理解を得られなければ、直葬の後にトラブルが発生することもありえます。

葬儀社ともよく話し合って、問題なく直葬を進めましょう。直葬をお考えの際は、小さなお葬式へご相談ください。これまで多くの直葬をお手伝いしてきた豊富な実績とノウハウをもとに、お客様のお葬式をサポートします。

小さなお葬式の火葬式

関連記事
直葬にお布施は必要?金額の相場や渡す際のマナーを紹介します
直葬を行う前に知っておきたいこと
「直葬」とはどんな葬儀形式?費用の相場や注意点とは?
火葬式(直葬)の費用相場と安くする方法
戒名は付けるべき?直葬で戒名を付ける方法や必要シーンを紹介
直葬の香典はどうする?金額の相場や渡し方など気を付けるべきマナーをチェック
直葬での服装は?平服と言われたときの理想の格好やNGな格好も紹介
直葬で納骨が断られる可能性がある!断られたときの対処法は?
直葬と密葬の違いは?それぞれの葬儀に決める理由や流れとは
直葬(火葬式)の割合は?直葬が選ばれている理由

葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

小さなお葬式LINE公式アカウント

最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事