火葬の後に行われる一連の儀式には何がある?自宅供養についても解説
供養

作成日:2021年02月05日  更新日:2021年02月05日

火葬の後に行われる一連の儀式には何がある?自宅供養についても解説

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

近しい人を失った場合、そのショックを抱えながらも諸々の手続きや、葬儀の手配に追われることになります。火葬までの一連の流れはなんとなく把握できていても、その後に何が行われるのか不明瞭で困っている方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、現在選択できる埋葬方法について述べ、それぞれの利点と注意点についてご紹介します。自宅での供養をご希望の際に知っておくべきこと、さらに金銭的負担を極力低減させる方法も解説しますので、参考にしてみましょう。

【もくじ】
火葬後には骨上げが行われる
火葬後に葬儀や告別式を行う骨葬とは?
火葬後すぐに納骨する直葬とは?
火葬後の供養には種類がある
近年増える自宅供養
火葬までの流れを解説
小さなお葬式なら遺族の負担を減らしつつも質の高い葬儀ができる
まとめ

火葬後には骨上げが行われる

火葬後に行う骨上げは、納骨とはまったく異なる儀式です。方法や作法は地域により異なるものの、日本国内での葬儀では必ず行う儀式となります。

収骨」と呼ばれることもある骨上げは、実は世界的にはめずらしく、日本独自の風習として長い歴史を紡いでいるものでもあります。まずは骨上げに関する意味や手順、マナーについてまとめました。

骨上げの意味

骨上げは二人で一組の箸を使って一つの骨を拾い、骨壺に納めるという流れで行います。その場で気づくことはあまりありませんが、箸は木製と竹製の不揃いのものを使用するしきたりです。このしきたりは現世と対極にある、死後の世界で行う儀式であることを示しています。

「現世と死後の橋渡しをする」という「橋」にかけて、「箸」が使用されます。ある種の言葉遊びとしてとらえるとよいでしょう。日常生活では行わない特有の所作で儀式を進めることにより、不幸を断ち切るという意味合いも込められています。

骨上げの手順

参加する際は順番が定められます。原則として男女の組み合わせで行い、喪主を先頭に遺族、親族、友人関係という序列で骨上げを行うことが普通です。すべての骨を遺族が拾うことはなく、おのおのが一度儀式を終えた後は係員に任せることになります。

収骨は足と腕が最初で、ついで腰や背骨、肋骨、歯、頭蓋骨という順番で行われます。蓋を閉めた後に、生前と同じ体の並び方ができるように収骨するためです。順序はすべて係員が指示しますので、スムーズに進められるでしょう。

骨上げで気をつける点

東西で骨上げの風習は若干異なり、形式が変わる点に注意が必要です。とくに大きな違いは収骨する範囲になります。東日本は原則としてすべての骨を集めるのに対し、西日本では一部の骨を残す「部分収骨」というスタイルが伝統です。

骨壺の大きさも異なり、東日本の方が大きくなる点が特徴といえます。骨の量には個体差がありますので、東日本では収骨しきれなかった場合に、一部の骨を砕くこともめずらしくありません。当日になって驚かないように、骨上げの方法には地域差があることを理解しておきましょう。

あわせて読みたい 火葬後の骨上げについて知っておきたい手順とマナー 日本ではほとんどの場合、人が亡くなったらご遺体を火葬します。火葬後は遺骨を骨壺に納めますが、その儀式を遺族で行うのが骨上げです。骨上げにはどんな意味があり、どのような作法で行われるのか、確認しておきましょう… 続きを見る

火葬後に葬儀や告別式を行う骨葬とは?

東北や九州など一部の地域では、骨葬という独特な供養の仕方をすることがあります。骨葬は火葬の後に葬儀を行うという、一般的に連想する葬儀とは順序が異なる葬儀です。新型コロナウイルスなど感染症による死に対して相性のよい方法ですが、デメリットも見受けられます。なんのために行うものなのかを把握し、選択肢に加えましょう。

骨葬を行う理由とは?

