葬式しない!墓もいらない!ときにできる供養の方法
供養

作成日:2020年03月19日  更新日:2020年09月01日

葬式しない!墓もいらない!ときにできる供養の方法

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

日本では人が亡くなると葬式を行い、お墓に納骨するという流れが一般的でしょう。しかし残された子どもたちに負担をかけたくないなどの理由から、葬式なし墓なしを希望する方もいます。

葬式をせずに墓もいらない場合、どのような供養の方法があるのか気になる方もいるのではないでしょうか。この記事では、葬式なし墓なしを希望する場合の供養の方法や注意点・かかる費用についてご紹介します。これらを確認することで、希望する供養をかなえることができるようになるでしょう。

【もくじ】
「葬式しない」「墓もいらない」ときにできる供養の種類
「葬式しない」「墓もいらない」場合に起こりうる問題とは?
「葬式も墓もいらない」と故人が言ったときの対処法
「葬式も墓もいらない」場合の費用
「葬儀しない」「墓もいらない」ならすべて自分たちでできる?
まとめ

「葬式しない」「墓もいらない」ときにできる供養の種類

一般的に葬式には200万円ほどかかるとされています。墓を作るとなると、さらに200万円~250万円ほど見積もっておく必要があるでしょう。依頼する葬儀社や地域性などにより差はありますが、いずれにしても安い金額ではありません。では経済的な負担を軽減するために葬式や墓を不要とした場合、どのような供養の種類があるのでしょうか。

散骨や樹木葬といった手元に遺骨を遺さない方法

墓がいらず、手元にも遺骨を残さない方法には散骨や樹木葬などがあります。散骨は海にまく「海洋散骨」が一般的です。海以外を選択することもできますが、条例などで禁止されていたり、トラブルになりやすかったりする場所もあるので散骨をしても問題ない場所かを事前に確認する必要があります。

実際に散骨するには火葬してから粉骨が必要です。葬儀社などの業者に依頼するとスムーズに進められるでしょう。

「樹木葬」は埋葬場所に樹木を植えたり、木の根元に散骨したり、霊園の植物に囲まれた場所に埋葬したりなどの方法があります。樹木が墓の代わりになることがメリットでしょう。こちらも葬儀社などに相談可能です。

あわせて読みたい 散骨を検討されている方へ 海への散骨・山への散骨について詳しく解説 ご遺骨の供養方法として、散骨があります。散骨は、新しくお墓を購入する費用がかからず、またお墓を管理する必要がないため、最近では選ぶ… 続きを見る

遺骨を自分の手元に置いておく方法

自宅などの手元に遺骨を置いておくことも可能で、「手元供養」とも呼ばれています。遺骨が納められた骨壺を白木の箱に入れて風呂敷で包んだもの、または遺骨を納めた保管用の骨壺を仏壇に安置する方法が一般的です。

保管用の骨壺は凝ったデザインもあり、インテリアのように置いても違和感のないものもあります。仏壇や仏間がない場合は、カビを避けるために直射日光の当たらない風通しのよい場所に安置しましょう。遺骨をペンダントや指輪などに加工して、身につける方もいます。

あわせて読みたい 墓離れが進む現代に合った「手元供養」について詳しく解説 亡くなった方を供養する方法といえば、お墓や納骨堂など、遺骨を保管してある場所に出向いて手を合わせる方法が一般的です。しかし、お墓が遠方… 続きを見る

合同墓や納骨堂を利用する方法

家族以外の他者と共有して使う「合同墓」へ納める方法や、遺骨を納めた骨壺を多数安置する「納骨堂」へ納める方法もあります。どちらも墓石はなく、一般的な墓を用意するよりも費用の負担を大幅に軽減できることが特徴です。

合同墓は10万円~70万円ほど、納骨堂は個人用なら50万円、家族用なら100万円ほどが一般的な相場になります。どちらも別途年間管理費が5,000円~1万円ほど必要です。種類や規模などにより費用に差が出るため事前に確認しましょう。

「葬式しない」「墓もいらない」場合に起こりうる問題とは?

最近では「葬式しない」「墓もいらない」方が徐々に増えているようですが、抵抗を感じる方がいることを忘れてはいけません。理解が得られないなどのさまざまな問題が起こり、希望してもスムーズにいかないこともあるでしょう。具体的な問題を知り、できる対策がないか考えてみましょう。

親族・関係者からの理解が得られない

一度散骨してしまうと、遺骨は取り戻せません。後で分骨を希望する親族が出てきた場合、望みをかなえられませんからトラブルに発展することも考えられます。散骨は事前に親族などの同意を得てから行いましょう。

高齢の方など、散骨という新しい供養の方法に馴染みのない方の中には抵抗がある方もいます。生前から周囲の方と話をし、理解を得ておくことがトラブル防止の方法として有効です。

散骨場所周辺の住民からの厳しい目

散骨場所について法律上の規制はありませんが、条例では禁止されている場所もあります。条例などで明確に禁止されなくても、避けたほうがよい場所もあるでしょう。

たとえば海の場合、海水浴場や漁場は散骨によって風評被害が出てしまうかもしれません。山には所有者がいることがありますから、立ち入って散骨するためには許可が必要です。私有地であっても、周辺の住民から苦情が出ることもあります。

散骨が認められている場所でも、周辺住民の厳しい目には気を配らなければなりません。自分の家の近くに遺骨をまかれたくないという感情は、その立場を考えれば理解できるのではないでしょうか。

今ある墓をどうするかが問題となる

葬式なし・墓なしを希望して先代以前の先祖が眠っている墓がある場合、その墓をどうするかが問題になります。自分以外に入る予定の家族がいたり、墓を守ってくれたりする方がいれば維持することになるでしょう。しかし、自分を含めて入る予定の家族がおらず、管理する親族もいなければ、墓の今後を考えなければなりません。

