法事は何時から始めればよい?|事前の準備と当日の流れを紹介
法事・法要

作成日:2021年06月11日  更新日:2021年06月17日

法事は何時から始めればよい?|事前の準備と当日の流れを紹介

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

法事の計画を立てる際に、何時から始めればよいか気になる方もいるのではないでしょうか。法事の開始時間にはさまざまな選択肢があるため、僧侶や参列者の都合を考慮した上でスケジュールを決めることが大切です。

そこでこの記事では、法事の意味や種類、開始時間ごとの違いについて解説します。法事当日の流れや事前に準備する内容が分かれば、最適な計画が立てられるでしょう。六曜と法事の関係も紹介します。

【もくじ】
法事とはどんな行事?
法要は「中陰法要」「年忌法要」の2種類
法事は何時から始めるべき?
法事当日の流れ
当日までに済ませておく準備
友引はNG?六曜と法事の関係
まとめ

法事とはどんな行事?

法事」とは亡くなった方の冥福を祈る仏教の行事を指します。よく似た言葉の「法要」は、僧侶を呼んで読経してもらう儀式に注目した言葉です。したがって、厳密には法要の後の会食「お斎(おとき)」も含んでいる法事とは意味が異なります。

法事は故人の魂が極楽浄土に行けるように祈るだけでなく、故人をしのび思い出すための集まりとしても営まれます。

あわせて読みたい 法事と法要の違いが分からない方へ|どのような違いがあるの? 法事と法要の違いについてイマイチ分からない方は多いのではないでしょうか。法事と法要は同じことだと思っている方もいますが、厳密には法事と法要は全然違うものです… 続きを見る

法要は「中陰法要」「年忌法要」の2種類

四十九日や一周忌といった法要は「中陰法要」と「年忌法要」の2種類に分けられます。さまざまな法要があるため、時期や概要について詳しく知らないという方もいるでしょう。ここでは、それぞれの意味と主要な法要を紹介します。

中陰法要とは

亡くなってから49日目までは「中陰」「中有」と呼ばれる期間です。期間中は7日ごとに次に生まれる世界を決める審判があり、49日目を迎えると生まれ変わると考えられています。良い判決が下されるように審判の日に追善供養し、功徳を経の形で届けるのが中陰法要です。主な中陰法要を以下にまとめました。

法要 時期 概要
初七日 7日目 遺族、親族、知人・友人、僧侶が参列
二七日 14日目 遺族中心。近年は省略されることが多い
三七日 21日目 遺族中心。近年は省略されることが多い
四七日 28日目 遺族中心。近年は省略されることが多い
初月忌 月命日 亡くなった後、最初の月命日の法要
五七日 35日目 遺族中心。近年は省略されることが多い
六七日 42日目 遺族中心。近年は省略されることが多い
四十九日 49日目 遺族、親族、知人・友人、僧侶が参列。忌明けの法要
百箇日 100日目 遺族中心。近年は省略されることが多い

年忌法要とは

年忌法要は、節目の年の祥月命日に執り行う法要です。具体的には、以下のような種類があります。

法要 時期 概要
一周忌 1年後 遺族、親族、知人・友人、僧侶が参列
三回忌 3年目(2年後) 遺族、親族、知人・友人、僧侶が参列
七回忌 7年目(6年後) 遺族、親族で供養。七回忌以降は縮小傾向
十三回忌 13年目(12年後) 遺族のみ
十七回忌 17年目(16年後) 遺族のみ
二十三回忌 23年目(22年後) 遺族のみ
二十七回忌 27年目(26年後) 遺族のみ
三十三回忌 33年目(32年後) 遺族のみ。弔い上げとする場合が多い

特に、一周忌と三回忌が重要視されており、親族を招いて比較的規模の大きい法要を営みます。この2つの法要はまとめてはならず、故人1人ずつの法要でなくてはなりません

法事は何時から始めるべき?

法事のスケジュールを決めるとき、何時から始めるのがベストか迷う方もいるでしょう。選択肢はいくつかありますが、それぞれの時間帯で注意するポイントが異なります。
ここでは、法事にかかる一般的な時間や始めるタイミングについて見てみましょう。

そもそもどれくらいの時間がかかる?