骨葬はご遺体の損傷が激しい場合など、一刻も早く火葬が求められる状況に向いた供養です。昨今は新型コロナウイルス感染症による死において、火葬後まで面会が叶わないという点がクローズアップされています。このような場合、火葬後に式を行う骨葬は有益となるでしょう。

なお、東北や九州などの一部の地方では、伝統的に骨葬が最優先で選択されることがあります。この場合、ご遺体の状態や死因に関わらず、骨葬が行われます。また骨葬により、利用できる会場の選択肢が増えることもメリットのひとつです。

骨葬は故人の顔が見られなくなる

難点として、故人の顔を見られないまま火葬するという点があります。参列者の中には、葬儀で最後に一目でも故人の顔を見たいという方もおられるでしょう。骨葬を選んだ場合、このような要望に応えられません。

全国的に見れば特殊な葬儀でもありますので、風習を知らない人は骨葬という文化そのものに驚いてしまいます。遺族や親族の理解を得られないケースもあり、実施するためには高いハードルが待ち構えているでしょう。

あわせて読みたい 骨葬が行われる理由は?火葬を先に行う「骨葬」について 「火葬は葬儀・告別式の後に行うのが当たり前」と思っている方も多いかもしれませんが、先に火葬を行ってから葬儀を行う骨葬(こつそう)という形式があるのをご存知でしょうか。骨葬とはどのような場合に行われるのか… 続きを見る

火葬後すぐに納骨する直葬とは?

別のスタイルとして、火葬直後に納骨までを完了させる直葬もあります。直葬のメリットは、葬儀の時間や費用をコンパクトにできることです。

ただし、まだ知名度の高い方法ではないため、直葬にともなうデメリットも把握しなければなりません。直葬とはどのような形式で行うものなのか、この項目を使って詳しく解説しましょう。

直葬のメリット

世間的なイメージとしては、火葬後は49日間お骨を保管し、その後に納骨するという流れではないでしょうか。しかし、これは法律で義務づけられたものではありません。火葬直後に納骨しても問題はなく、こういった形式を直葬と呼びます。

直葬のメリットは、費用と時間を削減してコンパクトな弔い方ができるという点です。火葬前後に実施することを最小限に留められますので、式場に支払う費用や会食費、そして僧侶に支払う費用も削減できるでしょう。

直葬は一般的ではない

直葬は一般的ではないため、家族や親族に理解を示してもらえない可能性があります。直葬は僧侶による読経もなく、火葬に特化した供養の仕方です。とくに仏教に熱心な人が身近にいる場合、猛烈な反発を受ける可能性を否定できません。

仏教を特に重んじないという場合や、経済的な問題でコストを最小限に抑えたいという場合に、直葬は非常に魅力的な葬儀といえます。しかし気持ちの面で、納得しきれないという方が中にはいることも確かでしょう。実施の有無には慎重な判断が必要です。

あわせて読みたい 直葬を行う前に知っておきたいこと 「直葬」とは、通夜式や告別式などの儀式を省き、ごく親しい方数名で火葬のみを行う葬儀のことを指します。呼び方は違いますが「火葬式」も同じです。従来の「お葬式」の形式にこだわらない人が増えた事が大きな理由と考えられます… 続きを見る

火葬後の供養には種類がある

火葬後は菩提寺や納骨堂などにお骨を納めるケースが一般的ですが、供養の種類はそれ以外にもたくさんあります。故人の希望に沿うことが一番ではありますが、とくに希望を遺していなかった場合は、遺族が種類の選択を行いましょう。この項目では、ベーシックな納骨に加えて、近年注目を集めている新しいスタイルの供養についてもご紹介します。

一般的な納骨

ごくベーシックな供養としては、お墓や霊園への納骨を挙げられます。菩提寺がある場合はそちらを利用することが一般的ですが、新しくお墓や霊園を購入できることに加えて、都市部にはビル形式の納骨堂も増えてきました。

お寺に納骨をする場合は、後継者の有無を確認しなければなりません。後継が見つからない場合、無縁墓となる可能性が高まります。また、永代供養を選んだ場合は、他人のお骨と混ざり合祀されることが一般的である点も把握しておきましょう。