そのような場合の対応として「墓じまい」という方法があります。その名の通り、「墓をしまう・墓をなくす」方法です。墓じまいを選択する場合、どのようなことが必要なのでしょうか。次からくわしく見ていきましょう。

「葬式も墓もいらない」と故人が言ったときの対処法

「葬式も墓もいらない」と故人が希望し、ほかに墓を継ぐ方がいなければ墓じまいをするのがセオリーです。生前に墓じまいが済んでいなければ、遺族が行うことになります。手続きやかかる費用を調べて、準備を進めましょう。

墓じまいをするのがセオリー

墓じまいとは先祖代々引き継がれ管理してきた墓を撤去し、更地にすることです。墓はいらないという以外にも少子化や跡取りの不在など、墓じまいの理由はさまざまでしょう。子どもがいたとしても、管理する手間や費用の負担を背負わせないために生前に墓じまいを選択するケースもあるようです。墓の中に眠っていた遺骨は取り出され、ほかの方法で供養されます。

墓じまいをせずに管理者がいなくなると、墓が荒れてしまう可能性があります。そのような状態になるなら、墓をなくして先祖は適切な方法で供養したほうがよいと考える方もいます。

墓じまいの手順

墓じまいの手順を大まかにまとめると、次の通りです。

・親族、寺院・霊園に相談する
・石材店を選んで依頼する
・埋葬証明書や改葬許可証など、墓じまいに必要な書類を寺院や役場などで取得する
・墓がある寺院などで閉眼法要を行い、遺骨を受け取る
・石材店に墓石を解体してもらい更地に戻す
・遺骨を新しい供養先に移す


まず親族で話し合いをすることから始めましょう。遠い親族でも連絡が取れる限りの方と話をし、墓じまいの理解を得ることが大切です。同意を得たら、墓がある寺院や霊園に伝えます。菩提寺がありその檀家をやめる場合は、その旨も伝えましょう。

あわせて読みたい 墓じまいとは?かかる費用・手続き・事前にしておくべきことについて詳しく解説 これまで、お墓は代々その家で受け継がれていくものでした。しかし、生涯婚姻率や出生率が下がり、ファミリーになっても若い人は都市部に… 続きを見る

「葬式も墓もいらない」場合の費用

葬式を行ったり、墓を作ったりする場合に比べ大幅に費用を抑えられますが、ゼロになるわけではありません。火葬の費用は必要ですし、墓じまいをするならそのための費用もかかります。具体的にどのようなことに費用がかかるのか、その金額とあわせて確認しましょう。

火葬にかかる費用

依頼する葬儀社や火葬場によって異なります。火葬に伴う諸々の手配を葬儀社に依頼する場合、一般的な相場は20万円~30万円ほどです。安ければ10万円以下、高くなると40万円以上かかることもあるでしょう。

火葬場に支払う費用は地域により異なりますが、一般的な相場は公営の火葬場で数千円~5万円ほどです。民営の場合は4万8,500円~15万円ほどになります。葬儀社に依頼をせずに自分たちだけで火葬をすると安く済みますが、手続きや備品の用意などはプロに任せたほうが確実で安心でしょう。

墓の管理費用と墓じまいの費用

自分に墓が必要なくてもすでに墓があれば管理費が必要で、墓じまいにも費用がかかります。年間の管理費は公営の霊園で2,000円~1万円ほど、民営の霊園なら5,000円~1万4,000円ほどが相場です。寺院の墓地は維持会費が1万円ほど、行事参加費が1回あたり1万円~3万円ほどかかります。

墓じまいは更地に戻すのに1平方メートルあたり10万円ほどが相場です。離檀料がかかる場合は数万円~数十万円ほどがプラスされます。閉眼法要のお布施を準備しましょう。墓が菩提寺から離れている場合は、お坊さんへの交通費も必要です。

お坊さんへのお布施

多くの宗派では墓には魂が宿っていると考えるため、墓じまいで墓を撤去するにはその魂を抜かなければなりません。そのための儀式が閉眼法要であり、お坊さんに読経をあげてもらいます。

お坊さんに開眼供養の読経をしていただいたら、お布施を渡しましょう。お布施の相場は1万円~5万円ほどです。金額に迷ったら直接寺院に確認するとよいでしょう。

「葬儀しない」「墓もいらない」ならすべて自分たちでできる?

葬儀社に依頼せず自分たちだけで行うこともできますが、時間や手間を考えると葬儀社に依頼したほうがよいでしょう。たとえば火葬をするだけでも、死亡届火葬許可証など必要な書類が複数あります。棺や骨壺・ドライアイス・保冷剤・骨壺カバーなど多くの備品も必要です。

葬儀社に依頼すれば大変な作業を代行してもらえたり、不明な点は相談にのってもらえたりするので安心でしょう。一連の流れの中で、小さなお葬式の「ご遺体搬送プラン」のように必要な部分だけサポートしてくれるサービスもあります。

まとめ

「葬式しない」「墓もいらない」方の希望をかなえる供養の方法や、起こりうるトラブル・墓じまいの方法などを紹介してきました。葬式を行い、墓をたてる場合に比べると費用を抑えられますが、火葬や墓じまいの費用は必要です。手続きや用意するものも複数あるので、自分たちだけで行うのは大変でしょう。

小さなお葬式では、葬式をせず搬送のみの対応も可能です。電話1本で経験豊富なプロが迅速・丁寧に指定場所までお送りします。お見積もりは無料なので、24時間365日対応のコールセンターまでお気軽にお問合せください。


葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

5/5
評価数(1)

最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事