葬儀の準備

作成日:2019年10月04日  更新日:2019年10月04日

家族葬にかかる日数とは?日程を決める際に大切なポイントも紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
家族葬にかかる日数とは?日程を決める際に大切なポイントも紹介

この記事は小さなお葬式が書いています

最近では新しい葬儀の形として家族葬を選択する方も増えてきました。しかし家族葬の具体的な内容までを知る機会はそれほど多くありませんので、家族葬を行う場合の日程や進行がわからないという方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、家族葬にかかる日程についてご紹介します。これから家族葬をお考えの方や家族葬に招かれた方が予定を立てるのに役立つ内容となっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

小さなお葬式

【もくじ】
家族葬を執り行うためにかかる日数とは?
家族葬の流れとは?
どのように家族葬の日程を決めればよいのか?
危篤時に行っておくべきこと
まとめ

家族葬を執り行うためにかかる日数とは?

家族葬を行うのにかかる平均的な日数は4~5日です。一般的には亡くなってから3日目にお通夜を行い、4日目に葬儀を執り行います。

場合によっては日程を短縮できますが、家族葬の場合は最短でも3日ほどかかることに注意が必要です。最短の日程で家族葬を行う場合は、亡くなった日の翌日にお通夜を行い3日目に葬儀を執り行うという日程になるでしょう。

ただし、葬儀の日程は喪主の意向だけでは決められません。葬儀会場や火葬場の都合がつく場合にのみ行えるということを覚えておきましょう。

家族葬の流れとは?

家族葬のおおまかな日程についてご紹介しましたが、家族葬はどのような流れで行われるのでしょうか。ここでは葬儀の手配から実際に家族葬を行うまでの段取りについて、順を追って解説します。家族葬を検討している方だけでなく、家族葬に参列する予定の方もぜひ参考にしてください。

死亡診断書の受け取り

病院で亡くなった場合、その病院で発行される死亡診断書を受け取りましょう。死亡診断書は死亡を法的・医学的に証明するもので、同じ用紙に市役所などに提出する死亡届も付帯しています。

死亡届は基本的には死亡の確認後7日以内に提出する必要があります。死亡診断書および死亡届を市役所などに提出しなければ、火葬や埋葬をするのに必要な許可証を発行してもらえませんので注意してください。

病院で亡くなった場合は比較的スムーズに発行されますが、自宅など病院以外で亡くなった場合は遺体の検案を行った上で死体検案書を発行するケースもあります。

死体検案書は死亡診断書と同様に死亡したことを証明する書類ですので、市役所などに提出すれば火葬や埋葬の許可証を発行してもらえます。

ただし、事件性があると判断された場合は死亡診断書や死体検案書の発行が遅れることもあります。これらの書類が発行されるのを待つことと並行して葬儀社に連絡を取り、遺体搬送の準備を進めましょう。

あわせて読みたい 死亡後手続き一覧表|大切な家族が亡くなったらするべきことについて詳しく解説 大切な家族との別れは辛いことです。深い悲しみの中でも、遺された家族がやらなければならない手続きや届け出がいくつかあります。この記事では、ご家族が亡くなった時… 続きを見る

安置

病院の霊安室には遺体を長時間安置しておくことはできません。納棺までの遺体の安置場所は自宅か斎場の安置室などを利用することになります。宗派や菩提寺によっては遺体の安置場所が定められていることもありますので、事前に確認しておくとスムーズに進むでしょう。

自宅に安置する場合はある程度のスペースと遺体を横たえるための布団が必要となりますが、斎場・葬儀社で安置する場合は場所代や付き添い料が発生します。これらの費用は葬儀プランにあらかじめ組み込まれていることもあるので、プランの内容を詳しく確認しておきましょう。

あわせて読みたい 安置とは|場所や方法・費用・注意点などについて詳しく解説 亡くなってから24時間はご遺体を火葬してはいけないという法律があり、ご遺体は最低1日間安置する必要があります。そのため、葬儀の内容を決めていく際に、安置方法を… 続きを見る

葬儀社との相談

遺体の搬送と並行して、葬儀の会場や日程、形式、進行といった内容について葬儀社と打ち合わせを行います。

葬儀の規模や質は予算から逆算する形で決めることが多いようです。オプションの内容にも目を通して必要なものだけを選択するようにすると費用の節減になるので覚えておくとよいでしょう。一般葬では必要なオプションも家族では不要な場合もあるので、よく吟味することをおすすめします。

葬儀社との相談を通して、会場や日程、家族葬に参列していただきたい方もおおむね決まります。参列していただきたい方が決まったら、亡くなったことと葬儀に関する連絡を行いましょう。

納棺

納棺は亡くなった方の身なりを整えて棺へ納める儀式であり、宗教的な意味合いを含んだ葬儀の準備の一環でもあります。死化粧を施して死装束を着付け、死出の旅立ちの用意を整えてあげましょう。

