急逝の意味や使い方は?身内が亡くなった際の対応についても解説!
雑学

作成日:2022年07月08日  更新日:2022年08月05日

急逝の意味や使い方は?身内が亡くなった際の対応についても解説!

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

人の死をあらわす言葉はさまざまありますが、「急逝」という言葉の意味や使い方をご存知でしょうか。人の死というデリケートな出来事を伝える際は、失礼のないように正しい使い方で伝えたいものです。

この記事では「急逝」の意味や正しい使い方をはじめ、類義語の紹介や身内の急逝を知らせる際の注意点についてご紹介します。意味や正しい使いかたを知っておけば、いざというときに適切な対応がとれるでしょう。

●お急ぎの方へ
家族の急なご危篤・ご逝去により、記事をじっくり読む時間がない方は、小さなお葬式へ電話でのご相談がおすすめです。【0120-215-618】へお電話ください。

小さなお葬式LINE公式アカウント

【もくじ】
急逝の意味や使い方を解説
急逝の類義語やそれぞれの意味
身内が急逝した場合にすべきこと
身内が急逝した際の連絡マナー
急逝の連絡をもらったら十分な配慮をしよう
まとめ

急逝の意味や使い方を解説

急逝に似た言葉は複数存在するので、使い分けが必要になる場面もあります。誤用することがないように注意しましょう。

ここからは、例文を用いて「急逝」という言葉の使用が予想される場面を紹介します。

急逝の意味は?

急逝(きゅうせい)とは、「人が急に亡くなる」という意味です。亡くなるとは思っていなかった人が何の前触れもなく突然亡くなってしまった際に用いる言葉であり、「急死」や「突然死」の同義語にあたります。

例えば、「治るはずだった病気やケガの状態が急変し亡くなってしまった」「生前いたって元気であった人がある日突然亡くなってしまった」「自殺をはかった」場合など、予測していなかった突然の死に対して使われます。

急逝の使い方は?

急逝は尊敬語や謙譲語ではなく、急死や突然死よりも丁寧な表現(丁寧語)です。そのため、身内同士の改まった席で使用することが適切とされています。

【例】

・父の急逝により母子家庭で育った。
・同僚が今朝急逝して仕事が手につかなかった。


また、下記のように若くして命を落としたことを惜しむ表現として、急逝という言葉を用いることもあります。

【例】

・昔から応援していた俳優が、これからというときに急逝したことが未だに信じられない。
・数日まで元気だった友人が、コロナウイルスにより容態が急変して急逝した。


急逝は、口語表現ではなく文語表現として使用されることが一般的です。

急逝の類義語やそれぞれの意味

人の死をあらわす言葉は、急逝の他に「急死」「逝去」「死去」「他界」「永眠」などがあります。どれも耳にしたことがある言葉かもしれませんが、それぞれの違いを正しく理解できているでしょうか。

ここからは、それぞれの言葉の意味や使用が想定される場面を紹介します。相手や場面に応じて正しい使い分けができるように確認しておきましょう。

急死の意味

「急死」とは人が突然亡くなることを意味する言葉で、「急逝」と同様に突然の死を表現する言葉のひとつです。急死と急逝は同義語ですが、急死は口語表現、急逝は文語表現として用いられ、急死よりも急逝のほうが丁寧で改まった表現です。

災害や事故により突然亡くなった場合は「急死」を使い、若くしてなくなった人や身内の突然の死を惜しむ表現の場合は「急逝」を使うことが一般的です。

逝去の意味

「逝去」は人が亡くなったことを表す尊敬語です。故人を敬う表現であるため、身内以外の目上の人や尊敬する人が亡くなった際に用いることが適切とされています。

接頭語である「ご」をつけた「ご逝去」や「逝去された」という表現はいずれも尊敬語に尊敬語を重ねた二重敬語なので、日本語としては誤った使い方です。しかしながら、葬儀や法事など弔事の場ではこれらの言葉を使う慣習があり、特に下記のようなお悔やみ言葉を伝えるときに使われることが多いでしょう。

・○○様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。

あわせて読みたい 「逝去」は身内に使っていい?逝去の意味と使い方について詳しく解説 身内の方が亡くなったことは、失礼のない言葉で伝えたいと思うものでしょう。「死」を意味する言葉として「逝去」がありますが… 続きを見る