あわせて読みたい 【納骨に関する全知識】納骨式の時期や準備・流れや費用について 納骨に際して、納骨式の時期、納骨式に向けての準備、納骨式の当日の流れ、納骨式の費用相場、服装のマナー、お供え物について、都道府県別の納骨堂の費用相場についてお伝え… 続きを見る

自然に返す自然葬

新しい埋葬方法として注目度を高めているのが自然葬です。火葬を終えた後、遺骨や遺灰をまいて返すというスタイルになります。遺骨を海にまく「海洋葬」や、森のなかなどにまく「樹木葬」が代表的な自然葬の種類です。

自然なかたちで還元したいという人や、お墓の用意をしたくないという人には向いています。しかし、埋葬は私有地を避け、骨をパウダー状に変えるなどの準備を整えることも重要です。原則として、都道府県の認可を受けた場所でしか実施できません

あわせて読みたい 自然葬とは?種類や費用について 都市化や核家族化が進む近年、お葬式やお墓に対する人々の考え方が大きく変わってきています。「葬式やお墓にお金をかけたくない」「子や孫に負担をかけたくない」と考える人が増える中で、今増えているのが自然葬(しぜんそう)です… 続きを見る

負担を極力減らした0葬

火葬後は遺骨を引き取ることが通常の流れですが、火葬場に遺骨の処理を一任する0葬という方法を選ぶ人もいます。お墓を買ったり、散骨したりする手間やお金をかけることを避け、なおかつ自宅で遺骨を保管したくないという方に選ばれています。

低コスト化を実現させられる方法ですが、それだけに反発を受ける可能性が高い点がデメリットです。故人のご遺体をまったく残せない方法でもありますので、後悔しないかどうかを慎重に判断しましょう。

近年増える自宅供養

近年増加傾向にある方法が自宅供養です。お墓を見つけられなかったり、供養という考え方そのものが変化していることなどが理由で、自宅供養を選ぶ人が増えています。しかし、自宅供養のやり方を間違えると、法律違反に該当する可能性もあるため要注意です。正しい供養方法と注意点をまとめましたので、実施する前にチェックしておきましょう。

遺骨を埋めると法律違反になる

遺骨を扱う際は「墓地、埋葬等に関する法律」を遵守しなければなりません。この法律の概要を簡潔にまとめると、「都道府県の認可を受けた墓地以外に埋葬してはならない」という内容です。たとえば「自宅の庭」といった場所も、例外にはなりません。

遺骨を自宅に安置しているだけであれば問題はなく、パウダー状にして散骨をすることも認められています。しかし、許可されていない場所に埋葬してしまうと法律違反にあたりますので注意しましょう。

自宅供養の方法

遺骨のすべてを自宅で保管する方法と、一部を自宅に残してその他を納骨するという方法を選ぶことになります。一例として、半分をゆかりのある場所に埋葬し、もう半分を手もとに残しておくという方法も自宅供養の一種です。

近年では、遺骨をアクセサリーに加工する業者も登場しています。遺骨の一部を持ち運べるようにもなりますので、いつも故人と一緒にいたいという方におすすめです。料金も数千円~数万円が相場で、手ごろな価格で故人とのつながりをもてるでしょう。

自宅供養で気をつける点

骨壺に納めていたとしても、遺骨は湿気の影響を受けやすく、放置しているとカビが生えてしまいます。数年が経過した後に、散骨などのために蓋を開けてみると、遺骨がカビだらけになっている恐れがある点に注意しましょう。

戸建ての場合、庭に埋葬することは違法になりますが、骨をまく程度であれば合法です。ただし隣家の近くで散骨を行った場合、近隣トラブルの原因になりかねません。迷惑がかからない範囲内で散骨するか、事前に隣人の承諾を得てから散骨しましょう。

火葬までの流れを解説

ここまでは火葬後の供養に重きを置いて解説してきました。しかし、火葬当日までの流れをいま一度整理しておきたい、手順を詳しく知っておきたいという方も多いのではないでしょうか。