納棺は基本的に専門家である納棺師にお任せすることになりますが遺族も問題なく参加できます。お手伝いをしたいという方は、着付けを手伝ったり末期の水を飲ませてあげたりといったタイミングで参加するとよいでしょう。

あわせて読みたい 納棺を有意義な別れの時間に。知っておきたい流れと手順について詳しく解説 納棺(のうかん)とは、通夜の前にご遺体を死装束(しにしょうぞく)で整え、生前に愛用していたものなどとともに棺へ納める儀式のことです。納棺の儀式は、遺族と故人が向き合うための… 続きを見る

通夜

家族葬のお通夜は一般参列者がいないため比較的小規模なものになるでしょう。進行は開式や喪主の挨拶など、一般的なお通夜と同様の流れで行われることがほとんどです。

お通夜は宗教者を招くのが一般的ですが、無宗教形式で行う場合は読経を行わないこともあります。自由な形で故人を見送ることができるのが家族葬のメリットのひとつですが、菩提寺に連絡をせずに無宗教形式の葬儀を行うと後でトラブルになるおそれがあります。事前に周囲とよく話し合い、理解を得ておくことが大切です。

あわせて読みたい お通夜とは|基礎知識と遺族側・参列者側が知っておくべきマナーについて詳しく解説 お通夜と葬儀・告別式はどちらも「お葬式」の一部ですが、それぞれに意味があり、やるべきことも違います。この記事では、お通夜についてと、遺族側・参列者側がそれぞれ知ってお… 続きを見る

告別式

家族葬では告別式も限られた人数で行われます。参列者の対応に追われることなく故人との最後のお別れの時間をゆっくりと過ごせることは、家族葬の長所のひとつといえるでしょう。

なお、最近では初七日法要を告別式と同日に行うことも多くなっています。告別式を終えた後、出棺前に行う「繰り込み法要」と火葬・収骨の後に行う「繰り上げ法要」がありますので、告別式と初七日法要を同日に行いたい場合は初七日法要についても検討しておきましょう。

あわせて読みたい 告別式の時間は? 式の流れと親族や受付係・参列者が行くべき時間について詳しく解説 告別式の開始時間は、午前10時か11時となるのが一般的です。告別式自体の所要時間は30分程度ですので、一般参列者の場合には、到着してから出棺を見送るまでの所要時間は… 続きを見る

火葬

告別式後は火葬場に移動して火葬を行います。火葬に要する時間は1時間ほどで、その間は待合室で待機することになります。お焼き上げが終わると火葬炉の前に戻り、収骨を行って遺骨を骨壺に納めます。これで亡くなってから葬儀までの一連の儀式は終了となります。

初七日法要を告別式と同日に繰り上げ法要として行う場合は斎場や自宅などに再度集まります。初七日法要の後は精進落としの食事会を経て解散となります。

あわせて読みたい 火葬について詳しく解説 日本では、人が亡くなると「火葬」することがほとんどです。葬儀に参列する機会はあっても、火葬場まで行く機会はあまりないのではないでしょうか。この記事では、火葬にかかる時間や一般的な火葬の流れ、手続きなどの基礎知識と、… 続きを見る

どのように家族葬の日程を決めればよいのか?

亡くなったらなるべく早く葬儀を行ってあげたいと考える方もいますが、実際には各所の都合を確認した上で日程を決めることになります。では、家族葬の日程を左右する要素について詳しく見ていきましょう。

火葬場の都合を確認

かつては土葬も多かった日本ですが、現在では99%以上が火葬となっています。火葬を行う場合、火葬場の予約が取れなければ葬儀を行えません。特に都市部では亡くなる方の数に対して火葬場が不足している地域もあるので注意が必要です。

希望日時に公営の火葬場の予約を取れない場合は、民営の火葬場を利用することも選択肢のひとつです。公営の火葬場と比べると料金は割高ですが予約が取りやすくサービスも充実しているところが多いという特徴があります。

火葬場の予約が取れず「葬儀難民」になってしまわないためにも、公営の火葬場だけでなく民営の火葬場も事前に確認しておきましょう。

僧侶の都合を確認

家族葬で僧侶を招いて読経してもらう場合、その方の都合も確認する必要があります。お世話になっている菩提寺がある場合はそちらへ連絡を取りましょう。

どうしても都合がつかない場合は同宗派の別のお寺でお仕事をされている僧侶を紹介してもらうことも考えましょう。予定が合わないからと喪主の判断で菩提寺を通さずに別のお寺の僧侶に声をかけると、今後の関係に悪影響を及ぼすこともあります。勝手に判断せず、菩提寺と相談しながら決めることが重要です。

あわせて読みたい 菩提寺がない方に最適な僧侶派遣のメリットと利用方法について詳しく解説 葬式や法事を行う際、一般的には先祖代々お世話になっているお寺である菩提寺のご僧侶に来ていただきますが、そういったお寺がないという方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。… 続きを見る