法事にかかる時間は、法要の他に納骨や会食があるかどうかで決まります。おおまかな時間の目安は以下の通りです。

法要と納骨、会食:4時間~5時間
法要と会食:3時間
法要と納骨:2時間
法要のみ:1時間~1時間30分

法要のみであれば、比較的短い時間で済みます。また、納骨は四十九日や一周忌の法要で行われる場合がほとんどです。それ以外の法要でも会食がある場合が多く、3時間~5時間程度を見ておくとよいでしょう。

あわせて読みたい 【施主向け】四十九日に納骨をする場合の準備 四十九日法要は、葬儀からの一連の法事に一区切りをつける大切な儀式です。故人に安心して旅立ってもらうためにも納骨はつつがなく進行したいものですが、初めて納骨式を行う場合は何をすればよいのかわからない… 続きを見る

午前から始める場合

法事を始める時間は、午前中がもっとも多いケースといえます。僧侶の都合にもよりますが、10時から11時に開始するのが一般的です。法要後の会食がちょうど昼食の時間となり、参列者が参加しやすいスケジュールが組めます。

ただし、遠方から参列する方にとっては少々早いため、前泊する旅館やホテルを手配するといった配慮が必要です。

午後から始める場合

僧侶や遺族の都合によっては、午後から始める場合もあります。ただし、13時や14時だと「昼食を食べた後すぐにまた会食」という慌ただしいスケジュールになるため、16時ごろに始めるのが一般的です。会食が夕食の時間帯となり、食事を済ませてから帰っていただけます。

午後からの法事で気をつけたいのが、お墓参りの時間です。日の短い季節は暗くなる時間が早いため、明るいうちにお墓参りができるようにスケジュールを調整しましょう。

夜から始める場合

夜に法事を始めるケースもあります。予約が集中していたり、仕事が忙しくて日中に集まるのが難しかったりするときは、夜の法事を検討するのも方法のひとつです。ただし、あまりないケースであることから、受けつけていないお寺もあります。まずは、可能かどうか相談してみるとよいでしょう。

夜の法事は終わる時間が遅くなるため、遠方から参列する方への配慮が必要です。宿泊の手配をするといった気配りを忘れないようにしましょう。

会食はなくてもOK

法要後に会食がなくてもマナー違反ではありません。最近は会食自体を省略したりお弁当を持ち帰ってもらったりすることで、法事を簡略化するケースも増えています。

法事を始める時間は会食の時間で決める場合が多く、午前開始であれば昼食、午後開始であれば夕食に合わせるのが一般的です。会食がなければ比較的自由にスケジュールを組めるというメリットがあります。

法事当日の流れ

施主や遺族は、法事の開始時間だけでなく流れも気になるでしょう。法事当日の基本的な流れは以下の通りです。なお、あくまでひとつの例であり、会食やお墓参りのタイミングは前後しても構いません。法事を始める時間帯によって調整するとよいでしょう。

1. 開始前
開始時刻の15分から30分前には参列者が来るため、施主や遺族は挨拶をしたり、供物料を受け取ったりします。

2. 施主・遺族・参列者の入場
施主や遺族、参列者が会場に入場します。施主は僧侶の近くに着席し、上座から故人との親交が深かった方が座るのが基本です。参列者の席に特に決まりはないため、着いた順に詰めて座ります。

3. 僧侶の入場
施主は仏前の席に僧侶を案内します。

4. 施主の挨拶
僧侶の着席後、施主が挨拶をします。参列者への感謝の気持ちや故人の戒名、今年で何回忌を迎えるかといった内容を手短に話しましょう。

5. 僧侶の読経
僧侶がお経を読みます。合掌礼拝するのにならって、参列者も合掌しましょう。

6. 焼香
最初に焼香するのは施主です。その後、上座から遺族、参列者と続きます。

7. 法話
僧侶の法話を聞きます。終了後、参列者は合掌、一礼しましょう。

8. お墓参り
お墓のある菩提寺で法事を営んだ場合、お墓参りをするのが一般的です。

9. 施主の挨拶
施主が終わりの挨拶をします。感謝の気持ちと会食の案内を伝えましょう。

10. 会食
会食では参列者が故人をしのび、思い出を語り合います。会場が法事とは別の場合、スムーズに移動できるように場所を周知しておくといった配慮が大切です。施主の席は最上座の僧侶の隣で、他の遺族や親族は末席に座ります。

