【香典袋の書き方】御霊前と御仏前の違いや知っておきたいマナーを解説
葬儀マナー[参列者]

作成日:2021年03月03日  更新日:2021年03月03日

【香典袋の書き方】御霊前と御仏前の違いや知っておきたいマナーを解説

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

通夜式や葬儀に参列する際の贈り物の一つに「香典」があります。これまでに参列経験がある方の場合、香典のマナーを確認したことがあるかもしれません。しかし宗教・宗派によって、香典袋の表書きが違うことを理解している人は少ないのではないでしょうか。

宗教・宗派にふさわしい香典袋の書き方やマナーを知っていれば、悲しい知らせを聞いた後でも通夜式や葬儀に向けた準備ができます。そこでこの記事では、香典袋の書き方や渡し方について確認しましょう。注意点も紹介しますので、不安な方は参考にしてください。

【もくじ】
【香典袋の書き方】御霊前と御仏前の違い
宗教・宗派による表書きの違い
香典袋に書くべき項目
【御霊前(香典)の外袋】名前の書き方
御霊前(香典)の金額相場
【御霊前(香典)の中袋】表面と裏面の書き方
御霊前(香典)を包む際の注意点
御霊前(香典)の包み方・渡し方
まとめ

【香典袋の書き方】御霊前と御仏前の違い

香典を準備する際、手が止まってしまいがちなのが香典袋の上段部分です。「御霊前(ごれいぜん)」「御仏前(ごぶつぜん)」のどちらを書けばよいのか迷った経験がある方もいるのではないでしょうか。どちらを書くべきなのかは参列する宗教・宗派や地域によって違います。

仏教の多くの宗派では、「御霊前」と書くのが一般的です。故人の霊は死後、あの世とこの世の間でさまよい、極楽浄土に行けるかの裁きの時を待っている状態となります。その故人の霊に供える贈り物という意味です。

同じ仏教でも浄土真宗や真宗大谷派などの場合は違います。こちらは「御仏前」と書くのが一般的です。故人は亡くなるとすぐに仏になると考えられており、仏様に供えるものとして香典をお供えします。

あわせて読みたい 香典の御仏前と御霊前はどう違う?理由を知って正しく使い分けよう 「御仏前」と「御霊前」は一文字違うだけですが、言葉の意味は大きく変わってくることをご存知でしょうか。葬儀などの弔事では香典の用意が必要不可欠です。その際、表書きの… 続きを見る

宗教・宗派による表書きの違い

通夜式や葬儀に参列する際は、香典を持参するのがマナーです。世の中にはさまざまな宗教・宗派が存在します。

見方を変えれば、それぞれにふさわしい表書きを香典袋に記載できるかどうかで、参列者としてのマナーが身についているかを遺族が判断する機会にもなり得るでしょう。ここでは、宗教・宗派による表書きの違いを解説します。

仏式の場合

仏式では、大きな区切りとなる四十九日法要を境に香典袋の表書きが変わるため注意が必要です。故人は亡くなってから霊となり六道のうちどれに進むのか、死後の運命が決まる裁きにかけられます。

遺族は追善供養である四十九日法要などをすることで、無事に極楽浄土に行けるよう祈願するのが一般的です。以下のように法要前後で表書きを書き替えることを忘れないようにしましょう。また香典の表書きは、「御香典」「御香料」としても問題ありません。

四十九日法要前…御霊前
四十九日法要後…御仏前

真宗の場合

真宗とされる浄土真宗や真宗大谷派などは、仏式と同じ仏教のカテゴリに属していますが、死生観が全く違います。真宗では、故人は死後に霊としてさまようことなく仏になると考えるのが一般的です。そのため、香典の表書きは「御仏前」となります。

仏式と真宗は別物であるため、仏教だからと「御霊前」としてしまってはマナー違反となります。

神式の場合

神式は神道(しんとう)の穢れを祓う儀式に従って、通夜式や葬儀を進めるのが一般的です。故人は死後に家を守る神様「守り神」になると考えられているため、香典袋の表書きは、「御玉串料(おんたまぐしりょう)」「御榊料(おさかきりょう)」「御神饌料(ごしんせんりょう)」と書きます。

故人が信仰していた宗教が神道かどうか確信を持てない方は、「御霊前」としてもマナー違反にはなりません。

キリスト教の場合

キリスト教では死後に故人が肉体的によみがえると考え、これを信じるかどうかで天国に行けるかどうかが決まるとされています。宗派にはカトリックとプロテスタントがあり、それぞれ香典袋の表書きは異なるため注意が必要です。以下にまとめました。