死去の意味

「死去」は人の死を表す言葉の中でも、耳にすることがもっとも多い言葉ではないでしょうか。尊敬語ではないため、家族の死を伝える場合や同僚の死を社外の人に伝える場合など、身内の死に対して死去という言葉を使用します。

「他界」「永眠」「亡くなる」はいずれも死去の同義語で、身内の死をあらわす言葉です。死去は「他界しました」「永眠いたしました」「亡くなりました」と表現を和らげて言い換えることもできます

あわせて読みたい 「死去」「逝去」使い方の違いは?連絡方法や弔意表現も詳しく解説 誰かが亡くなったときに、「死去」や「逝去」という言葉を使って表現します。どちらも死を意味しますが… 続きを見る

他界の意味

「他界」は人が亡くなったことをあえて遠回しに表現する言葉で、身内にも身内以外にも使える言葉です。

仏教の「故人が第二の人生を送るためにあの世に旅立った」という考え方に基づき、他界という言葉には「この世ではないあの世に行く」という意味があります。そのため、仏教以外の宗派で使用することは不適切とされています。

永眠の意味

「永眠」も人が亡くなったことを意味していますが、死を「永遠の眠り」と比喩しています。亡くなったことを報じる場面で使用されることが多く、死というショッキングな内容を婉曲的に表現する役割があります。永眠は身内にも身内以外にも使えます

身内が急逝した場合にすべきこと

実際に身内が急逝してしまったときに、家族はどのような対応をすればよいのでしょうか。身内が急逝して気持ちに余裕がない中で、何から対応すべきか分からないという状況は避けたいものです。

故人の訃報については親戚や友人、知人に限らず、葬儀社や菩提寺にもすぐに知らせる必要があります。
ここからは、身内が急逝したあとの対応や注意点についてお伝えします。いざというときに備えて、ぜひ目を通してみてください。

自宅で亡くなったら警察を呼ぶ

自宅で身内が急逝した場合は、遺体を動かしてはいけません。死亡していることが明らかな場合には、警察を呼んで事件性のない死であることを証明するためです。

故人にかかりつけ医がいる場合は、病院に連絡をして医師の指示に従うようにしてください。反射的に救急車を呼んでしまいそうになるかもしれませんが、救急車では遺体を運ぶことができません。ケガや急病が原因で、蘇生する可能性がある場合のみ救急車を呼ぶように注意しましょう。

病院で亡くなったら死亡診断書を発行してもらう

身内が病院で急逝した場合は、医師から死亡診断書を受け取る必要があります。死亡診断書は死亡届と一体になっていて、死亡届を役所に提出することで正式に死亡事実が戸籍に記載されます。

死亡届は届出義務のある者が書類の記入・押印・署名をして、故人の死亡を知った日から7日以内に提出しなければなりません。

死亡届は一部地域を除き、届出義務者ではない代理人でも提出可能です。そのため、火葬許可申請を代理で手続きしてくれる葬儀会社に依頼して提出してもらう方も多くいます。

あわせて読みたい 死亡届は誰がいつまでに提出する?手続きについてケース別に解説 人が亡くなった場合、それを証明するために「死亡届」を提出します。 死亡届は火葬(または埋葬)許可証を受け取るために… 続きを見る

葬儀社に連絡をする

死亡診断書を受け取ったら、次は安置場所まで遺体を運ぶための手配をします。葬儀まで病院に遺体を置くことはできないので、注意しましょう。もしものときに利用したい葬儀会社を決めておくと、円滑に手配が進むでしょう。慣れないことや不安なことは、葬儀社に相談すると安心です。

遺体の搬送準備が整い安置が完了したら、次は葬儀の内容や費用について葬儀社と打ち合わせをします。

あわせて読みたい ご遺体の安置とは?場所や特徴・費用・注意点などを解説! 法律では、「亡くなってから24時間が経過するまで火葬しない」という内容が定められています。葬儀の形式や日程を決める過程も… 続きを見る

