遺族マナー

作成日:2017年11月29日  更新日:2019年09月17日

火葬後の骨上げについて知っておきたい手順とマナー

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
火葬後の骨上げについて知っておきたい手順とマナー

この記事は小さなお葬式が書いています

日本ではほとんどの場合、人が亡くなったらご遺体を火葬します。火葬後は遺骨を骨壺に納めますが、その儀式を遺族で行うのが骨上げです。骨上げにはどんな意味があり、どのような作法で行われるのか、確認しておきましょう。

小さなお葬式

【もくじ】
火葬した遺骨を拾い上げる「骨上げ」
骨上げの手順とマナー
骨上げ後について
まとめ

火葬した遺骨を拾い上げる「骨上げ」

骨上げとは、火葬後に遺骨を骨壺に納める儀式です。火葬が終わったらお骨の周りに遺族が集まり、箸で拾ってお骨を骨壺の中に入れていきます。分骨するときは、骨壺を2つ用意しておきましょう。

骨上げでは、2人1組になってひとつの骨を、長さの違う竹製と木製の箸1本ずつを1組として拾い、骨壺に納めます。どのような意味があり、なぜこのような作法で行われるのか、確かなことはわかっていません。しかし、多くの地域でなされる収骨の風習となっています。

一説には、お葬式の儀礼の多くに用いられている「逆」を行うしきたりに準じていて、普段は行わない「箸をたがえる」という作法を、非日常のこととして行っていると言われています。また、竹と木は互いに接ぎ木できないことから「決別」を意味しているとも、三途の川を渡るときの橋渡しをするという意味があるとも考えられています。

あわせて読みたい 葬儀・葬式の流れとマナーについて詳しく解説 葬儀はどのような流れで進み、何をしなければならないのでしょうか。一般的に、葬儀は下記のような流れで進行していきます。実際にその時に... 続きを見る

骨上げの手順とマナー

火葬が終わると係員が声をかけてくれるので、それを受けて全員で収骨室へ向かいます。お骨となった故人の遺灰が火葬炉から骨上げ台に運ばれているので、全員で囲みましょう。喪主がご遺骨の頭側に立つことが多いようです。火葬場に箸が用意されているので、係員の指示に従って受け取ります。

拾い上げは、故人と縁の深かった順に行うのが一般的です。喪主から始めて、遺族、親族の順で行いましょう。足の骨から身体の上部の骨へ向かって順番に拾い上げ、生きているときと同じ形になるよう、骨壺に納めていきます。最後に、故人と最も縁の深かった人が喉ぼとけの部分を納めて終わりにするというのが一般的です。

収骨する量や拾い方など、骨上げの作法は、実際は地域によりかなり差があるようです。どのくらい納めるのか、どの骨を拾うと良いのかなどは、係員が教えてくれますので、それに従って行いましょう。

あわせて読みたい 分骨をするには?手順と分骨後の様々な供養方法について詳しく解説 遺骨を分けて別々の場所で管理・供養することを分骨(ぶんこつ)と言います。近年、都市で生活する方の増加や供養方法の多様化により、分骨を選択する... 続きを見る

骨上げ後について

骨上げが終わったら、係員が骨壺の蓋を閉めて包んでくれるので、受け取って火葬場を後にします。帰り道、遺骨は喪主が持ち、他の遺族が白木位牌遺影をそれぞれ胸に抱えます。

お骨が家に戻ったら、後飾り壇に安置し、灯明をともして線香をあげます。後飾り檀は忌明けとなる四十九日まで飾っておきます。遺骨を安置したら、「還骨法要」と呼ばれる読経を行います。宗派により「還骨勤行」とも呼ばれます。読経の後、喪主から順に焼香を行い、これをもってお葬式は終了となります。

お墓に納めるのは四十九日の後で

遺骨は、忌明けまで自宅で安置しておくか、寺の納骨堂であずかってもらい、四十九日の法要を経てお墓に納めるのが一般的です。しかし、いつまでに埋葬しなければならないと決められているわけではないので、お墓の用意が間に合わない場合などはゆっくり用意して、一周忌や三回忌の法要と合わせて行っても良いでしょう。

あわせて読みたい 四十九日法要までの流れと基礎知識について詳しく解説 葬儀が一段落すると、あっという間に訪れる「四十九日法要」。四十九日法要までの流れや基礎知識を頭に入れておくだけで、四十九日法要の準備が... 続きを見る

まとめ

骨上げの場では、ご遺骨となった故人を前に、つらい気持ちになる方も多いようです。集まった親族で支え合いながらお骨を拾い、家に連れて帰ってあげてください。


葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

4.6/5
評価数(25)

最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon

関連する記事

お葬式のお役立ち情報満載!メルマガ会員募集中

小さなお葬式のメールマガジン(無料)を定期的に配信いたします。ぜひお役立てください。

<掲載例> 葬儀、法事、終活の疑問に対する解決策、マナー、作法について

今すぐ登録する

葬儀費用最大10,000円割引! お葬式と分からない封筒でお届け 資料請求はこちら 無料 お申込み0円葬儀費用がどんどんお得早割最大71,000円割引