カトリック…「御ミサ料(おんみさりょう)」「御霊前」
プロテスタント…「献花料」「忌慰料」
共通…「御花料」「御禮(おんれい)」

プロテスタントの場合は、表書きを「御霊前」とするのはマナー違反です。日本ではキリスト教の信者は少人数ですが、葬儀に参列する機会が来たときに備えて覚えておくとよいでしょう。

あわせて読みたい 葬儀でマナー違反しないために知っておきたい!香典袋の水引の色と表書きの種類について 葬儀や通夜に参列する際には、香典が必要になります。いざというときに備えて、香典袋についてのマナーを知りたいという方もいるのではないでしょうか… 続きを見る

香典袋に書くべき項目

香典袋は中袋と外袋から作られており、それぞれ書くべき項目があります。以下に中袋と外袋に分けてまとめました。中袋なしの袋もあることを知っておきましょう。

【中袋】
表面:金額
裏面:郵便番号・住所・名前

【外袋】
表面:表書き・名前

表書きは故人が信仰していた宗教・宗派によって違います。また連名など、贈り主が一名ではない場合の書き方も併せてチェックしておくとよいでしょう。

【御霊前(香典)の外袋】名前の書き方

香典袋で表書きの次に重要なのが、下段の名前です。個人の場合は迷う方も少ないのですが、連名となった途端に書き方に自信を持てなくなる方も多くなります。

ここでは、香典を渡す人数別に正しい名前の書き方を確認しましょう。また表書きは多くの宗教・宗派で使える「御霊前」として解説します。

個人で渡す場合

個人で渡す場合は、フルネームを書きましょう。水引の下に苗字だけを書くよりも、遺族に誰なのか分かってもらいやすくなり、同じ苗字がいるときも遺族が管理しやすくなります。

職場の上司や部下、取引先など仕事関係であれば、故人との関係性が分かりやすいように、右肩部分に会社名などを書いておくと丁寧です。

夫婦連名で渡す場合

夫婦連名で渡す場合は中央に夫の氏名を、左側に妻の名を書くのがマナーです。夫婦共に故人と付き合いがあった場合は、夫婦連名で渡したほうが故人も喜ぶでしょう。

また故人へ結婚を報告しておらず、苗字が変わった場合は中袋に旧姓を書きます。その際は、中袋に書いた名前の左に書くのがマナーです。

複数人の連名で渡す場合

複数人の連名で渡す場合は、人数が4名以上の場合は水引の下段に全員の名前を書きません。ケース別に説明します。

2名や3名であれば、一番目上の人の名前を中央に書いて、左から順に名前を書きましょう。特に上下の関係がない場合は、五十音順に右から書いても良いとされています。

4名以上の場合は、代表者の名前を書き「外一同」と左下に書いた上で、他の方の名前を別紙に書いて同封するとよいでしょう。

会社から渡す場合

会社から渡す場合は、中央に社長のフルネームを、その右側に会社名を書きます。職場の同僚同士で出し合う場合は、代表者の名前を書きましょう。

また部署単位で出す場合は右側に会社名を書き、その左に「○○一同」と書くのが適切です。遺族が管理しやすいように、香典を出した方の名前、住所、連絡先、金額を別紙に書くとよいでしょう。

あわせて読みたい 香典を夫婦や会社の連名で出すときの書き方!有志一同は注意が必要 夫婦や会社関係など香典を連名で用意する場合もありますが、記名の際は何と書くのが正しいのでしょう。受け取る側が困らないように、きちんとした作法を知っておきたいという… 続きを見る

御霊前(香典)の金額相場

御霊前(香典)を用意する際は、どれくらい用意するのが適切なのか目安を知っておきましょう。以下に用意したい金額を故人との関係性に分けてまとめました。

自分の親 50,000円~100,000円
祖父母 10,000円~30,000円
兄弟姉妹 30,000円~50,000円
配偶者の親 50,000円~100,000円
配偶者の祖父母 10,000円~30,000円
配偶者の兄弟姉妹 30,000~50,000円
親戚の叔父・叔母 10,000円~20,000円
遠い親戚 5,000円~10,000円

上記の金額はあくまで目安です。故人との親交の深さや贈り主の年齢、地域などによって、適切な金額は違ってきます

あわせて読みたい 香典の金額相場は?関係性や年齢による葬式での香典金額の違い 香典には、故人への供養と、葬儀という急な出費に対する助け合いの意味があります。香典の金額相場は、ご自身の故人との関係性や年齢・立場などによって変わります… 続きを見る

【御霊前(香典)の中袋】表面と裏面の書き方

香典袋の外目からは目立ちませんが、遺族の方が香典を取り出すときに目が行きやすいのが中袋です。中袋には表面と裏面があり、それぞれ書かなければいけない項目は異なります。ここでは、どこに何を書けばよいのかを確認しましょう。