家族や親族の都合を確認

家族葬の参列者は遺族や親族、故人と親しかった方々が中心になります。一般的な葬儀の場合もそうですが、家族葬の場合は特に参列者の都合に十分配慮しましょう。遠方にお住まいの場合はすぐに駆けつけることができないことも考えられますので、葬儀の日程は余裕をもって決めたいところです。

参列者の都合をしっかり把握するには連絡方法にも気を配りましょう。メールやSNSでは相手が連絡に気づかない場合があるので、できる限り電話で連絡することをおすすめします。

あわせて読みたい 家族葬の案内はどうする?連絡方法や気を付けるべきマナーについて詳しく解説 家族葬とは参列者を家族などに限定し、少人数で行う葬儀スタイルのことです。多くの方に案内を出す一般葬とは案内方法が異なるため「どのように伝えればいいのだろうか」と悩む方も… 続きを見る

忌引きの日程を確認

葬儀を平日に行う場合、参列するために会社や学校に忌引きの連絡を入れて休暇を取らなければなりません。忌引き休暇の日数は故人との関係性や会社・学校の規定によって異なりますが、一般的には故人の配偶者である場合は10日間、実の両親が亡くなった場合は7日間、兄弟姉妹が亡くなった場合は3日間といったケースが多いようです。

会社によっては忌引き休暇の不正利用防止のために書類の提出が求められる場合があります。故人の死亡診断書の写しや、会葬礼状などの葬儀の日程が記されている書類が必要となりますので、あらかじめ準備しておきましょう。

あわせて読みたい 忌引きの日数は?連絡の仕方は?忌引き休暇の取得マナーについて詳しく解説 身近な親族が亡くなったら、葬儀に参列するために忌引き休暇(きびききゅうか)、慶弔休暇(けいちょうきゅうか)を取得して休みをとりますが、そのような機会は… 続きを見る

危篤時に行っておくべきこと

危篤の報を受けたときに冷静でいられる方は少ないでしょう。落ち着いてものごとを考える余裕があるうちに危篤時の対応について検討しておくことをおすすめします。ここでは危篤時に行うとよいことを確認していきましょう。

親族や友人等に危篤の連絡を行う

家族が危篤状態になったら回復を願う一方で念のためにお見送りをする準備を始めましょう。極力落ち着くように心がけて、まずはご臨終に立ち会う家族や親族・親しい友人達に連絡を行います。

本人の体調がよいうちに臨終に立ち会ってほしい人を聞いておいて、連絡する人をリスト化しておくといざというときに判断に迷わずにすみます。連絡をする順番は家族をはじめとした親交の深い方から行うとよいでしょう。

葬儀社を決める

存命中に葬儀社選びを始めることに抵抗を感じ方もいるかもしれません。しかし亡くなってからは忙しくなり、慎重に葬儀社を決める余裕をなくしてしまう方も多くいます。最後のお別れを満足のいくものにするためにも、納得のいく葬儀プランを提供してくれる葬儀社を探しておくとよいでしょう。

特に家族葬は自由な形でお見送りができるだけに、趣向を凝らした葬儀を行うには充分な打ち合わせが必要になります。打ち合わせの時間を確保するためにも依頼する葬儀社は早い段階から検討し始めましょう。

あわせて読みたい 初めての葬儀依頼で失敗しない!喪主として知っておきたい葬儀社の選び方について解説 葬儀に参列したことがあっても、葬儀を依頼する「喪主」の立場を経験したことがある方は少ないのではないでしょうか。「両親が高齢」「身近に心配な人がいる」という方に向けて、… 続きを見る

現金を準備しておく

亡くなったことが金融機関に伝わると故人の口座から現金を引き出すことができなくなります。病院を退出する際の費用や葬儀の費用に困ることがないように、口座から必要な現金を下ろす準備をしておくことをおすすめします。口座の暗証番号や印鑑の所在はあらかじめ把握しておきましょう。

まとめ

家族葬は一般的な葬儀と比べて故人との最後のお別れの時間をゆっくりと過ごせるのが大きな魅力です。心から故人に喜んでもらうために温かい葬儀をあげたいという方はこの記事を参考に家族葬をご検討ください。

小さなお葬式 」では家族葬に関するご相談を承っています。葬儀の専門家が皆様の疑問にしっかりとお答えし、万全の体制でサポートいたします。家族葬のことで不安や悩みごとがございましたら、ぜひ小さなお葬式までご相談ください。

小さなお葬式の家族葬

葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。


最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

お葬式のお役立ち情報満載!メルマガ会員募集中

小さなお葬式のメールマガジン(無料)を定期的に配信いたします。ぜひお役立てください。

<掲載例> 葬儀、法事、終活の疑問に対する解決策、マナー、作法について

今すぐ登録する

葬儀費用最大10,000円割引! お葬式と分からない封筒でお届け 資料請求はこちら 無料 お申込み0円葬儀費用がどんどんお得早割最大71,000円割引