菩提寺に連絡する

菩提寺がある場合は、葬儀の日時がきまった時点でお寺へ連絡をいれましょう。
菩提寺へ連絡する際は、下記の内容を伝えて住職に葬儀の読経を依頼することが一般的です。

・故人の氏名
・故人の死亡日時
・享年
・連絡した者の氏名、連絡先
・喪主の氏名、連絡先
・通夜・葬儀の日時、場所、形式、宗派
・(必要に応じて)香典や供花辞退の意思

身内が急逝した際の連絡マナー

身内が急逝した際は、必要書類の取り寄せや葬儀社への連絡などと並行して、故人がお世話になった方々に速やかに訃報を知らせます。

突然の死に直面して悲しみに暮れている状況であっても、遺族は相手に応じた適切な手段とタイミングで訃報の連絡を行う必要があります。

いざというときに備えて、身内が急逝した際に連絡すべき範囲や連絡手段、注意点を確認しておきましょう。

急逝を連絡する範囲

身内が急逝した場合の訃報連絡は、故人と身近で親しい間柄にあった方から順番に行いましょう。親族間の連絡する範囲の目安は「三親等まで」が一般的です。
親族の場合は、遺体を安置している自宅に招いたり、葬儀の日程調整が必要になったりする可能性が高いので、早めの連絡を心がけましょう。

故人の勤務先や学校、親しい友人のグループ、町内会や近隣の方々など、生前に所属していた団体については、その所属先の中でも故人と特に親しい間柄にあった人を代表者として訃報の連絡をしましょう。その際に、代表者の方から他の方へ連絡してもらうようにお願いするとスムーズです。

急逝を連絡する方法

身内が急逝した場合の訃報連絡は、迅速かつ確実に知らせることが大切です。そのため、電話で伝えることが一般的です。

特に親族間の連絡は葬儀についての相談も含めた連絡になることが多いため、意思確認がとりやすい電話で知らせるのが良識的といえるでしょう。

電話をした相手と連絡がつかなかった場合は、メールやSMS(ショートメッセージサービス)などで一報を入れて改めて電話をするとよいでしょう。

急逝を連絡する際の注意点

急逝を連絡する際は、以下の点に注意しましょう。

・訃報の知らせをする時間帯
・電話やメールなど相手によって都合のつきやすい連絡手段を用いる
・メールや書面で知らせる際には句読点を用いない
・葬儀の日時や会場の情報を正確に伝える

近年需要が増えている家族葬を執り行う場合でも、訃報連絡は葬儀前に行います。
故人が生前お世話になった方々の立場に立って、誠実な対応をするように心がけましょう。

あわせて読みたい 訃報の連絡方法と伝える内容について詳しく解説 身内が逝去・亡くなった場合、訃報(ふほう)連絡はどのようにすればよいのでしょうか。亡くなった直後に逝去の一報を伝える際… 続きを見る

急逝の連絡をもらったら十分な配慮をしよう

訃報は突然やってくるものです。急逝は予想していなかった人の死なので、訃報を受けたときに激しく動揺してしまうこともあるでしょう。

訃報を受けたときは、できるだけ冷静になり簡潔にお悔やみの言葉を述べるのがマナーです。また、その際は不幸を連想させる忌み言葉を使用したり、死因を尋ねたりすることのないように細心の注意を払いましょう。

まとめ

「急逝」は、身内や若者の想定外の急死を伝える際に使用される言葉です。身内の死のショックから立ち直れずに、何をすればよいのかわからなくなってしまうこともあるかもしれません。

小さなお葬式では、故人様やご家族の希望に寄り添ったプランを提案し、最適な式場をご紹介いたします。生前にお申込みいただける「早割プラン」などさまざまなプランを設けています。葬儀についてお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

 監修 
小さなお葬式アイコン
小さなお葬式
小さなお葬式はお葬式からお墓のことまで、従来では不明瞭だった価格を明確にしました。日本全国で利用できる、高品質かつ低価格の葬儀サービスを運営しています。

葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

●お急ぎの方へ
家族の急なご危篤・ご逝去により、記事をじっくり読む時間がない方は、小さなお葬式へ電話でのご相談がおすすめです。【0120-215-618】へお電話ください。

小さなお葬式LINE公式アカウント
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事