11. 僧侶退場
僧侶が退場する際、お礼とともにお布施をお渡しします。僧侶が会食に参加しないときは御膳料、交通費がかかる場合はお車代も必要です。

あわせて読みたい 年回忌法要と法事の流れ|施主になる前に理解しておこう 人が亡くなった後は通夜や告別式、火葬と忙しい日々が続きますが、四十九日法要を行って終わりではありません。通常は、故人の命日を起点にして年に1回法要を行います… 続きを見る

当日までに済ませておく準備

安心して法事当日を迎えるには、入念な準備が必要です。特に、施主の経験が少ない方は何をしたらよいか迷うことも多いでしょう。施主や遺族が法事当日までに準備する内容は以下の通りです。

1. 日程を決める
祥月命日に営むのが正式な作法ですが、参列者が集まりやすい土日にずらすケースも増えています。祥月命日より前に移動するのが一般的です。

2. 会場を決める
お寺や自宅といった会場を決めます。お寺の都合や参列者の人数を考慮して決めるとよいでしょう。法要と会食の場所を別にする場合もあります。

3. 会食の料理を手配する
会食の料理は和食が一般的ですが、料理の種類に決まりはありません。ただし、お祝いの意味を持つ尾頭付きの鯛や伊勢エビはふさわしくないとされています。料理を手配する際に法事で利用する旨を伝えると、間違いやトラブルを避けられるでしょう。

4. お寺へ連絡をする
菩提寺がなければ、僧侶を紹介するサービスを利用するとよいでしょう。

5. 案内状を送る
招待する方に案内状を送りましょう。往復はがきや返信用はがきを入れた封書を発送し、出欠を確認します。参列者が親族のみであれば、電話でも問題ありません。

6. 返礼品を準備する
生活用品や食品といった消耗品が基本です。遠方から参列する方に配慮して、重くかさばるものは避けたほうがよいでしょう。近年ではカタログギフトという選択肢もあります。

7. お布施を用意する
僧侶にお渡しするお布施の準備も忘れてはいけません。僧侶が車や電車で来る場合はお車代、会食に参加しない場合は御膳料を用意します。

友引はNG?六曜と法事の関係

法事の日程を決める上で、多くの方が気にするのが大安や友引といった六曜です。六曜とは中国の陰陽五行節から派生した概念で、カレンダーや手帳に書かれているため、目にする機会も多いでしょう。ここでは、法事の日程と六曜の関係について解説します。

六曜の意味とは?

元々は中国で生まれたとされる六曜は、日本でもなじみ深い暦注のひとつです。特に、冠婚葬祭の日取りを決める際に使用されます。六曜それぞれの意味は以下の通りです。

先勝:なるべく先回りして行動するとよい日
友引:友を引き込むとされている日
先負:急用は避けたほうがよい日
仏滅:物事が終わる日
大安:やってはいけないことが何もない日
赤口:正午の前後以外は凶である日

基本的に気にしなくてよい

お祝いごとは大安を選び、葬儀は友引を避けるのが一般的です。ただし、法事に関しては、六曜を気にする必要はないとされています。元々仏教は六曜と関係がないためです。

しかし、参列者の中には六曜を気にする方がいるかもしれません。友引の法事に反対する親族がいることも考えられます。法事の日取りは、お寺の意向や地域の風習と併せて、周りの意見を考慮しながら決めるとよいでしょう。

あわせて読みたい 法事をやってはいけない日とは?友引など法事の日程決めで知っておきたいこと 法事は故人や先祖をしのび、供養する大切な行事です。法事の日程を決めるにあたって「法事をやってはいけない日はあるのだろうか」と疑問に思う方がいるかもしれません… 続きを見る

まとめ

法事には望ましい開始時間の決まりはありません。ただし、午前であれば10時~11時、午後であれば16時を開始時間とするケースが多く、会食を昼食や夕食の時間に合わせたスケジュールといえるでしょう。いずれも参列者の帰宅時間や宿泊に対する配慮が必要です。

葬儀や法事のスケジュール以外にも、施主としての準備や心構えで困っていることがあれば「小さなお葬式」にご相談ください。専門スタッフが知識や経験を生かしてサポートします。

葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。


最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事