この項目では、4つの手順に分けてそれぞれの手続きを解説します。当日や前日にあわてないように、火葬当日までの手順を詳しく知っておきましょう。

1. 告別式後に出棺

棺のなかに故人のゆかりのものを入れ、お別れの準備をします。棺には蓋をして被せることになりますので、このために「釘打ち」という作業を行いましょう。途中までは葬儀会社のスタッフが行い、最後の仕上げを遺族が行う場合が一般的です。

この段階で出発の準備が整います。会葬者への挨拶を行った後は、霊柩車に乗せて火葬場に運びましょう。棺を持つのは遺族・親族の6人で、遺体の足のほうから乗せます。霊柩車に遺族は同乗せず、その後ろの車に乗って移動することが一般的です。

2. 火葬場へ移動

斎場から火葬場までの距離が近い場合は、電車などの公共交通機関で、遠い場合は車で移動するのが基本的な流れになります。火葬には火葬許可証が必要なので、自分自身で保管している場合は忘れないように準備しましょう。

位牌や遺影は、火葬炉の前に設置される小さな台の上に乗せ、その火葬炉を誰が使っているのかをわかるようにします。ここまでの準備を整えると、次にご説明する納めの式を行い、故人とお別れすることになります。

3. 納めの式が行われる

ご遺体が火葬場に到着した後は、職員が棺を運びます。最期のお別れとなる納めの式は、火葬炉の前で行われる場合もあれば、専用の控室が使われる場合もあり、火葬場によってさまざまです。すでに納棺は完了していますので、小窓から顔を見てお別れを伝えます

ご遺体を火葬炉にお送りした後で、火葬場に用意された焼香台を使ってお焼香をしましょう。最初は僧侶、次に喪主、続いて家族・親族という順番で行います。その後は火葬が完了するまで、火葬場で待機するという流れです。

あわせて読みたい 【動画で解説】もう迷わない焼香のやり方・マナー 葬儀の際に行う「焼香」は、普段実践する機会が少ないもののひとつでもあります。周囲の人に教わることもないため、正しい方法が分からず不安に感じることもあるのではないでしょうか。そこでこの記事では、焼香のマナーや作法を徹底的に解説… 続きを見る

4. 火葬

火葬にかかる時間は1時間~2時間になることが一般的です。参列者も火葬場に同行する場合や、家族・親族の数が多い場合は、火葬が終わるまで控室で食事をしながら待ちます。これが「精進落とし」です。

火葬終了の案内を受けたら、骨上げを行って遺骨を骨壺に納めます。すべての儀式が完了すると、埋葬許可証が手に入ります。埋葬許可証は再発行が極めて難しく、大切に保管しなければなりません。紛失を避けるため、骨壺の中に埋葬許可証も納めることが一般的といえます。

小さなお葬式なら遺族の負担を減らしつつも質の高い葬儀ができる

近年は遺族の負担軽減を考慮し、葬儀の時間や費用を短縮できる家族葬を選ぶ人が増えています。家族葬を選ぶ際は、確実に家族葬を行える葬儀社を選ぶことが大切です。そのためにお役立ていただけるのが、小さなお葬式です。

小さなお葬式では、全国にある4,000以上の施設と提携し、お近くで確実に家族葬を行える葬儀社をご紹介します。明朗会計であり、相場とかけ離れた料金を請求される心配もありません。低予算かつ、高品質な式を実現させられることが特徴です。

まとめ

火葬後は骨上げを行い、その後に納骨や散骨、自宅供養といった方法から遺骨の取り扱い方を決定します。散骨の際は法律違反にならないように、保管する場合はカビの発生を可能な限り防ぐように注意しましょう。

小さなお葬式では、近年需要が増している家族葬のような小規模な葬儀を提供しています。金銭的な負担を最小限に抑えられますので、納骨や散骨に必要な資金を手もとに残しやすくなり、妥協せずにその後の儀式を行うことが可能です。

葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

5/5
評価数(1)

最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事