【表面】金額の書き方

中袋の表面には金額を書きます。中央に包んだ金額を縦書きで「金○○円」と書くのですが、数字は旧字体で書きます

特にこだわりがない場合は、略式漢数字でも問題ありません。市販の香典袋の場合では、金額を記入する欄が印刷されていることもあります。

また香典である御霊前や御仏前には、「4」「9」は使用してはいけません。以下に旧字体と略式漢数字を一覧でまとめました。中袋の表面を書く際は参考にしてください。

数字 旧字体 略式
1
2
3
4 使用しない
5
6
7
8
9 使用しない
10
100
1,000
10,000

【裏面】名前と住所の書き方

中袋の裏面に書くべき項目は、住所郵便番号名前(フルネーム)です。手紙や書類などを封筒に入れて出すときと同じ要領で書けば、マナー違反になることはありません。

袋の中央より左に書きます。表面と同様で市販の香典袋の場合は袋にそれらを書く欄が印刷されていることもあるため、間違いたくない場合は市販のものを購入すると安心です。

あわせて読みたい 香典の中袋の正しい書き方とは?宗派ごとの表書きの書き方もあわせて解説 葬儀や法要に参列するときに用意する香典ですが、書き方をしっかりと把握している方は意外と少ないといわれています。とくに中袋は他の人が書いたものを目にする機会が… 続きを見る

御霊前(香典)を包む際の注意点

外袋や中袋の書くべき項目を書き終えたら、いよいよお金を包みます。ここで多くの方が迷いやすいのが「お札の向き」ではないでしょうか。

中袋の有無に関係なく、お札は揃えて裏向きに入れるのが正解です。ここでいう裏向きとは、お札で人物を描いていない面をいいます。お札を裏向きに揃えたら、人物が描いてある部分を下にして包みましょう。

お悔やみごとの場合、気にする方もいるため新札は包まないのがマナーです。新札を包む場合は、折り目を付けてから包むようにしましょう。

あわせて読みたい 香典のお札の入れ方は?香典を持参する際の正しい作法 通夜や葬儀・告別式に参列するときには、故人の霊前に供える金銭として香典(こうでん)を持参します。いざというときに、香典はどのように包めばいいのかと迷うのではないでしょうか。この記事では、香典を用意する… 続きを見る

御霊前(香典)の包み方・渡し方

通夜式や葬儀に参列するための準備を始めます。このときに気をつけたいのが、御霊前(香典)の包み方と渡し方です。

不慣れな方は基本ルールが分かっていないこともありますので、マナーを守って御霊前を渡すためにも正しい包み方や渡し方を理解しておきましょう。

御霊前(香典)包み方

御霊前を持参するときは、裸のまま持参するのは避けます。袱紗(ふくさ)や布に包むのがベストです。袱紗を使う場合の包み方は以下を参考にするとよいでしょう。

1. 袱紗を広げ御霊前の表を上にした状態で、中央からやや右寄りに置く
2. 右側に折り下側を包んだら、上側を包んで左側を包む
3. 右のはみ出た部分を内側に折る

御霊前(香典)渡し方

準備ができたら通夜式、葬儀、告別式の会場まで御霊前を持参します。通夜式と葬儀、告別式に参列する場合はどちらか一方に参列するときに渡せば問題ありません。無事に会場に到着したら焼香前に渡します。

受付へ差し出すときは右手に袱紗を置き、左手で開いて御霊前を取り出しましょう。そして相手に名前が書いてある方向を剥けるようにして、両手を添えてお悔やみの言葉と共に渡します。名刺を渡すときと同じ要領で渡せば間違うことはありません。

また故人が信仰していた宗教・宗派が浄土真宗の場合は注意が必要です。通夜式や葬儀で挨拶の言葉として、「ご冥福」が使われることが多いのですが浄土真宗では使えません

あわせて読みたい 葬式での袱紗(ふくさ)の色は?ふくさの包み方と渡し方について詳しく解説 葬式や法事などの際、香典やお布施を袱紗(ふくさ)で包んで渡すことがあります。この袱紗には、慶弔用として様々な色や種類がありますが、弔事で使用できる色は決まっており… 続きを見る

まとめ

仏式で執り行う通夜式や葬儀が日本では多くあります。しかし故人が信仰する宗教や宗派によっては、香典袋の表書きを「御霊前」と書くとマナー違反になるため注意しましょう。

他にも香典袋の外袋や中袋の書き方、お札の入れ方など正しいマナーを身につければ遺族への弔意もしっかりと表せます。

悲しいお知らせは突然訪れるものです。悲しみに暮れることも大切ですが、通夜式や葬儀へ参列することは故人や遺族に弔意を表す良い機会となります。

葬儀に関する不明点があれば、小さなお葬式へご相談ください。通話料無料・24時間365日総勢60名のスタッフがサポートします。

葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。


最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事